[自転車イラスト紀行]徒然走稿

第三十回「能登へ その2」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

画像

能登半島と同様,能登島でも海岸線ぎりぎりまで田んぼが作られています。

画像

長崎町へと抜けるトンネルです。地図で見る限り,能登島にはここともう1カ所しかトンネルがありません。だからなんだ,と言われても困りますが。

画像

鰀目の集落。⁠えのめ」と読みます。

画像

民宿が建ち並ぶ昔ながらの雰囲気を残す集落です。活魚料理が自慢とのこと。ここらで一泊できたらいいのになあ。

画像

八ヶ崎をすぎれば行程の半分を走ったことになります。

画像

目の前に戻ってきた海は七尾北湾口の大口瀬戸。向こう岸はもちろん能登半島です。

画像

能都南湾ではイルカウォッチングが盛んなようで,あちこちに乗船できる船宿があり,数多くのそれらしき漁船が浮かんでいました。

看板を信じるならイルカと遭遇できる確率はかなり高いようです。

画像

七尾北湾沿いを走ります。先に見えているのは城ヶ鼻。こいつを回り込んで能登大橋から島を縦断している本道に合流します。

お腹が空いていたら,道の駅・のとじまに寄り道して,能登島バーガーをパクつきましょう。

画像 画像

画像

ジンベエザメが迎えてくれる「のとじま水族館」との分岐を過ぎると,青々とした湖が見えてビックリしてしまいました。

地図で確認すると,湖ではなく内陸部に深く切り込んでいる箱名入江でした。神秘的な青さと,岸辺の杉や広葉樹の植生を見ていると淡水の湖にしか見えません。真ん中あたりに浮かんだ養殖用の筏が「海だ」ということを静かに主張していました。

画像

タイムリミット(便乗する車との合流刻限)が近づいてきました。鴫島入江で北へと進路を切り,寄り道抜きで加速します。ぐんぐんとペダルを加速させて七尾西湾沿いを残り少ない体力で走り抜けます。

行く手に能登島大橋が見えてきました。もうゴールは目の前です。

和倉温泉の共同浴場・総湯で締めです。足湯だけなら無料で楽しむことが出来ますよ。

画像 画像

おまけ

画像

雨晴キャンプ場の,静かなのに来訪者の多い夜のテントサイト。

滞在した数日間。毎日,海鮮丼と具だくさんの汁を食べ続けました。

美味くて美味くて飽きないのです。

画像

キャンプサイトの朝。朝日の下をたくさんの漁船が通り過ぎていきます。

画像

起き抜けにまずは一泳ぎ。贅沢な朝風呂?です。

おまけのおまけ

画像

北陸自動車道のSAで食することの出来る白海老チラシ。

画像

B級グルメで全国に紹介された白海老丼。金沢の近江町市場で食しました。名物・ドジョウの串焼きもお勧め。

画像

あちこちでみかけた8番ラーメン。観光客向けの富山ブラックラーメンとは違い,こちらは地元住民御用達。

画像

お仕舞いは氷見の新名物・赤飯パン 秘密のケンミンショーで紹介されてブレイク中。

ああ,また行きたいなあ,能登。

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com