Androidケータイの歩き方

第46回 SNSクライアントとしてのAndroidケータイを検証する(5)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前回に引き続き

今回もSNSクライアントとしてのAndroidケータイを検証していきます。Facebook,Twitterに続いて,今回はGoogle+を取り上げます。

これまでGoogle+は,既存のユーザから招待を受けなければ使えない招待制でしたが,9月21日から廃止され登録制となり,多くの人に門戸が開かれました。そのGoogle+ですが,利用者数が5,000万人に到達するのに必要とした日数が88日間だったという調査結果が出ています。同調査によれば,Twitterが1,096日,Facebookが1,325日となっているので,Google+が凄まじい勢いで利用者を獲得したことがわかります。利用者数で見れば,TwitterやFacebookの足元にも及びませんが,登録制に移行したことで,さらに多くの利用者を獲得することになるはずなので,先行するTwitterやFacebookに,肉薄する日もそう遠くはないかもしれません。

クライアントは公式のみ

勢いのあるGoogle+ですが,Androidケータイ向けのクライアントは,Googleがリリースしているアプリのみです。先だって,Google+のAPIを公開しましたが,これは,一般公開された情報しかアクセスできず,読み取りしかできない限定的なものです。これでは,サードベンダがクライアントの開発をできないので,当分の間は,他のクライアントが登場しないと考えても間違いありません。

その公式クライアントですが,以前,本連載で取り上げたときは,英語版のみでしたが,最近のバージョンアップで日本語版が登場してより使いやすくなりました。サービスが登録制に移行して,これから始めてみたいと考えている方も多いはずなので,改めて,入手から設定,使いこなしまでをご紹介します。

Google+公式アプリの入手とインストール

いつものように,マーケットアプリを起動して「Google+」をキーワードに検索します。

Googleのアプリがいくつかヒットしますが,検索結果の先頭に「g+」と書かれたGoogle+のアイコンが表示されているはずなので,それをタップしてインストールします。

g+と書かれたアイコンをタップしてインストールする

g+と書かれたアイコンをタップしてインストールする

Google+公式アプリの初期設定

初回の起動では,Google+で使用するGoogleアカウントを選択します。

選択画面で表示されるアカウントは,Androidケータイに登録されているGoogleアカウントです。

次に,インスタントアップロードの設定を行います。

インスタントアップロードとは,端末で撮影した写真や動画をGoogle+の非公開アルバムにアップロードする機能です。そのアップロードは,撮影後に意識することなくバックグラウンドで行われます。初期設定では,⁠Wi-Fi/モバイルネットワーク]⁠Wi-Fi経由のみ]⁠インスタントアップロードを無効にする]から選択します。筆者の場合は,外出先でアップロードしたいと言うことはないので,⁠Wi-Fi経由のみ]の設定にしています。この設定は,後から変更できるので,じっくりと慎重に始めたいという方は,⁠インスタントアップロードを無効にする]で始めて,使い慣れてきたら有効にしても良いでしょう。

インスタントアップロードの設定画面

インスタントアップロードの設定画面

これで初期設定は終了です。しばらくすると,ホーム画面が表示されるはずです。

Google+は,初期設定が絶妙で変更の必要はありませんが,新着通知がうるさいと感じる場合は,メニューの[設定]をタップして設定画面の[Google+の通知]カテゴリの設定項目を変更します。

たとえば,通知が必要ない場合は,⁠Goolge+の通知]のチェックを外しします。また,新着通知は必要だがバイブレーションは必要ない場合は,⁠バイブレーション]のチェックを外します。着信音を変更する場合は[着信音]をタップして,一覧から好みの着信音を選択します。また,どのような場合に新着通知を行うかを[通知設定]で設定できます。これも初期設定のままで不自由はないはずですが,少し使い慣れて来たら,設定を見直してみると良いでしょう。筆者は,誰が自分をサークルに登録したのか知りたいので,⁠サークル]カテゴリの[他のユーザが自分を追加したとき]のみチェックを入れています。

Google+のホーム画面

以前ご紹介したときから大きな変化はありませんが,日本語化されているので,よりわかりやすくなりました。唯一違うところは,⁠Huddle][Messenger]に変更されています。ただ,何故か英語の表記のままです。

Messenger機能

そのMessengerは,GTalkのようなものと理解して頂くのがわかりやすいです。

ただし,個人宛だけでなく,サークル宛にもメッセージの発信ができるのがGTalkとは違うところです。要は,グループチャットが行えるというワケです。

メッセージを受けたサークルのメンバーは,グループチャットを始めるを確認する画面が表示される。了承すればグループチャットが開始される

メッセージを受けたサークルのメンバーは,グループチャットを始めるを確認する画面が表示される。了承すればグループチャットが開始される

メッセージの送信は,Messengerからではなく,サークルからも行えます。

使い方は簡単で,サークルから順を追っていくと,まず,サークルの一覧が表示されて,サークルをタップすると登録されているメンバーの一覧が表示されます。ここで,画面右上にある吹き出しアイコンをタップすると,サークル宛にメッセージが送信できます。

メンバーの一覧でメンバーをタップして,投稿履歴が確認できる画面で,画面右上の吹き出しアイコンをタップすると,個人宛でメッセージが送信できます。

Messenger画面では,宛先をキーボードで入力する必要があるので,サークルから相手を選択してメッセージを送信するようにすれば,より便利に使えるはずですし,実際にはこちらの使い方がメインになるはずです。

サークル宛にメッセージを送信している様子

サークル宛にメッセージを送信している様子

次回も取り上げます

今回は,Messengerの話だけになりましたが,次回もGoogle+クライアントを取り上げます。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入