エンジニアのためのイベント映像活用方法

第5回 大規模イベントでのUstream配信の設計(その2)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

先月22日に初めてのChefの勉強会が開催され,そのUstream配信を担当して来ました。

配信に使った構成は,前回の記事で紹介したビデオカメラ+三脚+LiveShellという組み合わせです。

図1 初めてのChefの勉強会でのセッティング

図1 初めてのChefの勉強会でのセッティング

ビデオカメラだけは前回の記事で言及した機種とは違い,ソニーのNEX-VG20Hを使っています。手持ちのカメラの中では最上位機種なので,積極的に使っています。

この時の録画が,配信時に使ったチャンネルで閲覧できます。

これはUstreamのダッシュボードにある「オフエア設定」で,⁠録画済み番組を再生」にしている状態です。

図2 オフエア設定

図2 オフエア設定

第3回で紹介したオフエア時のスライドショーの例と比較して見てみると,設定の違いでどのような表示になるのかが把握しやすいでしょう。

実戦配信の報告はここまでにして,今回の本題へ進みます。

前回はビデオカメラやLiveShellなど,主に映像に関する機材選定について取り上げました。今回は,音声に関することや,配線に関することを中心に解説します。

音声の設計

ビデオカメラを使う場合,特別な機材を用意しなくとも,カメラ本体に内蔵されたマイクの音声を使ってUstreamへ配信することができます。

冒頭のイベント「初めてのChefの勉強会」の配信でもビデオカメラ本体のマイクを使っています。

しかし,ビデオカメラ本体からの音声が適さない場合もあります。

発表者とビデオカメラとの距離が遠く,音声が小さい場合はそもそも音声が入りません。距離が遠くても会場内の大きなスピーカーで増幅されて入れば音量的には問題ないのですが,カメラ周囲の音(参加者の咳払いやキーボードの打鍵音など)も意外とクリアに入ってしまいます。

そこで,会場の音響設備から直接音声を取り込む方法を考えます。

とは言っても,今回想定しているような会場では,音響の担当スタッフがいることが多いはずです。事前にこちらの手持ちの機材などを伝えて,入力可能な音量レベルやケーブル・端子類を調整しておくのが確実です。

私の場合は,YAMAHAのAUDIOGRAM6を使って,会場の音響機器からの入力を受け取っています。

図3 AUDIOGRAM6

図3 AUDIOGRAM6

AUDIOGRAM6からの出力をLiveShellのライン入力へ入れると,発表者がマイクを通して話している音声がそのまま配信できます。

ただし,これには注意点があります。⁠マイクを通した音声がクリアに入る」というのは「マイクを通さない音声は入らない」という意味でもあるということです。

特に質疑応答の際に質問者がマイクなしで質問してしまうと,Ustream側および録画映像には何も音声が入りません。また,発表者も質疑応答の際にはマイクを通さずに会場の質問者に答えてしまう傾向があります(私の体験によります)⁠

このあたりは司会進行役に「発表者や参加者がマイクを忘れているようなら,使用するようにフォローをしてほしい」と事前に打ち合わせをしておきましょう。

また,マイクの音声のみだと,会場からの拍手や笑いなどの音声があまり入らなくなってしまう傾向があります。

これを防ぐためにマイク(音響機器)の音声の他に,それらの周辺音用に別途マイクを用意して音声をミックスするという試みも札幌Ruby会議2012で行ないました(これは@darashiさんの発案です)⁠

ひと手間かけた音声の別撮り

先ほどのAUDIOGRAM6は「ミキサー機能付き」のUSBオーディオインターフェイスですので,これを使ってMacでUSB経由での録音ができます。

LiveShellへの音声供給とは別に,Macで録音をしておくと後で映像を編集する際に利用することが可能です。

録音は,Mac OS Xに標準で付いている「QuickTime Player」で実施できます。Playerという名前から,再生しかできないのかと思いきや,実は録音や録画ができてしまうスグレモノなのです。

「ファイル → 新規オーディオ収録」とメニューを辿ると録音準備は完了です。

図4 QuickTime Player

図4 QuickTime Player

こういった形で音響機器からのクリアな音声を別系統で保存しておけば,ビデオ側の音声がいまひとつな状態になってしまった場合でも,編集段階で音声を入れ替えるなどのリカバリーが可能になります。

LL Decadeでの撮影時,この方法で音声を別録りしてみました(この時は撮影のみでUstreamはしていませんでした)⁠その後の編集段階で別録り音声を使ったところ,非常にクリアな音声を簡単に入れ替えることができました。

機材や準備に余裕がある場合には,このような方法で音声を別録りしておくのも良いと思います。イベントの録画は一発撮りなので,予備や代替となる記録はいくつあっても良いですね。撮影者としては「どこかでミスしても大丈夫!」と気持ちが楽になります(笑)

著者プロフィール

鈴木則夫(すずきのりお)

株式会社クロコス所属ではあるものの,本連載と業務とは特に関係がない。

個人的な興味として,勉強会やカンファレンスのUstream配信を行なってきており,ときおり「KaigiFreaks(配信班)」の名の元に活動している。

「suzuki」というアカウントを取得するのが好き。

Web日記:http://suzuki.tdiary.net/
Twitter:@suzuki
GitHub:https://github.com/suzuki

コメント

コメントの記入