玩式草子─ソフトウェアとたわむれる日々

第54回 Plamo-5.2と更新されたパッケージ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7.5 分

更新したパッケージの概要

前節の方法を使ってPlamo-5.1から5.2の間で更新されたパッケージを抽出し,各カテゴリごとにまとめると共に,Plamo-5.1で採用していたバージョンも併記して,バージョン等がどれくらい変ったかを整理してみました。

00_base

このカテゴリはLinux環境を構築するための必須パッケージを収めています。更新されたパッケージは21個で,ソフトウェアのバージョンが上がったものが9つ,設定等を調整してビルドし直したものが11,新たに追加したものが1つでした。

表1 Plamo-5.1→5.2で更新されたパッケージ一覧(00_base)

Plamo-5.1 のパッケージPlamo-5.2のパッケージ
kernel-3.9.3_plamoSMP-i586-P1.txzkernel-3.12.5_plamoSMP-i586-P1.txz
iproute2-3.8.0-i586-P1.txziproute2-3.12.0-i586-P1.txz
btrfs_progs-20121105-i586-P1.txzbtrfs_progs-3.12-i586-P1.txz
less-444-i586-P1.txzless-382-i586-P2.txz
linux_firmware-201303-noarch-P1.txzlinux_firmware-201311-noarch-P1.txz
openssh-6.2p1-i586-P2.txzopenssh-6.4p1-i586-P1.txz
openssl-1.0.0k-i586-P1.txzopenssl-1.0.1e-i586-P2.txz
sudo-1.7.10p7-i586-P1.txzsudo-1.8.8-i586-P1.txz
hdsetup-5.1-i586-P1.txzhdsetup-5.2-i586-P1.txz
(not exists)lsb_release-1.4-noarch-P1.txz
aaa_base-5.0-noarch-P1.txzaaa_base-5.0-noarch-P2.txz
bzip2-1.0.6-i586-P1.tgzbzip2-1.0.6-i586-P3.txz
dhcp-4.2.5_P1-i586-P1.txzdhcp-4.2.5_P1-i586-P2.txz
etc-5.0-noarch-P18.txzetc-5.0-noarch-P21.txz
glibc-2.16.0-i586-P5.txzglibc-2.16.0-i586-P6.txz
kmod-13-i586-P2.txzkmod-13-i586-P3.txz
libtirpc-0.2.3-i586-P1.txzlibtirpc-0.2.3-i586-P2.txz
network_configs-0.1-noarch-P2.txznetwork_configs-0.1-noarch-P3.txz
nvi-1.79-i586-P3.txznvi-1.79-i586-P4.txz
shadow-4.1.4.2-i586-P10.txzshadow-4.1.4.2-i586-P13.txz
sysvinit-2.88dsf-i586-P5.txzsysvinit-2.88dsf-i586-P10.txz

linuxカーネルは3.9.3から3.12.5へ,iproute2も3.8から3.12へ,btrfs_progsも日付けのバージョンから3.12という正式バージョンへ,それぞれバージョンアップしています。

ネットワークセキュリティの要(かなめ)であるopenssh/opensslも,半年強の間に複数回バージョンアップしているようです。lessのバージョンが下がっているのは奇異に感じますが,これはless-444では日本語回りの処理が不十分だったため,動作する日本語パッチが存在するバージョンに戻したためです。

一方,このカテゴリでは,ソフトウェアのバージョンは変わらないままP2やP6といったビルド番号のみが増えているパッケージも多く,バージョンアップよりも細部のチューニングによって更新されたパッケージが多いようです。

01_minimum

このカテゴリにはC/C++の開発環境やネットワーク用のツール等,GUIを必要としない基本ツールを収めています。

表2 Plamo-5.1→5.2で更新されたパッケージ一覧(01_minimum)

Plamo-5.1Plamo-5.2
automake-1.12.4-i586-P1.txzautomake-1.13.4-i586-P1.txz
kernel_headers-3.9.3_plamoSMP-i386-P1.txzkernel_headers-3.12.5_plamoSMP-i386-P1.txz
gnupg-2.0.19-i586-P1.txzgnupg-2.0.22-i586-P1.txz
libgpg_error-1.10-i586-P1.txzlibgpg_error-1.12-i586-P1.txz
gpgme-1.3.1-i586-P1.txzgpgme-1.4.3-i586-P2.txz
libgcrypt-1.5.1-i586-P1.txzlibgcrypt-1.5.3-i586-P1.txz
bind-9.9.2_P2-i586-P1.txzbind-9.9.4-i586-P1.txz
curl-7.30.0-i586-P1.txzcurl-7.33.0-i586-P1.txz
ethtool-2.6.36-i586-P1.txzethtool-3.10-i586-P1.txz
libpcap-1.2.1-i586-P1.txzlibpcap-1.4.0-i586-P1.txz
postfix-2.10.0-i586-P1.txzpostfix-2.10.2-i586-P1.txz
rsync-3.0.8-i586-P1.txzrsync-3.1.0-i586-P1.txz
wpa_supplicant-1.0-i586-P1.txzwpa_supplicant-2.0-i586-P1.txz
nfs_utils-1.2.5-i586-P2.txznfs_utils-1.2.9-i586-P1.txz
autofs-5.0.6-i586-P2.txzautofs-5.0.7-i586-P2.txz
libusb-1.0.8-i586-P1.tgzlibusb-1.0.9-i586-P1.txz
ruby-1.9.3_p392-i586-P1.txzruby-2.0.0_p353-i586-P1.txz
sqlite-3.7.16.1-i586-P1.txzsqlite-3.8.0.2-i586-P1.txz
(not exists)elfutils-0.157-i586-P1.txz
(not exists)iw-3.10-i586-P1.txz
(not exists)dnsmasq-2.66-i586-P1.txz
(not exists)hostapd-2.0-i586-P1.txz
(not exists)parprouted-0.7-i586-P1.txz
(not exists)open_iscsi-2.0_873-i586-P2.txz
(not exists)cryptsetup-1.6.2-i586-P1.txz
libc-2.16.0-i586-P5.txzlibc-2.16.0-i586-P6.txz
libtool-2.4.2-i586-P1.txzlibtool-2.4.2-i586-P2.txz
bsd_games-2.17-i586-P2.txzbsd_games-2.17-i586-P3.txz
hddtemp-0.3_beta15-i586-P1.tgzhddtemp-0.3_beta15-i586-P3.txz

このカテゴリではソフトウェアのバージョンアップが18,新しく追加されたパッケージが7,設定ファイル等を修正した再ビルドが4,という結果になり,バージョンアップしたソフトウェアが目立ちます。

特にethtool-3.10, wpa_supplicant-2.0, ruby-2.0.0の3種ではメジャーバージョン(バージョン番号の一桁目)が更新されているので,互換性等に問題が無いか注意しておく必要がありそうです。

02_x11

先にも触れたようにPlamo-5.2ではX Window System一式を更新したので,このカテゴリでは大量のパッケージを更新しています。

更新したパッケージは87個でリストアップは省きますが,77個がソフトウェアのバージョンアップ,10個が新規パッケージの追加でした。

X Window System回りは,Plamo-5.0で採用したX11R77以来の1年半ぶりの更新です。X11R78のリリーススケジュールは未定なものの,構成するソフトウェアはほぼ全てバージョンアップしており,開発は着実に進んでいるようです。

03_xclassic

このカテゴリは,XfceやKDEといった統合デスクトップ環境が生まれる以前の,かなり古いX用ソフトウェアを集めています。今回のアップデートで更新したパッケージは2個,1つは再ビルドで,もう1つはソフトウェアのバージョンアップでした。

表3 Plamo-5.1→5.2で更新されたパッケージ一覧(03_xclassic)

Plamo-5.1Plamo-5.2
FreeWnn-1.1.1_a021-i586-P4.txzFreeWnn-1.1.1_a022-i586-P1.txz
TiMidity++-2.14.0-i586-P1.txzTiMidity++-2.14.0-i586-P2.txz

FreeWnnは,7年8ヵ月ぶりにソフトウェアのバージョンが上がったそうです。

04_xapps

このカテゴリは,firefoxやgimpなど特定のデスクトップ環境に依存しないX用ソフトウェアを集めています。firefoxやthunderbirdはこの7ヵ月の間にずいぶんバージョン番号が進んでいて,開発の活発さをうかがわせます。

表4 Plamo-5.1→5.2で更新されたパッケージ一覧(04_xapps)

Plamo-5.1Plamo-5.2
gimp-2.8.0-i586-P1.txzgimp-2.8.4-i586-P1.txz
hplip-3.12.10a-i586-P1.txzhplip-3.13.10-i586-P1.txz
GraphicsMagick-1.3.16-i586-P1.txzGraphicsMagick-1.3.18-i586-P1.txz
dbus-1.6.8-i586-P1.txzdbus-1.6.18-i586-P1.txz
dbus_glib-0.100.1-i586-P1.txzdbus_glib-0.100.2-i586-P1.txz
nspr-4.9.6-i586-P1.txznspr-4.10.2-i586-P1.txz
glib-2.34.3-i586-P2.txzglib-2.36.4-i586-P1.txz
librsvg-2.36.1-i586-P1.txzlibrsvg-2.40.0-i586-P1.txz
nss-3.14.3-i586-P1.txznss-3.15.3-i586-P1.txz
polkit-0.107-i586-P2.txzpolkit-0.112-i586-P1.txz
thunderbird-17.0.6-i586-P1.txzthunderbird-24.2.0-i586-P1.txz
firefox-21.0-i586-P1.txzfirefox-26.0-i586-P2.txz
gegl-0.2.0-i586-P2.txzgegl-0.2.0-i586-P3.txz
system_config_printer-1.3.11-i586-P1.txzsystem_config_printer-1.3.11-i586-P2.txz
poppler-0.20.3-i586-P1.txzpoppler-0.20.3-i586-P2.txz

著者プロフィール

こじまみつひろ

Plamo Linuxとりまとめ役。もともとは人類学的にハッカー文化を研究しようとしていたものの,いつの間にかミイラ取りがミイラになってOSSの世界にどっぷりと漬かってしまいました。最近は田舎に隠棲して半農半自営な生活をしながらソフトウェアと戯れています。

URLhttp://www.linet.gr.jp/~kojima/Plamo/index.html