[自転車イラスト紀行]徒然走稿

第三十六回「フランク・パターソン」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

画像

フランク・パターソンという画家を知っていますか?

1900年頃イギリスで活躍したイラストレーターでありジャーナリストでもあった人です。

「独特な線と白と黒で世界を表現するアーチスト」⁠と画集のプロフィールを勝手に解釈して)といわれているように,ペンを使って自転車乗りと彼を囲む風景を描き続けました。

自転車のクラブに参加してすぐの頃,⁠杠さん,この人の絵知ってる?」自転車仲間が,なにかから切り抜いた1枚の絵を持ってきた。

そこに描かれていたのは,幾重にも重なったゆるやかな丘陵の稜線。そこをうねうねと続いていくウサギよけの石垣とその間の道を行く二人のサイクリスト。ペンでじっくりと描かれたその絵からは―白と黒しか使われていないのに―光や季節はもちろん,そこを流れる空気の香り,そして温度まで感じることができた。

僕があまりに感心して見いっていたので,彼はその後,カレンダーに使われていたという残りの数枚も持ってきてくれた。どの作品からも,そこに描かれた人物と同じ,光と風,熱と空気を感じることができる。

自分自身が目指している絵の世界がここにある。

悔しさと嬉しさで気持ちがクシャクシャになった。

その絵を描いた人がフランク・パターソン。

その頃,自転車(特にツーリング)にはまっている人たちの間ではすでに有名なイラストレーターだった。

何故自転車乗りにもてはやされるのかは絵を見ればわかる。彼の絵の主役は自転車であり,自転車乗りであり,彼らを囲む風景であるからだ。パターソンの絵の中では,自転車も自転車乗りも風景も,等しく主であり従である。こんな風に風景を描くことができる人は浮世絵の大家・歌川広重くらいしか知らない。

そう,パターソンと広重の描く世界からは同じ空気を感じる。

たとえば,広重の有名な連作『東海道五十三次』の中の「四日市三重川」⁠強い風が吹いているのだろう,柳の木がよじれ,笠を飛ばされた旅人がそれを追っている。画面左端には道中合羽をひらめかせながら風に向かってい歩いて行く男がいる。

手元にある『パターソンブック・セカンド』⁠※コラム参照)の33ページ。

画面の奥で二本の木が右方向に大きく傾いている。木の下ではひっくり返ったマントで上半身が見えなくなったサイクリスト。画面の右には傘を飛ばされて追いかけている妙齢のご婦人。そしてセンターには風に向かってスタンディングでペダルを力強く漕いでいるロードのサイクリストがいる。

どちらの作品からも,画面の登場人物がそれぞれ別に感じている風の強さ,気温まで感じ取ることができる。

広重の「庄野白雨」⁠

画面全体を細い線で表現された雨が覆う。雷鳴がとどろいているのだろうか強まっていく雨から逃れるように,画面の右と左に別れて走って行く蓑と雨傘の旅人と籠掻き。背後では雨の重みで竹が一斉に頭をたれている。

パターソンブック・セカンドの66ページと81ページ。

降りしきる雨が力強いラインで表現されている。水がたまり始めた上り坂を雨に向かって走るポンチョ姿の二人のサイクリスト。空の間から光が覗いているということは,にわかに降ってきた豪雨なのだろうか。

もう一枚は,夜の風景。黒々とした雨の中, 背後の草原に,今,稲妻が落ちる。 三台の自転車が稲妻の光に消え入りそうな電装を灯して,逃れるように画面手前へ猛烈な勢いで走ってくる。雨の冷たさ,彼らの焦る気持ち,誰もいなくなる次のシーン,そんな連想が画面の上を永遠に降り続く雨と一緒に繰り返し繰り返し流れていく。

広重そしてパターソン。

絵の中に無限の空間を創り出し,恒久の時間を魔術のように表出させる。人がいて風景があって旅―自転車―があって。そこに描かれた人々の視点で世界を眺め感じ取り,ウィットとユーモアにあふれたの優しい目で再構築できる画家がいる。

僕自分が目指している世界を,それぞれの視点で完成させている先達に出会えたことを絵描きとして本当に嬉しく思う。

自転車乗りとその風景を描くこと。

この話を始めたら長くなるのでそれは次の機会に。

Column フランク・パターソンのこともう少し

パターソンは1872年に生まれました。彼があこがれる古き良き英国の風景は,彼自身がイラストレーターとして活躍した時代にはすでに失われつつあったようです。

世界大戦があったり,怪我で自転車に乗れなくなってしまったり,晩年は病におかされていたりと,絵の中に広がる幸せな風景とは違った人生を送ったようなのですが,だからこそ作品の中に憧憬を求めたのかも知れません。

彼の生涯のことはここに書いてもネットからの知識の受け売りになってしまうので,興味のある人はFRANK PATTERSONで調べてみてください。

参考サイト 『Wellcome to Frank Patterson cycling artist』
URL:http://web.onetel.net.uk/~jeffreylewis/
パターソンブック The Patterson Book &The SECOND PATTERSON BOOK

日本では『月刊ニューサイクリング』を発行しているエヌシー企画(旧ベロ出版,今は月刊ニューサイクリングという誌名そのものが社名になっているようです)が取り扱っているが,今は品切れ。2冊セットで18,500円とお高め。原画からではなく,掲載誌や記事から版を起こしているのではないかな,と思われる作品が多く,決して良好な印刷物とは言えない…が,そこに味を感じることができなくもない(これは海賊版だ,という話もブログに載っていた)⁠

デジタルデータでいいのなら,ニューサイクリングから発売されている『NewCycling DVD大全集』⁠月刊ニューサイクリングのバックナンバーと人気のあったいくつかの増刊号がDVD4枚に納められている)定価31,500円の中に2冊とも入っている。

なにはともあれ,今,英語を駆使しなくても入手できるパターソンの画集はこれしかないのである(上記の参考サイトで画集や複製画を手に入れることができます。でも,英語でしか注文できないし,日本からの発注が可能なのかどうかわかりませんが,手頃なお値段。今度,挑戦してみます)⁠

かくいう僕も,彼の画集を長年手に入れることができずにいた。なんせ高い,しかも通販のみ。実物を手に取って確かめることができない。仕事が順調で資金が潤沢なときなら不見転(みずてん)で思い切ることもできるけど,そういう時には在庫がない。在庫が入ったときには,こちらには資金がない。

いつしかニューサイクリング誌の定期購読も止めてしまい,パターソンブックの入荷状況もわからなくなってしまった。

そんなこんなで十数年。

この連載のコースガイドマップをイラストマップに変更したとき,ペンタッチで自転車や風景を描いている内に,ふとパターソンのことが思い浮かんだ。

便利な世の中になったもので,画像検索をかけたら何枚ものパターソンの作品が表示された。

久しぶりに出会う……というよりも,そのほとんどが初めて見る作品ばかりだ。嬉しくて嬉しくて画面を次から次にクリックしていくと,月刊ニューサイクリングのパターソンブック全2巻申し込みフォームに辿り着いた。

再会した嬉しさ。

えい!買ってしまえ!の前に立ちふさがる「完売御礼!」の四字熟語。しかしその下に,下がり行く気持ちを救う「外箱のないものが若干(10setほど)在庫ございます。お問い合わせください」の2行。早速,お問い合わせする。お答えは,それもすでに完売。

が……カバーのない2巻だけがあるけど,それでよかったらお譲りすることができる,とのことであった。迷わずにお願いして,念願のパターソンブックが手元にやってきた(低価格で譲ってもらった上,ニューサイクリングの最新号を2冊も同梱してくれた。ありがとうございます。また,定期的に購読させていただきます)⁠

かくして,目の前にパターソンブック・セカンドがある。ウホウホとそのページを繰りながらこの原稿を書いているのである。

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

  • はじめまして。

    パターソンが大好きで、英国の家まで行ってしまいました!
    原画も4枚有ります。

    Commented : #1  おじさん (2014/07/05, 09:18)

コメントの記入