[自転車イラスト紀行]徒然走稿

第二十六回「鍾乳洞」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

画像

子供の頃,夏になると毎年のように広島県にある帝釈峡に行っていた。

今はすぐ近くを高速道路が通っている。数年前,中国道を走っていて『帝釈峡パーキングエリア』をみつけびっくりした,パーキングエリアと帝釈という言葉が頭の中でまったく結びつかなかった。

あの頃の帝釈は,東京から岡山に出て,岡山で新見線に乗り換え,新見で芸備線に乗り換え,えっちらおっちら山の中をはい上るように走っていって,東城駅で降り,親戚の車に乗り換え,やっと辿りつく場所であった。その昔は車も通ることが出来ずに牛の背にゆられていったそうである。

叔父に「一度原爆ドームを見てみたい」とせがんだら,⁠広島市街に出るよりも東京に帰った方が早い」と言われた。それくらい都会から隔絶されていたのである。

が,帝釈峡は昔から有名な観光地でもあった。

父の生家があった上帝釈から神龍湖まで,帝釈川に沿って遊歩道が整備されていた。自然の浸食によって出来た天然橋・雄橋をはじめとした奇岩があちこちに顔を出し,その間から滝の流れ落ちる渓谷美を楽しむことの出来る,今でも人気のスポットである。

子供の頃は,⁠渓谷美」などというものはどうでもよく,帝釈川で泳いだり,遊歩道を行き来している観光馬車に乗せてもらうことの方が楽しくて仕方なかった。馬車がくぐれるほど大きな雄橋(おんばし,と読むのです。雌橋_めんばし,もありました)も,一度見てしまえばもうそれでおしまいで,わざわざ行ったりはしなかったのだけれど,遊歩道のとっつきにある白雲洞には何度も足を運んだ。

帝釈峡にはたくさんの鍾乳洞がある。その中で一般に公開されているのは白雲洞だけだった。ひんやりとした空気をくぐって洞窟の中に入ると,そこには別世界が広がっていた。

様々な形の鍾乳石がオレンジ色の電球に照らされて,いやが上にも妖しげだった。石のつららのような形の鍾乳石が天井が垂れ下がり,うねうねと落ちてくる滝のような形の鍾乳石が壁を埋めていた。地面からにょきにょきと生えている石筍。石筍と鍾乳石がくっついて出来た石柱。まさに地下に作られた魔宮そのものだった。

一見,時から忘れられたように見える鍾乳石たちが,今でもゆっくりと成長し,流れ落ちていることを知ったときは本当にびっくりした。

僕の鍾乳洞の記憶は「白雲洞」にはじまる。白雲洞が僕の中に植え込んだ洞窟探検の楽しさは鍾乳石よりもずっと早いスピードで成長して,出向いた先でみつけた小さな洞窟にも首を突っ込まずにはいらないほどになっている。

秋芳洞,阿武隈洞,入水鍾乳洞,風穴,氷結,日原鍾乳洞,倉沢鍾乳洞,橋立鍾乳洞,岩屋岩窟……それからえ~とえ~と……名前が出てこないけど,あちこち鍾乳洞にそちこち洞窟に防空壕。

まだまだ行ってみたい「穴」がたくさんある。生き物の本能である体内復帰願望に任せて全国の穴場を巡ってみたい,と思う今日この頃であり明日その頃である。

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入