『電網恢々疎にして漏らさず網界辞典』準備室!

第2話 The Human Centipede 2

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

和田は,宮内から内示を受けた日の午後に網界辞典準備室に荷物を持って移動した。フロアの北の隅にあるムダに広い部屋だ。半分が打ち合わせスペースで,ほとんどガラ空き状態。この場所は,社長のきまぐれではじまった萌えグッズ開発室があった場所。在庫を置くためにムダに広い部屋なのだ。

窓は広く渋谷の街を一望できる。ただし,円山町に面しているために,あまり景色がいいとは言えない。見たくもない修羅場や顔を伏せて歩くカップル,窓にシートを貼ったワンボックスカー,猥雑な渋谷の本性が垣間見える。

荷物を載せた台車を押して和田が部屋に入ると,3人がそこで荷物の整理をしていた。長身の美人,イケメン風の男性,それに白くぽっちゃりした大福だ。大福の性別は判然としないが,おそらく男性だろうと和田は思った。

画像

  • 「こんにちは」

和田は,大きくもなく小さくもない声でそう言うと,Tの字型に並んでいる机の一番えらい人が座る席に荷物を運び出した。それを見た3人が無言で顔を合わせる。ラノベから抜け出てきたようなメガネっ子キャラの和田が,自分たちの上司というリアルが,すぐには飲み込めないようだ。

  • 「室長代理の和田です。詳細は明日,ご説明しますね。あたしもさっき宮内さんから言われたばかりなんです」

和田は明るく笑顔で言おうかと思ったが,あまりそういう雰囲気でもないような気がしたので事務的な口調にした。

  • 「はあ……」

3人は気の抜けたような声を出すと,再び自分たちの荷物の整理をはじめた。

静かな人たちだな……社会適応能力は低そうだけど,と和田は思った。その時,どこかで小鳥の鳴き声のような音が響いた。iPadなどからツイートした時に出る音だと和田は気づいた。この微妙な空気をつぶやいたに違いない。

  • 「どなたか,ツイッターをお使いですか……鍵付きアカウントの中身やDMを見られてしまう脆弱性があるのでご注意になった方がいいと思います」

むやみやたらとソーシャルネットワークを使うんじゃない,とさりげなく警告する。

  • 「えっ……」

長髪の女性が声を上げた。和田は,ちらりとその女性の顔をながめる。iPadがちらりと見えた。ビンゴ。

  • 「私もそう思ってたところなんです……やっぱりそうでしたか……」

女性はそう言うと,聞き取れない小声でぼそぼそなにかをつぶやいた。Wi-Fiを脳で直接受信してしまう系の危うさがある。残りの2人の男性社員は聞こえないふりをした。

その日は,全員ほとんど言葉を交わすことなく,荷物の整理だけで終わった。⁠ヘイセイカタクリズム』をヘッドフォンで聴きながら,荷物を片付ける人たちを見るのは少しだけ異世界だな,と和田は思った。

翌朝,和田が少し早めに出勤すると,すでに女子社員が来ていた。長い黒髪の美しい細身の美人だ。昨日の挙動不審な女性と同一人物のはずだが,静かにしていると別人だ。

入り口に背を向けて腰掛けているせいか,和田が部屋に入ってきたことに気づいていない。挨拶しようとうすると,突然声をあげた。

  • 「誰も知っている人間がいないなんて素敵じゃないか。自由だ」

一瞬,どのような反応をすべきか和田は逡巡したが,あえて内容には突っ込まないことにした。

  • 「おはようございます。朝から独り言ですか?」

言ってから,これは皮肉っぽかったかな? と少し反省した。声をかけられた女性は,びくんとはねるように腰を浮かした。

  • 「お,お,おはようございます。聞かれていただなんて……私の好きな言葉です。私には言えないセリフですけど。しかたがないじゃないですか,他に人がいなかったんですもん」

この人はちょっと面倒な人かもしれない,と和田は思った。ごたごた言っているのはスルーしよう。

  • 「初めまして,和田です」

  • 「あ……倉橋です。おはようございます」

それから和田は席に腰掛けると,パソコンを立ち上げ,仕事の準備を始めた。

  • 「倉橋さんは,気を遣う性質ですよね」

和田がキーボードを叩きながら,話しかけると倉橋は落ち着きなく周囲を見回し,それからおもむろに口を開いた。

  • 「はあ。あまり遣いたくないんですけど……人に嫌われるのが怖いんです」

  • 「あまり気にしないほうがいいですよ」

  • 「私もそう思ってたところなんです……でも,時々気になって仕方がなくなるんです。そうなると自分でも止められなくなって,ハッキングしてしまうんです」

  • 「え? どういうことですか?」

和田が驚いて手を止めた。

著者プロフィール

一田和樹(いちだかずき)

11月6日東京生まれ。バンクーバー在住。

シンクタンクにてIT関連市場調査,製品開発を担当,独立後,インターネットプロバイダなどIT企業の役員,社長を歴任。人材育成にも長け,社長を務めた会社の社員の半数が起業した。

2010年島田荘司選 第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞。サイバーセキュリティミステリを中心に執筆,その他,ファンタジーやマンガ原作などもこなす。筆が速いことと,多彩な芸域が特徴。

@K_Ichida

バックナンバー

『電網恢々疎にして漏らさず網界辞典』準備室!

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入