玩式草子─ソフトウェアとたわむれる日々

第1回 ソフトウェア・ツールズとLinux

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

はじめに

今回から「玩式草子」(がんしきそうし)というタイトルで連載を始めることになりましたPlamo Linuxのまとめ役の こじまみつひろ と申します。

このサイトでは,過去に「ソースコード・リテラシーのススメ」というタイトルで,各種ドキュメントやソースコードの読み方について紹介するような記事を連載をしたことがありますが,今回は多少趣きを変えて,Linuxやオープンソースソフトウェア(OSS)の面白さや楽しみ方を,より読み物風に語ってみたいと思います。

今回は最初なので,やや「そもそも論」的になりますが,私の考えるLinuxの面白さについて考えてみます。

Slackware 3.xを元に,日本語やノートPCにより適した環境を作るためにPlamo Linuxという名でディストリビューションの開発を始めて10年以上の年月が経ちました。本来飽きっぽい性格の私が,1つのプロジェクトをこれだけ長く続けることができたのは,メンテナとして協力してくれる仲間たちやユーザとして支援してくれる人たちのおかげであることは言うまでもありませんが,私にとってLinuxを使うことが「面白く」「楽しい」ことが最大の理由のように感じます。

なぜLinuxを使うことが「面白く」「楽しい」のか,一方,Windowsを使う時にはなぜ「窮屈さ」「息苦しさ」を感じるのか,そこにはWindowsとLinuxのソフトウェアに対する考え方の違いがあるでしょう。

最近ではGNOMEやKDEといった統合デスクトップ環境が充実し,LinuxでもWindowsと同じように,GUI環境からほとんどの作業ができるようになりましたが,Linuxやその元となったUnixではソフトウェア・ツールズ(Software Tools)という考え方が基本になっています。「ソフトウェア・ツールズ」の考え方では,多数の機能をもった大きなソフトウェアではなく,1つの仕事をうまくこなす小さなソフトウェアを組み合わせて,複雑で大きな処理を実現しようとします。

この思想を実現するために,UNIXはsedcutsortといった一つの機能に特化したツールを多数生み出し,それらはGNUプロジェクトによる再実装を経て,Linuxにも受け継がれています。

一方,Windows用で代表される最近のアプリケーションソフトウェアでは,あらゆる機能を詰め込んだ1つの大きなソフトウェアで全ての処理を実施しようとします。そのため,それぞれのアプリケーション・ソフトウェアの規模は大きくなりますし,アプリケーションソフトウェアごとに独自の操作方法を習得する必要があります。

GUIとソフトウェア・ツールズ

両者の違いをデータファイルの操作法で見てみることにしましょう。ある程度大規模なデータの例として,郵便事業株式会社が提供している郵便番号データのうち,大口事業所に個別の番号が割り当てられている「大口事業所個別番号データ」を操作してみます。

この日本全国の大口事業所の郵便番号データから,今,私が住んでいる兵庫県三木市に割り当てられている大口事業所とその郵便番号を取り出してみましょう。

まず,アプリケーション・ソフトウェアを使う例として,OpenOffice.org 3.1を使ってみます。OpenOffice.org の場合,CSV形式のデータを指定して開くと,自動的に変換ダイアログが表示され,文字コード(Shift_JIS)を指定してやればOpenOffice/Calcに読み込まれます。

画像

このファイルには2万行を超えるデータが含まれているので読み込みにしばらく待たされた後,表示される巨大な表をスクロールして必要な部分を探します。

画像

必要な部分をマウスで選択してコピーし,別のシートに貼り付けます

画像

事業所名と郵便番号のみを残して,残りの欄を削除して必要なデータにします。

画像

これら一連の操作はキーボードを使わずにマウス操作のみで可能なので,キーボードに不慣れな人でも必要なデータを入手することは可能でしょう。

著者プロフィール

こじまみつひろ

Plamo Linuxとりまとめ役。もともとは人類学的にハッカー文化を研究しようとしていたものの,いつの間にかミイラ取りがミイラになってOSSの世界にどっぷりと漬かってしまいました。最近は田舎に隠棲して半農半自営な生活をしながらソフトウェアと戯れています。

URLhttp://www.linet.gr.jp/~kojima/Plamo/index.html

コメント

コメントの記入