エンジニアをレベルアップさせる「ファシリテーション入門」

第7回 議論を活発にする(導入フェーズ)

2008年11月17日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

意見がない場合の対処法

次に2番目の,そもそも発言する意見がない,という場合の対処法です。意見が無いというのは,考えていないということですから,ファシリテーターは何とかして,参加者に考えさせなければなりません。

考えさせるよい方法は,質問です。人はだれしも質問されると,自動的に回答を考え始めるのです。例えば,私たちは一人で何か考えるときも無意識で質問を作り出し,その回答を自分で考えています。

「今日のランチは何を食べようか?」とか,⁠どういう仕事の順番でしたらよいだろうか?」あるいは「この本を買おうか,どうしようか?」これらはすべて自分に対する質問です。自問自答というのは,自分で質問をつくり自分で回答するということですが,私たちは無意識に質問をつくることで自分の頭のスイッチを入れ,考えて回答を出しているのです。

今度は,会議の参加者に対して質問を投げかけてみることにより,皆の頭のスイッチをいれ,考えさせることができるのです。

ただ,質問として「何かいいアイデアはありませんか?」という質問では,漠然としすぎて回答の意欲が高まりません。具体的でかつ本質,自分に関係するような的を得た質問を投げかけなければなりません。これが案外難しいのですが,時間をかけてでも考える価値はあります。

「どうすれば残業が減らせるでしょうか?」⁠不具合の数をあと20%減らすにはどうしたらいいと思いますか?」⁠どうすれば,この納期を死守できるでしょうか?」といった,具体的な質問が作り出せれば,しめたものです。後はほうっておいても参加者は考え始めます。

強制的に発言させる

皆の頭のスイッチが入って考え,アイデアが出てきました。次にそれをどのようにして発言してもらうかです。

頭に思い浮かんだら即発言する人もいれば,恥ずかしがり屋でなかなか発言しない人もいます。私がこれまで出会ったSEの方は良いアイデアを持っていても奥ゆかしく,なかなか発言しない方が多いように思いました。

恥ずかしさを取り除き発言してもらう方法は,2人1組,あるいは3人1組で小グループを作ってもらい,そのグループ内でお互いのアイデアを発表しあうという方法です。

恥ずかしがり屋の人も2人とか3人であれば抵抗なく話せます。また少人数なので一人あたりの発言時間は多くなり,必然何か話をせざるを得なくなります。

こうして少人数で話し合いをした後に,今度は小グループごとにどんなアイデアが出たかを発表してもらい,全体でアイデアを共有します。実際,これまでの経験ではこの少人数での意見交換をしてもらうと,かなり活発な議論が展開されアイデアがたくさん出ます。これはかなり使える方法です。

しらけ会議から活発な会議へ

ここまでの内容を,まとめてみましょう。議論を活発にするために,まずみんなが話しを聴く雰囲気をつくりあげます。具体的にはルールを決めて守る事を徹底するのですが,これは常日頃からこうしたルールを意識する事が大切です。

次に,みんなに良いアイデアをだしてもらうために,よい質問を投げかけます。よい質問とは本質的で,具体的,的を得た質問です。

そうしてアイデアを考えてもらった後で,少人数で意見を出し合ってもらいます。少人数なので恥ずかしがり屋の人も意見を言いやすくなりますし,人数が少ないので自分の意見をいわざるをえなくなります。

後はでてきた意見を発表してもらい,メンバー全員に共有させていきます。

  1. 話しを聴く雰囲気をつくる。 = ルールを定着させる。
  2. よい質問を投げかける。 = 参加者の頭のスイッチを入れる。
  3. 発言させる状況をつくる。 = 少人数で議論させる。

この3つの方法を実践することが,シーンとしたしらけ会議を活発な会議に変える第一歩なのです。これはおもしろい!と思ったら早速実践してみてください。驚くほどの違いを目にすることになるでしょう。

著者プロフィール

野口和裕(のぐちかずひろ)

13年間の会社員時代,SEとして企業や官庁で各種システムの設計に従事。製造業,建設業,人事システムの構築を数多くこなす。その後,独立しフリーランサーのSEになる。現在有限会社NTX)を設立し,SEの傍らヒューマンスキルの研修を行う。

著書は『SEのための「どこでもやれる力」のつけ方』(技術評論社刊)。3度の飯はお好み焼きでOKという広島人。

ブログhttp://blog.livedoor.jp/facilitator/

ピックアップ

APIゲートウェイとサービスメッシュの違い

APIゲートウェイとサービスメッシュの,それぞれの概要とユースケースを紹介し,いずれを使用するかの判断の指針となるチートシートを提供しています。

LightningChart® Traderによるテクニカル分析と証券取引アプリケーションの開発

証券取引アプリケーションの開発プロセスを大幅に簡素化するLightningChart® Traderのビルドイン機能について紹介します。

福岡を,もっとエンジニアが働きやすい街へ!~第一回エンジニアフレンドリーシティ福岡アワードレポート

2020年1月31日と2月1日に開催された『第一回エンジニアフレンドリーシティ福岡アワード』表彰式で表彰された,4団体と2企業の取り組み,受賞者のコメントをお伝えします。

コードの安全性・安定性を高める開発サイクル~テスト管理の効率を上げ,脆弱性診断を自動で行う~

本連載では,連載「業務を改善する情報共有の仕掛け」を受けつつ,安全性・安定性を加えた開発サイクルについて考えていきます。

バックナンバー

No12(2009.04)

今回のSoulHackで主に取りあげるのは,梅田望夫の「ウェブ時代をゆく」という本です。

No11(2009.03)

今回のSoulHackで取りあげるのは,阿部謹也の「世間学への招待」と他1冊の本です。

No10(2009.02)

今回のSoulHackで取りあげるのは,山本七平の「空気の研究」という本です。

No9(2009.01)

今回のSoulHackで取りあげるのは,アーノルド・ミンデルの「紛争の心理学」という本です。

No8(2008.12)

今回のSoulHackで取りあげるのは,河合隼雄氏の「カウンセリングを語る」という本です。

No7(2008.11)

特集:2008年度日本OSS貢献者賞受賞者インタビュー

No6(2008.10)

特集:エンジニアの実践的キャリアアップ思考法

No5(2008.09)

特集:事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

No4(2008.08)

特集:ゼロからはじめるPSP

No3(2008.07)

特集:今こそ使える! プロトタイピング

No2(2008.06)

特集:「開発スタイル」開発法

No1(2008.05)

特集:エンジニアが身につけたい基本スキル 2008

-->