たのしいchumby

第1回 「Hello, chumby!」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Shibuya.chumbiesのoverlastといいます。

chumbyはアメリカ生まれで,手の平サイズの可愛いガジェットです。
フォトフレームになったり,天気予報を教えてくれたりで,なかなか賢いヤツです。

私は2008年5月中旬に『chumby』というガジェットをアメリカから日本に大量輸入し,100人以上に配布しましました。
今,chumbyに関するブログ記事を書いている日本人が増えています。

画像

今回から始まる連載では,この『chumby』を紹介します。

その際に「chumbyを日常生活で使うことの楽しさ」や,「自分でchumby用のウィジェットを作ることの楽しさ」など, chumbyの「楽しさ」を,みなさんにお伝えしたいと考えています。

chumbyとは何か

『chumby』というガジェットをご存知ですか?

公にchumbyのプロトタイプの実物が披露されたのは, 2006年8月にアメリカで開催されたティム・オライリーによるFOOキャンプでした。
2007年10月からは量産モデルのchumbyの販売が開始されました。

画像

chumbyに想定されている利用目的の一つは,「ユーザのインターネット生活を促進すること」です。

chumbyを使えば,自分が日々接種している複数の情報を,それらを接種する時や場合ごとに「チャンネル」としてまとめることができます。
例えば,天気予報,最新ニュース,占いを連続して見るモーニングチャンネルや,友人達のFlickrやPicasaの最新写真をチェックできるアルバムチャンネルなどを設定できます。
そして,まとめた情報はテレビのようにチャンネルを切り替えながら,ながら見することができます。
他にも使い方はいろいろ考えられるので,工夫して新しい使い方を考えて,自分のインターネット生活を促進しましょう。

画像

chumbyは手のひらサイズです。マグカップと同じくらいの大きさなので,テーブルの上に置いても邪魔になりません。感触がふわふわで,とっても可愛いです。
なんとなくポンポンと外装を触ってみたり,ナデナデと撫でてみたり,ちょっと高いところに飾ってご満悦になってみたりしたくなります。見た目は目ざまし時計みたいです。
おまけに上部には多くの目覚まし時計と同じようにボタンが1つあります。

こんなに可愛いのですが,chumbyの技術仕様は結構すごいです。

chumbyはARMプロセッサを内蔵しており,Linuxが動作しています。
液晶は,なんとタッチパネルです。
chumbyと目覚まし時計の見た目的な大きな違いは,時計の代わりにタッチパネル液晶が前面に組み込まれていることだと思います。
これだけで,ハードウェアとしての可能性がぐっと広がります。

目覚まし時計とchumbyは,同時に見てみると実は全然違うのです。

目覚まし時計とchumbyは,同時に見てみると実は全然違うのです。

chumbyは無線LANアンテナを内蔵しており, Wi-Fiでネットワークアドレスを取得可能です。
また,携帯機器向けFlash再生ソフト「Adobe Flash Lite 3」を内蔵しているので,ユーザはAction Script 2.0で実現できるウィジェットと呼ばれるアプリケーションを自由に開発し,それをchumby上で実行できます。

とってもかわいいのに,タッチパネル液晶,無線LANアンテナ内蔵,自由にハック可能で,しかも安価(約180ドル)ということで,chumbyはアメリカのガジェット好きな技術者の間で流行しました。

もう少しchumbyがどういうガジェットなのかを見てみます。
chumbyは64MBの主記憶と,64MBのフラッシュメモリを内蔵しています。
ユーザが使用可能な記憶領域は非常に狭いことがわかりますね。

chumbyの背面にはUSBポートが2つとスピーカーがあります。
chumbyにiPodをUSB接続すれば,iPod内のライブラリを再生することができます。
USB接続可能なストレージデバイスを認識させれば,ユーザが自由に使える記憶領域 になります。

画像

電源がどうなってるのかも,すこし気になりますよね。
chumbyの電源は,ACアダプタか。9ボルトの角形乾電池から供給できます。
実際に角形乾電池を使った場合の,連続動作時間はせいぜい数時間です。
でも,冒頭に述べたchumbyの使用シーンを考えると,ほとんどの場合,ACアダプタが使用できる状況でchumbyを使うので,問題無いのではないか,と思います。

画像

本連載ではchumbyのためのアプリケーション開発環境について,詳しく触れることができません。
今後,参考になる資料をご紹介しますので,興味のある方はそちらをご覧ください。

著者プロフィール

Shibuya.chumbies

日本で最初のchumby大量輸入,および日本初のchumbyイベント「chumby night」を開催をした「chumby の普及を促進」する有志ユーザ団体。

URLhttp://chumby-night.net/

関連記事

コメント

コメントの記入