ライフハック交差点

第8回 2008年に向けて要注目のライフハックのトレンド

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

「今年もあと数日で終わりだね」こんな会話が聞かれる季節になりました。「終わり」という言葉の響きにはそろそろ仕事を一段落して年末にゆっくりできるように準備をしなければいけないという焦りと希望が見え隠れしていますが,大変残念なことをお伝えしなければいけません。

それは,今年がもうすでに終わっているということです。実際,先週のなか頃にはすでに終わっていたのではないでしょうか。

野球でいうなら九回裏の最後のバッターへの最後の投球がピッチャーの手から離れた状態とでもいえるでしょうか。まだ球はキャッチャーのもとに届いていませんが,それもあと1秒以内の話で。コースはもう変えられません。あるいは詩的にいうなら,木枯らしに吹き飛ばされた木の葉が地面に触れる直前の状態。パソコンでいうなら,自動シャットダウンにむけた残り秒数が2秒を切っていて,いまさら「キャンセル」ボタンにマウスを動かそうとしても間に合わない状態のようなものでしょうか。

2008年はすでに始まっています。そしてこの新しい年に私たちのライフスタイルやワークフローを変えるかもしれない新しいものすでに今,私たちの手の中にそろっているのです。

今年最後のまとめとして,2008年の私たちを形作ってゆく可能性のあるツール,ワークフロー,ウェブアプリ,そしてとマインドセットを選んで紹介しようと思います。

GTDアプリの一つの基準:OmniFocus

来年の手帳は買いましたか? では,来年のタスク管理ソフトはどうでしょう?

OmniFocusは,完成度の高いMac OS X上のアプリケーションを提供し続けるOmni Groupから来年1月にリリース予定のGTD支援アプリケーションですが,リリース前から大きなユーザーコミュニティができあがる人気ぶりです。

OmniFocusは,アウトラインソフトOmniOutliner上でGTDを実践するためのKinkless GTDというスクリプト集を作ったEthan Schoonoverと43FoldersのMerlin Mannの協力のもとに開発された現在β版のアプリケーションです。この二人の性格を如実に反映して,その設計思想は「タスクの数に応じてジャストフィットする」アプリケーションというものになっています。

たとえば,いちいち「このタスクはいつまでにやるんだっけ?」「優先順位は?」「どのプロジェクトにいれるだっけ?」などという細かい点を気にすることなく,Quick Entryという小さなウィンドウで素早くタスクを追加して,あとで必要に応じて情報を追加できるように工夫がされています。

また,OmniOutlinerゆずりの高機能なプランナー・ビューでプランニングをしたら,次はコンテキスト・ビューで「とにかく,まず最初に何をすべきなのか」の一覧表を一目で見ることも可能で,手数の多いプロジェクトと1ステップしかない小さなタスクの両方を同時にコントロールすることが可能です。複雑すぎてストレスを感じてしまうGTDアプリケーションに比べて,OmniFocusはなるべくユーザーの邪魔をしないように作られているという印象がします。

ストレスフリーの仕事術「GTD」を支援するアプリケーションは非常に多くありますが,OmniFocusは今後ベンチマークのように他のアプリケーションを比較する基準となりそうです。AnxietyTaskPaperのようにより簡単さでアピールするのか,それともiGTDThingsのようにより高機能・あるいは異なるワークフローを売りにするのか,といった感じです。

OmniFocusは来年1月のリリースまでならライセンスを安く購入できます。ただ,すでに無償のものを含む多くのアプリケーションがOmniFocusとの差別化を図りつつ開発されていますので,自分のニーズにあったものをお選びください。

ワークフロー:Inbox Zero

「受信箱のなかで生きるのはやめよう」

これが43FoldersのMerlin Mannが提唱したInbox Zeroのメッセージです。大量のメールに埋もれ,次にするべき仕事を受信箱のなかから探しているような状態はやめ,戦略的に受信箱のメールはゼロにしようという仕事術です。

Inbox Zeroは基本的にはGTDをメールにあてはめたもので,多くの人にとってストレスの源となっているツールの処理をできる限りストレスフリーにするためのワークフローです。詳しくはMerlinのGoogleでの講演(英語)を見ていただくとして,かいつまんで説明すると,それはすべてのメールについて,

  1. 消去:まず消せるメールか? 消せるものなら,とにかく瞬時に消してしまう
  2. 転送:自分が返事しなくてもいいものなら,すぐに関係者に転送する
  3. 返信:何かの調べ物をすることなしに2,3分で返信できるならその場でやってしまう
  4. あとで:その場で返信・実行ができないことなら,手帳やタスク管理ソフトにタスクを書き加えた上でメール自体はアーカイブしてしまう
  5. 実行:スケジュールに関するメールならそれを手帳に写して,メールはアーカイブする

という,即断即決を旨とした流れ作業を行うことを提唱しています。「処理」したメールは決して受信箱に残さず,フォルダに分類して管理するなどの手間も取らず,GMailやデスクトップ検索を信頼してタグとフラグを付けながら一つの「アーカイブ」フォルダに投げ込みます。

Inbox Zeroの背景には,便利になりすぎて濫用されることでかえって私たちの貴重な時間を奪い取っているメールという道具に対して,最適なワークフローで臨むことで貴重な時間をとりもどそうという考え方があります。

今後は「すべてのメールの返信を1~5行で済ませる宣言」であるSentenc.esのようなムーブメントや,会議を最小限の時間ですますワークフローなどのように「時間を生み出すワークフロー」が多く登場することでしょう。

こうした動きのすべては,ツールを多く使っているかではなく,最小限のツールを最大限使っているか,という時代にシフトしつつあるということを示しています。Inbox Zeroはそののろしの煙なのだと思います。

著者プロフィール

堀 E. 正岳(ほり E. まさたけ)

ライフハック,GTD,自己啓発などをテーマにしたブログLifehacking.jpの管理者。海外のブログを広く渉猟しているうちに見聞きしたことや考えたことまとめて,ちょっといい話にして紹介するのが何よりの楽しみ。ライフハックとは「自分を変える新しい習慣作り」をポリシーに,日々地味に更新中。

URLhttp://lifehacking.jp

コメント

コメントの記入