[自転車イラスト紀行]徒然走稿

第二十八回「近くて遠いところ」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

画像

気にはなっていながらなかなか足を運ぶ気になれない場所がある。

近場ほどそういう場所が多いような気がする。

前を通るたびに気になって仕方がないのに,いざとなると入っていくことが出来ないお店とか,いつか本を持って行ってみよう,そう思っているのに何故か一度も足を踏み入れたことがない,気持ちよさげなベンチがひとつあるだけの小さな公園。地元の郷土資料館なんていうのも近場にありながら行ったことのない人が多い場所なのではないだろうか。

近いのに足を踏み入れる気にならない理由はそれなりにある。それなりの理由だからそれなりでたいした理由ではない。

店構えは気になるのだけれど,かかっている暖簾を見ると中に入る勇気がくじかれてしまう。平日前を通る時は「今度の休みにはかならずこよう」と思っても,今度の休みになるところっと忘れて,月曜日に前を通って思い出す。そもそも郷土資料館がどこにあるのかも知らない(知らないと,ということは気にもなっていないからこれはあてはまらないか)とか。

自転車の場合も,行ってみようかなと思っているのに行ったことのない場所というのが近場にいくつかある。

高尾陣馬縦走路の途中にある小仏峠もそのひとつ。

行かなかった理由は,小仏峠にいたる最後の部分が登山道であること。登山道であるから,登山道を走るための装備をして行かなくてはいけない。しかしその部分は,全体のコースからみればほんのわずかな部分で,そのわずかな部分のために装備をしなくてはいけない。

ならば小仏峠から縦走路を走ればいいではないかと思っても,縦走路は自転車の走行が禁止されている。小仏登山道も縦走路と同じく,ハイカーが多くて自転車を持ち込むのがはばかれるのではないか,と諸々の理由をあげることができるが,ようは「なんか面倒くさい」のである。

足を向けてみようという気になったのは,知り合いの持ってきてくれた一冊の本のおかげだった。

―馬場喜信 著『峠と路』⁠かたくら書店新書)

サブタイトルに「八王子とその周辺」⁠八王子の峠と坂・多摩川流域をかこむ峠と山」とあるように,東京・八王子市の峠と坂路を紹介している本だ。

見開きでひとつの場所を紹介してあるシンプルな作りで,52カ所が掲載されている。紹介文も読みやすい。シンプルすぎてこの本だけではその場所がどこなのか特定できないという難点はある。でもこれは難点と言うよりも地図を見る楽しみを増やしてくれていると考えた方がいい。

ページをめくっていると,紹介されている場所全てを訪れたくなってきた。一度行ったことのある場所もいくつもあるが,そこへも再訪したくなってくる。

「この本に載っている場所を全制覇しよう!」

これが今後のサイクリングのひとつの目標になった。

全制覇!といっても,お隣の市だから莫大な経費もかからなければ命に関わるようなこともない。

その第一弾が小仏峠。

何故小仏かというと,⁠八王子の峠を一つあげよと言われたら,小仏峠と言うことになるだろう』としてあるからだ。

と言うことになる,とまでいわれたら,それなら出かけようじゃないか,と言うことになるだろう。

本に押されて小仏参り,である。

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入