Androidケータイの歩き方

第99回 タブレット市場を席巻できるのか?「Nexus 7レビュー」(8)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

長く続けて来た「Nexus 7レビュー」のシリーズですが,そろそろ,まとめに入ります。筆者は,Nexus 7で,映画や読書を楽しんだり,予定の管理やメールにと,さまざまな用途に活用しているので,まとめの回では,筆者の活用方法を中心にご紹介していきます。

特別な存在ではないNexus 7

筆者がGoogle Nexus 7を入手したのは10月5日なので,2ヵ月以上が経過しようとしています。国内販売後は,勢いが付いたのか,100万台近い販売台数を記録したという情報が出てくるなど,Nexus 7はAndroidタブレットの宣教師的な役割を果たしています(販売台数で言えば,iPad miniと第4世代iPadは,3日で300万台の数字が出ているので,まだまだ足元にもおよびませんが)⁠

さて,Nexus 7に搭載されているCPU「NVIDIA Tegra 3」は,高いパフォーマンスが期待されていたにもかかわらず,良い評判がありませんでした。購入前は,パフォーマンス面は期待できないかもしれないと心配していましたが,実際使ってみると,キビキビと動作してストレスを感じることがありません。また,これまで2回のアップデートが行われており,Googleが直接手掛けているメリットも感じることができています。

タブレット専用として,Android 3.0 Honeycomboがリリースされたのが2011年2月24日なので,2年弱の時間が経過しようとしています。時間はかかりましたが,ようやく,ハードとソフトの足並みがそろい,Androidタブレットは,不満なく使えるようになってきました。

活用に必須アイテム「専用ドッキングステーション」

Nexus 7を使うようになってからは,原稿書きなどじっくりと腰を据えて進める作業をする以外は,これで済ませています。自宅にいるときは,手の届く範囲にNexus 7があるような状況での生活です。言い尽くされていますが,7インチタブレットのサイズ感と重さは絶妙で,Nexus 7よりも前に購入したiPadは,使う機会が少なくなりました。

Nexus 7をドッキングステーションを置いた様子

Nexus 7をドッキングステーションを置いた様子

Nexus 7が絶妙なサイズと言っても,それなりの場所を取る大きさなので,充電中の居場所を確保できる専用のドッキングステーションは重宝しています。絶妙なサイズと言っても,それなりの場所を取る大きさなので,充電中の居場所を確保できるドッキングステーションは重宝しています。ドッキングステーションを使えば,充電するたびにUSBケーブルを接続する必要がなく,乗せておくだけで良いので,頻繁に充電する筆者にとっては必須の周辺機器です。

また,充電中は,Android 4.2から追加されたスクリーンセーバー機能で,Googleカレントの情報を表示し有効活用しています。表示が煩わしければ,電源ボタンを押してオフにできるので,気分で使い分けています。

足並みがそろわない部分がある

このドッキングステーションは,良いところばかりではありません。

筆者は,⁠navitech Nexus 7 Smart Cover」というケースを購入して使っていますが,これを装着したままでは,ドッキングステーションに乗せることができません。ドッキングステーションに置いた状態だと,端末との間に余裕がないので,多くのケースは装着したまま,ドッキングステーションに置けないはずです。早い段階でドッキングステーションが登場していれば,こうしたこともなかったかもしれません。

端末とドッキングステーションの間には,隙間がほとんどない

端末とドッキングステーションの間には,隙間がほとんどない

ドッキングステーションにはUSBポートがあります。

これは充電専用でパソコンとの接続には使えません。3.5mmオーディオ出力端子も付いていますが,すべての音がこれに出力されるワケではなく,音楽や映画などのメディア音声のみです。映画や音楽をNexus 7で楽しむときは,端末スピーカーではなく,⁠高品位な外付けスピーカーに接続して楽しんで下さい」という提案は理解できます。音楽なら分かりますが,映画の場合は,Nexus 7をドッキングステーションに置いて楽しむのには画面が小さすぎます。

ドッキングステーション背面のポート。Micro USBと3.5mmのミニジャック

ドッキングステーション背面のポート。Micro USBと3.5mmのミニジャック

どうせならば,ドッキングステーションにHDMI出力があり,リビングのテレビにNexus 7を接続できれば,Google Playで購入した映画を大画面で楽しむためのツールとして活用の幅が広がったはずです。前回ご紹介した,ワイヤレスディスプレイの『Miracast』がこの役割を果たすのかもしれませんが,こうしたドッキングステーションが登場しても良いはずです。

次回はアプリをご紹介します

今回は,専用ドッキングステーションの紹介が中心となりましたが,次回は,Nexus 7で使っているアプリとその使いこなしを紹介する予定です。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入