Androidケータイの歩き方

第47回 SNSクライアントとしてのAndroidケータイを検証する(6)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

今回も,前回に引き続きGoogle+を取り上げます。

先行するTwitterやFacebookと比較すると,利用者数が少ないGoogle+ですが,先のSNSで不便だった部分や柔軟性に欠けた部分が拡張など,使いでのあるSNSになっています。今回は,この辺りにも着目してご紹介していきます。

サークルとは?

Google+で面白いのは,サークルと呼ばれる概念です。

Google+でのサークルは,一般的に使われているサークルと同じ考え方で,何か共通点を持った集まりを示します。このサークルを使って,友だちを分類分けしますが,サークルへ友だちを追加する場合は,双方で友だち関係を持つ必要はなく,Twitterのように,気になる人をフォローするような使い方が可能です。

サークルは,自身の投稿の公開範囲を限定する際に使ったり,ストリームの表示を絞り込む場合に使います。Facebookにも,公開範囲を指定する機能が追加されましたが,Google+のほうがよりわかりやすくなっています。

サークルは,いくつでも作成できますが,細かく分類分けすると管理が面倒なので,ざっくりとしたくくりで管理している方が柔軟に使えるはずです。参考までに,筆者は,知人,フォロー,家族・親戚の3個のサークルで,友だちを分類分けしています。

サークルの作成と友だちの追加

サークルの作成は,ホーム画面の[サークル]で行います。

サークルの一覧画面で,画面右上の丸にプラスが書かれたアイコンをタップします。すると,⁠新しいサークル]ダイアログが表示されるので,サークル名を入力して[保存]をタップします。サークルの作成に成功すると,一覧に作成したサークル名が表示されます。

新しいサークルを作成している様子

新しいサークルを作成している様子

次に,作成したサークルに友だちを追加します。

サークル一覧画面の下に,サークルとユーザの一覧表示を切り替えるタブがあります。

このタブのユーザ一覧をタップして表示を切り替えます。次に,一覧上部に表示されている[友だち候補を表示]をタップします。すると,友だち一覧が表示されるので,サークルに追加したユーザを見つけて,項目の右側にあるプラスボタンをタップします。次に,サークル選択の画面が表示されるので,追加したいサークルにチェックして[完了]をタップします。

ストリームで友だちの投稿を確認

ストリームでは,サークルに追加している友だちの投稿を確認できます。このストリームには,私信から友だちとのやりとりまで,分け隔てなく時間順に表示され,この画面だけでコミュケーションが完結するようになっています。

投稿にコメントする場合は,友だちの投稿をタップして詳細画面に遷移して,画面下のコメント入力欄にひとこと入力し[投稿]をタップします。

Google+は,後発のサービスなので,他と差別化する必要があるはずですが,奇抜なユーザインターフェースで差別化しようとせず,見慣れ・使い慣れたものを与えたのには好感を感じます。

投稿に「+1」を付ける場合は,画面右上にある「+1」アイコンをタップします。投稿を共有したい場合は,画面右上にある「…」をタップして表示されるメニューの「この投稿を共有」をタップします。

ストリームの表示を絞り込む

ストリームは,あるサークルの投稿だけを絞り込み表示する機能があります。

絞り込み表示は,メニューの[表示を管理]から表示したいサークルを選択します。

たとえば,⁠友だち」という名前でサークルを作成していたとすれば,⁠表示を管理]「友だち」にチェックをして[完了]をタップします。すると,左右のフリックで切り替えられる表示の中に「友だち」が追加されて,友だちサークルだけの投稿が表示されます。表示を管理は,Twitterのリストのようなものを考えるとわかりやすくなります。

GPSを使って,周辺の投稿が確認できる機能もあります。画面を右側にフリックすると,表示が「周辺」に切り替わって,近所の投稿が確認できます。この機能もTwitterクライアントに似た機能があるので,すぐ使いこなせるはずです。

ストリームへ投稿する

ストリームへの投稿は,ストリーム画面右上にある鉛筆アイコンをタップします。

コメントの他,公開先の設定,現在地の設定,写真を添付して投稿できます。

投稿できる文字数は,Twitterのように140文字に限定されているわけではなく,日本語で3万字以上と言われています。Google+は,メールのように個人宛の連絡ツールとして使うことも考えられるので,このくらいの文字数が使える方が便利なはずです。

投稿の公開先は,サークルを選択するとサークルに追加されている友だちへ,個人を選択すると,選択した個人宛にメッセージが投稿できます。方やグループ,もう片一方が個人と全く相手が異なりますが,同じユーザインターフェースで使えるのには感心させられます。

ストリームに投稿している様子

ストリームに投稿している様子

次回もGoogle+を取り上げます

まだまだ,ご紹介しきれていないので,次回もGoogle+を取り上げます。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入