Androidケータイの歩き方

第104回 スマートカメラ「GALAXY Camera」レビュー(4)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Android 4.1.2へアップデートしました

Android 4.1.2へのアップデートが,1月2日くらいから実施されており,筆者の端末にも通知が来たのでアップデートしました。

今回のアップデートで,同じバージョンの国際版GALAXY S IIIに搭載されている「MultiView」が,GALAXY Cameraにも搭載されることになると期待したのですが,残念ながら搭載されていません。両端末とも同じ画面解像度(1280×720ドット)なので,搭載しない理由はないようにも思えるのですが,バージョンは同じでも,GALAXY Cameraは,カメラ用に手が加えられたOSで,スマートフォン用とは,見えないところで違いがあるのかもしれません。

目に見える違いといえば,ギャラリーアプリで,GALAXY Note IIのそれと同じ画像を3Dで表示するモードが追加されています。他は,大きな変更はなく,バグ修正が行われたとされています。

アップデートで追加されたギャラリーアプリの3D表示

アップデートで追加されたギャラリーアプリの3D表示

スマホとしてのGALAXY Camera

今回からは,GALAXY Cameraのスマホ機能を評価していきますが,通話機能が搭載されていないので,正確にはスマホとは言えません。PDAや携帯情報端末と表現するのが良いのかもしれませんがPDAでは,ご理解を頂けるのがオールドファンだけとなりそうですし,携帯情報端末では,ピントがずれている感があるので,以降も「スマホ」と表現することにします。

通話機能はありません

3G回線を使ったデータ通信が可能なので,通話機能があるのでは?と思わせますが,残念ながら搭載されていません。カメラ機能は満足のいく仕上がりなので,通話機能が統合されると文句無しですが,次期モデルに期待するしかないようです。

通話機能が統合されたとして,一般的なスマホの二倍以上の重さ(300g)の端末を耳に当てて話すのは難儀なはずです。軽量化されなければ,Bluetoothヘッドセットやマイク付きのイヤフォンが必須となるはずで,使い方を工夫する必要があるかもしれませんが,電話入りの端末を登場を期待したいものです。

最新版のOSで使える意味

冒頭でも触れたように,GALAXY CameraにはAndroid 4.1.2が搭載されています。

同じスマートカメラのNikon COOLPIX S800cは,Android 2.3.3が搭載されています。2013年1月のOSバージョン別シェアでは,Android 2.3.xのシェアが47.6%と,半数に近いので,安定し枯れたAndroid 2.3.xを搭載するのは無難な選択とも言えます。しかし,二年のサイクルで買い換えるスマホと比較すると,カメラの買い換えサイクルは,それよりも長いはずで,一世代前のOSが搭載されているのは,使えるアプリがしだいになくなるのではないかと不安が残ります。また,なぜAndroid OSを搭載するのか?を突き詰めれば,枯れたOSを搭載する理由は少ないはずです。GALAXY Cameraは,最新のAndroid OSが堪能でき,それの魅力を十分に理解して開発されていると言えます。

Android 4.1.2が使えるのもスマホとしてみれば,大きな魅力

Android 4.1.2が使えるのもスマホとしてみれば,大きな魅力

変わりなく使えるアプリ

ハードウェア面からみていくと,3G&Wi-FI,Bluetooth,GPS,外部メモリなどが使えるので,Androidケータイで使っているアプリのほとんどは,GALAXY Cameraでも難なく使えます。

筆者は,FacebookやTwitterアプリの他に,EvernoteやFirefoxなど,別のAndroidケータイでも愛用しているアプリをインストールしています。おかげで,カメラとして使っていない時は,スマホと同じ感覚で使えるので,荷物になりません。

端末には,スピーカーが搭載されています。カメラで撮影したビデオをすぐさま確認することも可能ですし,huluアプリで映画やテレビ番組を楽しむこともできます。また,イヤフォンジャックも搭載されているので,周囲が気になる場合は,イヤフォンを付けて,huluを楽しむ使い方もこれまでと変わりありません。

GALAXY CarameでFacebookアプリを使っている様子。当たり前だが普通に動作する

GALAXY CarameでFacebookアプリを使っている様子。当たり前だが普通に動作する

非対応のアプリもある

多く存在するカメラアプリやムービーアプリの動作状況は追ってご紹介するとして,うまく動作しないアプリもあります。

例えば,懐中電灯系のアプリは,GALAXY Cameraに対応せずフラッシュが点灯しません。GALAXY Cameraはフラッシュは,ポップアップ式で,一般的なフラッシュとは違い独自の制御となっているためと考えられます。

筆者が検証したアプリは,以下の3つです。

  • LED 懐中電灯 HD - Flashlight
  • 超光懐中電灯無料アプリ
  • 懐中電灯

どのアプリも起動するとレンズがせり出る動作をします。この状態で,フラッシュを出しても点灯しません。液晶のバックライトを使うものは動作します。唯一,⁠懐中電灯」だけが挙動が異なり,オートフォーカスの補助光(赤い光)で。SOSのサインを送れます。

一部だけ動作した「懐中電灯」⁠この類のアプリは,全滅かもしれない

一部だけ動作した「懐中電灯」。この類のアプリは,全滅かもしれない

次回も続きます

次回は,カメラアプリなどの動作状況を取り上げます。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入