エンジニアをレベルアップさせる「ファシリテーション入門」

第2回 プロジェクトがうまくいく,問題早期発見のコツ

2008年6月16日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ファシリテーターの大切な役割は,話し合いの場を安全にする事です。場が安全というのは,発言者がだれかに攻撃されたり(責められたり)⁠不利益をこうむったり,特定の人のみ発言するといった事がない状態をいいます。

みなさんも,場が安全でなければ,発言する気はなくなりますよね。

今回は,プロジェクトがうまくいく上で『安全な場』が大切ということを解説します。

問題があきらかにされない理由

プロジェクトを成功させるポイントの一つは,問題を早期に発見することです。

問題は小さいうちに対応すれば,工数も時間も少なくてすみます。しかし,よく見られるのは,最初は順調そうにみえて,プロジェクトの終盤で大きな問題が噴出し,最終的に身動きがとれなくなる事です。みなさんも,そんな経験はなかったでしょうか?

一説によると,プロジェクトの成功確率は30%なんだそうです。"何をもって成功とするか"という基準にもよりますが,私の経験でも納期を守り,予算内で一定以上の品質を確保したプロジェクトは,たしかにそれぐらいの確率かもしれません。

では,なぜ問題を早期に発見できないのでしょうか? 一つにはシステム開発の現場は,次のような,外から見て問題をつかみにくいという特徴があります。

  • ソフトウェアというのが目に見えない(もちろん仕様書やソースは見えますが,よほど読み込まない限り問題点がわからない
  • より専門的になった昨今の開発は専門家でないと問題点がわからない

また,問題を出させるために管理を強化しても,ある程度以上の効果は望めません。強化しすぎると,今度はモチベーションを下げるという弊害も発生します。

こうした事を考えると,最終的に問題を早期発見するには,実際作業しているメンバーに自発的に報告してもらうしかありません。ところが,その報告はなかなか行われません。その理由は次の3つです。

1.問題を報告すると,責められる

だれしも責めらるのは嫌でしょう。できる事なら問題が発覚する前に,自分で解決したいと思うはずです。責任感の強いエンジニアこそ,こうした気持ちは強いはずです。しかし,そうこうしているうちに問題は次第に大きくなり,今度は報告するのが怖くなって黙っておくといった事になってしまいます。

2.問題を報告すると,不利益をこうむる

よかれと思って問題を報告すると,その対応をお願い(命令)されたりします。私は「いいだしっぺがやる」というよくわからないルールによって,非常に忙しいのに自分の仕事以外の事を押しつけられることもあります。こうなると,もう報告したくなくなります。

3.問題を報告すると,無視される。

問題を報告しても,無視されることがあります。張り切って報告しても肩透かしをくらってしまうのです。たしかにプロジェクト全体で見ればさほど大きな事でないのかもしれませんが,大きい小さいは現場では判断できない事も多くあります。現場では大切と報告したことがむげにされると,そのうちに,"報告なんてしても無駄"という気持ちになります。

著者プロフィール

野口和裕(のぐちかずひろ)

13年間の会社員時代,SEとして企業や官庁で各種システムの設計に従事。製造業,建設業,人事システムの構築を数多くこなす。その後,独立しフリーランサーのSEになる。現在有限会社NTX)を設立し,SEの傍らヒューマンスキルの研修を行う。

著書は『SEのための「どこでもやれる力」のつけ方』(技術評論社刊)。3度の飯はお好み焼きでOKという広島人。

ブログhttp://blog.livedoor.jp/facilitator/

コメント

コメントの記入

ピックアップ

「杜の都」発の開発ツールベンダーが時代を超えて開発者の生産性向上を支援~「Toolsの杜(ツールのもり)」開催!

A Good Tree Bears Good Fruit-1983年から開発ツールビジネスをスタートしたグレーシティ。開発支援ツール30周年記念フォーラム「Toolsの杜」の様子をレポートします。

業務を改善する情報共有の仕掛け~DevOpsの実現,RPAの導入に向けて~

ソフトウェア開発の業務改善をテーマに,DevOps実現の手順やそれを助けるツールとの連携,RPAによる社内ドキュメントの管理や効率化について解説します。

[Special Interview]3年で300%急成長のベンチャーがSE・PGを大募集!!

好評連載中の「うまくいくチーム開発のツール戦略」でお馴染みのリックソフト(株)が業務拡大につき各種エンジニアを募集中です。

[特別広報]IPとITが融合する新プロジェクトが始動! エンジニアよ,KADOKAWAで世界を目指せ

KADOKAWAはドワンゴと経営統合し,出版コンテンツとITの2つの文化を持つ企業です。小説やアニメなどの知的財産(IP)をITの力で変革し,付加価値を高めようとしています。

バックナンバー

No12(2009.04)

今回のSoulHackで主に取りあげるのは,梅田望夫の「ウェブ時代をゆく」という本です。

No11(2009.03)

今回のSoulHackで取りあげるのは,阿部謹也の「世間学への招待」と他1冊の本です。

No10(2009.02)

今回のSoulHackで取りあげるのは,山本七平の「空気の研究」という本です。

No9(2009.01)

今回のSoulHackで取りあげるのは,アーノルド・ミンデルの「紛争の心理学」という本です。

No8(2008.12)

今回のSoulHackで取りあげるのは,河合隼雄氏の「カウンセリングを語る」という本です。

No7(2008.11)

特集:2008年度日本OSS貢献者賞受賞者インタビュー

No6(2008.10)

特集:エンジニアの実践的キャリアアップ思考法

No5(2008.09)

特集:事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

No4(2008.08)

特集:ゼロからはじめるPSP

No3(2008.07)

特集:今こそ使える! プロトタイピング

No2(2008.06)

特集:「開発スタイル」開発法

No1(2008.05)

特集:エンジニアが身につけたい基本スキル 2008

-->