[自転車イラスト紀行]徒然走稿

第五回「夕日」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

画像

夕日を背負ったサイクリストは,カチカチ山のタヌキのようだ。

この夏,福島県いわき市の芝山自然公園キャンプ場※1で一週間テントを張った。テントサイトは芝山山頂手前の猿子平※2と呼ばれているなだらかな斜面に広がった原っぱで,東側は海に向かって開けている。雲や霞がかかっていないときはピカピカ光る太平洋を望むことができた※3)。

猿子平から百メートルちょっと登った芝山山頂には,丸太で組んだ展望台──展望塔と言った方がいいかな──がすっくと立っていて,この展望塔からのながめが素晴らしい。

芝山というのは800メートルほどの山なのだけれど,あたりにここより高い山が無く,掛け値無しに360度視界が開けている。

そこから──ビール片手に──見る夕日は夕日の中の夕日だった(朝日も朝日の中の朝日だったらしいんだけど,常夜飲んだくれていた目に朝日が昇ることはなかった)。

海からの湿気が山にぶつかって,ムワムワとわき上がってくる雲を従えて,西の彼方の日光連山(だと思う)にゆっくりゆっくりと没していくお日さま。その光は東側の空と雲も,赤,紫,橙,紺……表現しきれない色に巻きこんで,目の前の空気にも色が付いて,ビールも黄金色から赤銅色に変わりながらのどを落ちていく。

夕日を飲み干して,背中に最後の光を背負いながら,暗さの増す山道をキャンプサイトに降りてゆく。至福の時間だった。

これが自転車ツーリング中となると,同じくらいに素敵な夕日が気持ちをあおる着火剤になってしまうときがある。

うっすら雪の積もった林道を,ズリコズリコ,と峠へ向かっている。前日に気温が緩んで,また一気に下がったせいか路面はいわゆるアイスバーン状態。尾根を巻いて行く林道はアップダウンを繰り返して,そのちょっとしたアップでもリアが,ズリコ,と空回りしてしまう。いつのまにやら林道はすっかりと影に入り込んでしまった。尾根の向こうはまだまだ明るい。

カーブを大きく回ると谷の向こうに山が上を向いて口をあけている。「峠だ」。

一瞬目にした峠も,次のカーブでまた尾根に隠れてしまった。ズリコズリコ,雪さえなければなんてことない尾根道をゆく。

今度はドン,と視界が開ける。橙色に染まった空の真ん中にそびえる逆光の単独峰に今,まさに日がおちようとしている。

思わず息を呑む。

感動ひとしお……ふたしお目に現実がやってくる。

「おい,こんなとこで夕日にひたっていていいのか」「日がおちると,こっち側の路面も凍るぞ」「こんなつもりじゃないから,しょぼい電装※4しかもってきてない!」

携帯食を半分凍ったボトルの水で流し込んで,凍り始めた林道をおそるおそる,でも焦々と下ってゆく。

せかせか走る背中を夕日が真っ赤に焼く。

「これじゃカチカチ山のタヌキだよなあ」

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入