[自転車イラスト紀行]徒然走稿

第三十五回「願い事」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

画像

北海道・礼文島の西海岸に「地蔵岩」という高さ50mもある巨岩が立っている。

海側からだとまるで手のひらを合わせているように見えることからこの名前がついたらしい。横から見ると観音様の立ち姿にもにていて,いずれにしてもなにやらありがたい雰囲気がいっぱいだ。

大岩の根元あたりの岩の隙間にはびっしりと小銭が挟み込んである。小銭の上からさらに小銭を押し込むので深々と入り込んでしまっているものもたくさんあった。

丸太の立て札というか棒杭があり「小銭を差し込むのはご遠慮ください。ひび割れが進行して岩が倒壊する危険があります」という趣旨の言葉が書いてあった(この棒杭のひび割れにも小銭が差し込んであった)⁠

打ち寄せる波が気が遠くなるような時間をかけても倒せなかった岩を,人々の願いがこもった小銭で倒すことができるらしい※1)⁠

日本人はお賽銭をあげて願い事をするのが好きだ。

山の中の小さな祠にも必ずと言っていいくらい小銭が供えてある。

以前,寄居の円良田湖から長瀞方面に抜ける陣見山林道を走ったとき,尾根道のガードレールの下にぽつんと置かれた小さな石仏に1円玉や五円玉が何枚も供えてあった。車にも人にも出会わなかった行程を振り返って,いったい誰が供えていくのか不思議に思った。

画像

デパートのちょっとした憩いのスペースに噴水や水の流れが設えてあれば,そこにも小銭が放り込まれている。

郊外のデパートの7階のレストラン街に流れる水道水に,どういう思いを込めて小銭を投げ込んでいくのだろうか。最初に投げ込んだ輩は「こうやって1~2枚投げ込んでおけば,あとから真似する奴が絶対いるから。賭けようか?」みたいなノリかも知れないし,⁠初めて二人で食事したこのレストラン街にまた二人で来ることができますように」といったプチ・ローマ的な願いを込めて投げ込んだということも考えられる。

いずれにしても投げ込まれた方は迷惑なようで「ここにコインを投げ込まないでください。水質の悪化で配管が傷んでしまいます」と記した張り紙がしてあった※2)⁠

お賽銭が堂々と大活躍するのは神社仏閣,それもお正月だ。

うちの地元に高幡不動という関東三大不動に入ったり入らなかったりの名刹がある。

ご多分に漏れずお正月は駅前から参道,本堂の前までびっしりと続く初詣客でごった返す。

善男善女の願いのこもったお賽銭を1円たりとも取り逃すまいと準備された巨大なお賽銭箱の周りには,更なる補強のために白い幕が張り巡らされている。

画像

あまりの人波に最前列まで辿り着くことをあきらめた参拝客は,山門を入ったあたりで賽銭箱めがけて小銭を放り投げる。

フードのついたコートなんぞを着て,前の方の列にいると,いつの間にやらフードの中に小銭が入っていることがある。お正月は皆さん奮発するのか銀色のコインが多い(アルマイトの奴じゃないよ。あれは軽くて遠くまで飛ばない)⁠

子供の頃なら天からのお年玉としてありがたく頂戴するところだけど,物のわかった歳になるとそうはいかない。それぞれの小銭に込められた願い事を引き受けるわけにはいかないからだ。それらは境内にいくつもある小さなお堂の賽銭箱に納めて帰る。

お賽銭だけでは飽き足らず,その願い事が叶うかどうかを確かめるため更にお賽銭をあげておみくじを引く※3)⁠

引いたおみくじでいい運が出たときは持ち帰れば良さそうなものなのに,なぜだか多くの人がそこいらに結びつけていく。

かくして「おみくじを枝に結びつけるのは止めてください。木が枯れてしまいます」という立て札が立てられる。

人々の願いは,木を枯らし,配管を腐らせ,大岩を倒す。

人は自分自身のこと,家族や身近な人のことを願う。僕だってそうだ。

願いを受ける側の人は,それらの願いを叶えるために業を行う。

僧侶や神官,修験者が神仏に祈り,難行,苦行,荒行を修めるのは,自分自身のためではなく人々の願いを叶えるためだ。

「悟りを開く」ための修行は自分自身のためじゃないのかと言いたいかもしれない。でもそれは違う,より多くの人々の願いを叶えるステージに昇るため"悟り"を開くのだ。

"願い"には,願う側とかなえる側の二つの面がある。

お賽銭を供え,手を合わせるとき,その両方に思いをはせ,立て札や張り紙とは縁のない"願い"をかなえていきたい。

秩父の札所も,人のために修行を重ねた修験者の「抜苦代受」⁠苦しみを抜き取り,代わりに受ける)精神の中で生まれ育まれてきた。

札所を巡るとき,34回の願い事の中に,ひとつくらい「皆の願い事が叶いますように」という"願い事"をいれてもいいんじゃないかな。

※1)
現在では地蔵岩の近くは立ち入り禁止になっているそうです。
※2)
ちなみに「投げ込まれたお金はユニセフに寄付しました」との付記。してみると悪いことでもない気もする。でも,投げ込まれたお金よりも配管の修繕費の方が高かったんだろうな。
※3)
高幡不動のおみくじには「大凶」が入っている。最近珍しいことらしく,それが人気を呼んで三が日は大行列だ。大凶を引いた人は,それを自慢するために凶運を持って帰るのか,結んでゆくのか……

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入