DBエンジニアに求められるスキルの“理想と現実”

第3回 どのようにスキルを伸ばせばいいか?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

3人のペルソナからスキルの伸ばし方を考える

これまで,スキルの定義,年数に応じたスキルレベル,職種や所属会社による違いを説明してきました。そうすると次に興味が湧いてくるのが,スキルの伸ばし方ではないでしょうか。

マーケティングの世界では「ペルソナ」と呼びますが,データを基に架空のユーザを想定して,商品やサービスを設計する方法があります。じつは執筆でもこのようなことを行います。

今回は,以下の3人のペルソナを定義して,スキルアップのポイントを紹介します。

  • Aさん(若手で情報システム部に所属)
  • Bさん(中堅で運用部門に所属)
  • Cさん(データベースの派遣エンジニア)

若手で情報システム部に所属するAさんへのアドバイス

Aさんは,情報システム部に所属する20代前半のエンジニアです。データベースの経験は2年程度です。以下のような悩みを持っています。

  • 社内調整ばかりで,本当に役に立っているのか実感が持てない
  • 実機に触った経験が少なく,自信がない

私の周りでもこのような人が何人かいますが,そういった人たちのデータからAさんのスキルのグラフを作ってみました。

グラフA Aさんのスキルの状況

グラフA Aさんのスキルの状況

強みと弱み

まずは強みを見ていきましょう。

オレンジの枠で囲まれている箇所を見てください。若手でありながら,調整ごとが多い立場であるため,コミュニケーション能力が高い様子が見て取れます。社内調整に伴い,ドキュメントを作る機会も多いのでしょう。

一方,弱みは赤枠の箇所に出ています。

会社の方針にもよりますが,SI会社や運用担当者に頼っている情報システム部に所属していると,実機に触る機会が少なくなります。特にバックアップやパッチの適用といった作業は,SI会社のエンジニアや派遣のエンジニアに頼みがちです。DBMSやインフラの知識も少ないと,ますます自分で作業しなくなります。そうして「調整ごとには強いものの,実作業には自信がないエンジニア」が生まれることがあります。

おすすめのスキルアップ方針

ITの世界で長い間成長していくのであれば,一度は実際の作業(プログラミングやインフラの実作業など)を経験しておくべきと私は思います。そのようなベースがないエンジニアは,最初の数年はやっていけても,その後の成長が鈍りがちだからです。例外といえるエンジニアもいますが,土台の大事さを忘れてはいけません。

では,いきなり実作業を経験すればいいのでしょうか?

私はそうは考えません。

おすすめは,理論を学んだ上で経験することです。なぜなら,経験だけで叩き上げると,自己流になり,自己流ルールを振りかざすエンジニアになることがあります(結構よく見かけます)⁠理論を学んでおけば,まちがった解釈をしてしまうのを防止できます。また,その後の経験を咀嚼しやすくなり,成長のスピードも上がるはずです。

具体的には,DBMSのアーキテクチャやインフラに関する研修を受けたり,書籍で勉強するといいでしょう。

たとえば,オラクルマスターの研修ではひととおりのアーキテクチャを学べるようになっています。また,『即戦力のOracle管理術』では,データベースの仕組みを理解した上で,運用業務を実践できるよう解説しています。他にも良い書籍はいろいろあるので,自分に合う1冊を探してみてください。

著者プロフィール

小田圭二(おだけいじ)

『即戦力のOracle管理術』の監修者。

社内技術者教育を約4年,その後データベースのコンサルティングを10年以上経験しているデータベースエンジニア。現在,JPOUG(Oracleのユーザーグループ)の活動に協力している。

ブログ:データベースコンサルタントのノウハウちょい見せ

コメント

コメントの記入