[自転車イラスト紀行]徒然走稿

第十七回「お昼」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

画像

「ここらへんはどう?」

「車が来たらよけなくちゃいかんのではないか?」

「ここは?」

「日陰であって,しばらく滞在すると体が冷え切ってしまうおそれがある」

などと意見の一致を見ないままに林道を進んでいく。時間はとっくに昼を回っている。

私たちはいまだに昼食をとるための場所を決めかねていた。

自転車旅にかぎらず"昼食をとる"という行為は日々悩みの種になっているのではないだろうか。

「いいや,そんなことはない。私は毎日来々軒の冷やしチャーシューワンタン麺に決めている」とか「毎日が愛妻弁当」などという方は別にして,大抵の人は「今日は何を食べようかなあ」と,背広の袖をプラプラさせながら昼休みの街角をうろついているのではないだろうか。

かくいう私も,家職を常としている身でありながら,「今日は何を食べようかなあ」と,起きたまんまのパジャマの袖をプラプラさせながら台所をうろついている。

冷蔵庫をのぞき,常備菜のフタをとって,中のモノをつまんでみる。コンロにのった鍋のフタをとって,中のモノをつまんでみる。お釜のフタを取って残りご飯の分量を確認しつつひとつまみ。なんだかだんだんめんどくさくなってきて,コタツの上のミカンを一個食べたら,「もういいや」,で,昼飯問題から逃げをうってしまうこともままある。

しかし,これが自転車旅の途中となると,逃げをうつわけにはいかないのである。

自転車乗車中はお腹が減る。

お腹が減りすぎるとハンガーノックというものをおこして動きがとれなくなる。そんな事態に陥らないために,こまめに行動食をとり続けるのだけれど,走行練習でもない限りお昼はお昼できちんと食べたい。ハイキングに行ったってお昼のお弁当は最大の楽しみでしょう?

美味しくて,お腹にもたれず,すぐにエネルギーになってくれて,手間がかからず,ゴミのでないモノを,なるべく景色の良い,車にじゃまされない,冬は体の冷えない,夏は体の熱をとることができる場所,で食べたいのだ。

かくして,今日も尾根線を走る林道を辿りながら,ザックやバッグの中で出番を待っている,手作り弁当やスーパー弁当,コンビニ弁当をかかえて,ブツブツと文句言うお腹をなだめなだめ,少しでも条件の良い場所を求めてペダルを漕いでゆく。

でもね,適当なところで折り合いをつけないと,いつのまにやら林道を降りてしまって,幹線道路にぶつかって,もうどうしようもなくて,コンビニの駐車場でお昼を食べ,店員さんにけげんそうな顔で見られる,なんてことになるである。

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入