[自転車イラスト紀行]徒然走稿

第三回「ポタリング」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

画像

「いい天気だねえ」
「どこか行きたいねえ」
「どこへ行こうか」
「とりあえず出かけましょう」

小さめのフロントバッグに,最低限の工具,タオル。タウンマップはサイドポケットに──メモ帳やスケッチブック,カメラもあってもいいかもしれません──放りこんで,ぶらっと出かける。

ぶらっと出かけて,ぷらぷらとペダルを漕いでゆく。

こんな風に自転車に乗ることをポタリングといいます。

ポタリング。響きのいい言葉だと思いませんか。

「ポタポタとペダルを漕ぐからポタリングっていうんですか?」と,聞かれたことがあるけれど,本当にそう思ってしまいますよね。欧文で書くとputtering”。

putterは──だらだら仕事をする,ぐずぐずする──(時間を)だらだらとすごす──という意味だそうです(三省堂EXCEED英和辞典・goo辞書)。

ポタリングは季節を選びません。お日さまがかーっと照りつけるこの時期でも木陰を拾いながら,だらだらポタポタと自転車を流してゆくのは,とても気持ちの良いものです。

ただし,古株の自転車乗りの「ポタリングでもどう?」には要注意。

ポタリングの途中に峠があったり,林道があったり。ポタリングのはずなのにシャカリキになって多摩川土手を走って,往復100kmを超えた上,帰りは上流に向けて上り勾配。おまけに山から海への向かい風がビュウビュウと吹き付けてきたりします。

ポタリングに行くのに「朝六時,現地集合」なんていう時も怪しい。

自転車乗りは嘘つきが多いのです。

上り坂で「あのカーブを曲がったら峠だから」と言われてから,五つも六つもカーブを通過して来たのに,またカーブだったり,「素人ばかり参加するお祭りみたいな大会だから,気軽に参加してよ」と言われて,ジャージにスニーカーでレースに出たら,まわりはみんなバリバリのウェアにレーサーシューズ。ビンディングペダルをパッツンパッツンさせた,太ももとウエストが同じサイズの人間ばかりだったり,と実例をあげたらキリがありません。

おっとっと,話しがが変な方向に行ってしまいました。今回はうそ無し。だらだらポタポタのポタリングをご一緒しましょう。

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入