[自転車イラスト紀行]徒然走稿

第四回「オアシス」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

画像

夏場のツーリングは,オアシスを巡る旅なのです。
夏のオアシス,三題。

『アイスクリン売りのおばちゃん』

南国の太陽がジリジリと背中を焼く,アスファルトからの照り返しがフレームを持ち上げるように沸きあがってくる。上と下から焦がされて,フライパンの底を走っているよう,どころかオーブンの中を走っているようだ。

高知市街を出発し,四万十川中流の窪川に向かって海岸沿いの横浪黒潮ラインを走っている。アップダウンを繰り返す半島を縦断していく道には,日影らしい日影もなく,身体から水分が蒸発していくのが見える気がした。

販売機や店も少ないこの道で出会ったオアシスはアイスクリン売りのおばちゃんだ。

彼女たちは,坂を登り切ったちょっとした木陰のあたりにパラソルを立てて,氷で冷やすステンレスの冷却器に入った,アイスクリンと冷やし飴を冷え冷えにして待っていてくれる。冷やし飴でのどを潤し,アイスクリンを頬ばれば,頭の脇がキーンとして陽射しに対抗する気力が蘇ってくる。

『山あいの自販機』

自動販売機。この存在については賛否両論がある。確かに町中の自販機などと言うものは,コンビニが発達した今日,必要のないものだと思う。

しかし,炎天下の峠道を上って山あいの集落にたどり着き(携帯している飲料ボトルの水はすでにぬるま湯。しかも,先行き不安な残量),開いているのかいないのか分からない店の前で,元気に働いているこいつに出会うと涙が出るほど嬉しい。涙を流しつつポケットを探ると,札しか無くて,釣り銭切れのランプがついていないのに,何度やってもミュイイイ~ンとかいってはき出されてきてしまう。こうなるともう乾きで涙もかれる気分になって,あきらめて行きかけて,ふと思いつき釣り銭口に手を入れてみたらチャリンチャリン”。おお!!

時には釣り銭口からオアシスがやってきたりする。

『路傍の花』

えっちらおっちら上り坂,カーブを曲がる,と目に飛び込んでくる百日紅やノウゼンカズラのハイキーな色。つづらの道ばたでポワポワと青空に刷毛をかけているネムの花。一列に並んでこっちを見ているヒマワリ。

道端からエールを送ってくれる季節の花たちも,気分を一新してくれる大事なオアシス。

峠や高原を埋め尽くすように咲いている花畑を見に行こう,なんてツーリングは,まさにオアシスをたどって歩み続けるキャラバン隊の気分……は,大げさだけど,真夏の自転車走にはオアシスと出会う楽しみがいっぱい待っているのです。

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入