イマドキのエンジニアの勉強事情

第2回 勉強会の種類

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

勉強会の探し方

最後に,勉強会の探し方を簡単に紹介します。探すポイントは「勉強会情報が集まるところを見る」⁠あるいは「勉強会に参加している人の情報を探す」⁠コミュニティを探す」です。なお,執筆中の書籍中では勉強会のタイプとは別のセクションを設けて細かく説明していますが,勉強会のタイプの説明だけでは,これから参加する方の一助にはなりにくいと思いますので,gihyo.jp用にコンパクト版をお届けします。また,次のWebサイトも参考になると思います。

勉強会情報を探す

画像

勉強会情報として,はなずきんさんが管理されている,IT勉強会カレンダー⁠モバイル版はhttp://be-grace.co.jp/itcal.php)⁠があり,多くのイベントが登録されています。また,ATNDこくちーずといった,イベントの募集に使われるWebサービスを見ると,イベントの内容から申し込み方法まで,様々な情報が入ってきます。RSSフィードなども利用可能ですので,定期的に情報をチェックするといったことも可能です。

最近では,一部の勉強会で,uStreamWebExなどを通じて,オンラインで開催されるものもあります。もし「実際に参加するのはまだちょっと不安」⁠どういう話が行われるのかな?」と思っている方は,これらを見てみると勉強会の雰囲気が分かるかもしれません。

参加している人の情報を探す

画像

ネットを検索すると,ブログなどに勉強会の募集やレポートを書いている人が見つかるでしょう。学びたいものと一緒に「勉強会」⁠イベント」⁠懇親会」などのキーワードも付けて検索すると見つかりやすいでしょう。レポートを見て,自分の求めている内容やレベルとかけ離れていないか,ということも確認できます。

また,一旦勉強会に出てみると,そこの参加者の中で,他の会に参加している人も少なくないはずです。スタートとしては,イベント情報,もしくはブログなどを当たることになると思いますが,二歩目以降は直接どんどん話が入ってきます。楽しそうに勉強会に参加していて,人に色々教えていたりすると,他の勉強会でも「○○さんのお話が聞きたい」というお誘いとかも来るかも!?

mixiなどのSNS上のコミュニティやメーリングリストを探す

今やネットやメーリングリストをまったく使っていない勉強会というのは珍しいでしょう。参加者同士の連絡手段として,SNSやメーリングリストを利用している勉強会は多いです。ウェブのコミュニティに加入してみて,レベルが自分とは違い過ぎないか,雰囲気はどうかなどを知るといいでしょう。

まとめ

大まかに勉強会やイベントとして行われるスタイルを紹介してきました。実際には,これらが微妙に混じったスタイルだったり(座学のセミナースタイル+ワークショップ)⁠大規模イベントでは色々なスタイルのものが組み合わされていたりします。ぜひとも,自分の学びたいスタイルに合った勉強会選びの参考にしてください。また,既に開催している方は,⁠今までやってなかったけど,このスタイルもちょっと取り入れてみようかな」というふうに,自分で行う勉強会に変化を加えるための参考にしてください。

執筆中の書籍では,勉強会に参加するときの心構え,勉強会を開催する方法,勉強会のレベルアップのプラクティスなども紹介します。

次回の本連載では勉強会を通じて人脈が広がったことで,スキルアップと同時に,新しい環境まで手に入れた人たちへのインタビューをお届けします。執筆中の書籍の中でも,勉強会のメリットとして一番に挙げているのが一体感を超えた「ファミリー感覚」です。そのメリットが十分に伝わってくる内容になっています。続きをお楽しみに!

写真提供
寺田学さん@terapyon
中居良介さん@voluntas

著者プロフィール

奥乃美(nomico)

IT系企業に勤めて仕事にアップアップの日々に,藁をも掴む気持ちで始めたGTDに味をしめ,その後突っ走って過ぎること早数年。研鑽内容についてはブログのworks4Lifeにて展開中。現在は,GTDの理解を日本で深めるためにmixiでGTD勉強会も開催中。

ブログhttp://works4life.jp

GTD勉強会http://mixi.jp/view_community.pl?id=3013597


渋川よしき(しぶかわよしき)

社内SE。ソフトウェアを中心に,ライフハック,インラインスケートなど,様々なコミュニティの運営に関わってきた。日本XPユーザグループには設立準備の時から。現在メインのコミュニティはとちぎRubyとPython温泉(系)で,ドキュメントツールのSphinxのコミュニティの設立準備中。趣味は技術文書の翻訳とLT。

Twitter:@shibukawa

ブログhttp://blog.shibu.jp

コメント

コメントの記入