Androidケータイの歩き方

第69回 激安タブレットainol Novo 7 Paladin(その後)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

以前,1万円で購入できるAndroidタブレット「ainol Novo 7 Paladin」のレビューを五回にわたってお届けしました。

AndroidではマイナーなMIPS CPUのために,Playストアから入手できるアプリが少ない等,ネガティブな面が目立ちましたが,昨年末の発売から三ヶ月以上の期間を経て,マニア向けのタブレット端末から,ひと皮向けそうなところまで熟成されて来たので,その後の状況をご紹介します。

不自由しないAndroidタブレットへ

入手時は,4.0.1だったAndroid OSのバージョンが,ファームウェアが何度か更新されて,最新版では4.0.3になっています。Android OS 4.0.3のファームウェアは,複数存在しており,筆者が使っているのは,ビルド番号に20120215の数字が付加されているものです。このファームウェアでは,不具合が修正されて,アプリの互換性が高まったので,この辺りを中心にご紹介します。

Build numberの最後に,20120215の数字が追加されている

Build numberの最後に,20120215の数字が追加されている

タブレットに最適化された「Gmail」クライアント

初期導入のファームウェアでは,スマートフォン向けのGmailクライアントが搭載されているとご紹介しました。20120215版のファームウェアでは,Android 4.0に最適化されたクライアントが搭載されており,タブレットでも使いやすくなっています。また,Playストア経由で,最新の4.0.5にアップデート可能になっています。

ようやくタブレット用のGmailクライアントが使えるようになった

ようやくタブレット用のGmailクライアントが使えるようになった

Webサービスと同期できる「カレンダー」

初期導入のファームウェアでは,Android 4.0に最適化されたクライアントが搭載されていましたが,何故かウェブサービスのGoogleカレンダーと同期できずに,使い物になりませんでした。筆者が確認した限りでは,GMailアカウント以外は登録できなかったので,恐らく不具合ではなかと考えています。20120215版のファームウェアでは,Googleカレンダーのアカウントが登録でき,ウェブサービスのGoogleカレンダーとも同期できます。Android 4.0に最適化されたクライアントは,変わらず搭載されているので,タブレットでも使いやすくなっています。

最後の神器「Google Reader」も使える

Playストアからアプリがダウンロードできるものの,カレンダーと同様に,アカウントが登録できずに使えませんでした。しかし,20120215版のファームウェアでは,アカウントが登録できるので,何事もなかったように使うことができます。

初期導入のファームウェアでは,アカウント情報を使うアプリは,正しく動作しませんでしたが,20120215版のファームウェアでは,Calendar Padなど,アカウント情報を使うアプリが問題なく動作します。

相変わらずダメな「Google+」

Galaxy Nexusには,クライアントアプリが標準搭載されているので,20120215版のファームウェアに搭載されているかもしれないと期待しましたが,残念ながら搭載されていません。アプリをPlayストアからもダウンロードできないので,相変わらず,Webのほうを使うしかありません。

選択肢が増えたWebブラウザ「Opera Mobile 12」

Webブラウザの選択肢が,標準以外にありませんでしたが,OperaがMIPS向けにOpera Mobile 12をリリースしています。とは言っても,まだ,β版で開発者向けのブログのエントリに書かれているリンクからダウンロードする必要があります。文末に,リンクを付けているので,試してみたい方はダウンロードしてください。

やってくれるならば,Operaだと思っていた。選択肢が増えたのは嬉しい

やってくれるならば,Operaだと思っていた。選択肢が増えたのは嬉しい

Opera Mobileを使ったWebブラウズは,Operaの圧縮技術が効いているのか,標準ブラウザと比較しても速く表示されます。また,スクロールも気持ち良く反応して軽快です。β版の為か,ページの表示間際で,端末の画面がサイズに合わせる為に,リサイズをしているのか,画面がちらつくことがあります。これは,実用上は問題ないので,許容できる内容です。少々問題があるのは,アドレスバーにURLを直接入れようとすると,入力エリアの縦方向のサイズが小さくなってしまい表示が乱れます。URLが入力できないワケではないので,気にしなければ問題なく使えます。

実用的になった?

使えるアプリが限られるので,マニアのオモチャの域を未だ脱していないとも言えます。

しかし,Googleの主要サービスは,不自由なく使えるところまで熟成されているので,Googleのサービスが使えて,安いタブレットが欲しいと考えている方はには,条件付きでご紹介できる端末になったと考えています。筆者は,Gmailとカレンダー,Google Readerが三種の神器なので,これが使えるようになったNovo 7 Paladinは,常用できるタブレットとなりました。

今回取り上げたアプリ
Opera Mobile 12
http://dev.opera.com/articles/view/opera-mobile-12-android-ics-mips/

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入