玩式草子─ソフトウェアとたわむれる日々

第54回 Plamo-5.2と更新されたパッケージ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7.5 分

05_ext

このカテゴリには,XfceやKDEといった,統合デスクトップ環境が共通に利用するソフトウェアを集めています。ここでは23がバージョンアップ,17が新規追加,4つが再ビルドでした。

表5 Plamo-5.1→5.2で更新されたパッケージ一覧(05_ext)

Plamo-5.1Plamo-5.2
ffmpeg-1.2-i586-P2.txzffmpeg-1.2.4-i586-P1.txz
obexd-0.47-i586-P1.txzobexd-0.48-i586-P1.txz
boost-1.53.0-i586-P1.txzboost-1.54.0-i586-P1.txz
git-1.8.1.4-i586-P1.txzgit-1.8.4.4-i586-P2.txz
jre-1.7.0_21-i586-P1.txzjre-1.7.0_25-i586-P1.txz
qt-4.8.4-i586-P1.txzqt-4.8.5-i586-P3.txz
lua-5.1.4-i586-P3.txzlua-5.1.5-i586-P1.txz
subversion-1.7.6-i586-P1.txzsubversion-1.7.10-i586-P1.txz
httpd-2.4.4-i586-P4.txzhttpd-2.4.7-i586-P1.txz
lftp-4.4.4-i586-P1.txzlftp-4.4.6-i586-P1.txz
php-5.4.15-i586-P2.txzphp-5.5.7-i586-P1.txz
proftpd-1.3.4c-i586-P1.txzproftpd-1.3.4d-i586-P1.txz
samba-3.6.12-i586-P1.txzsamba-3.6.22-i586-P1.txz
perl_XML_Simple-2.18-i586-P2.txzperl_XML_Simple-2.20-i586-P3.txz
pyqt-4.9.4-i586-P1.txzpyqt-4.10.3-i586-P1.txz
sip-4.13.3-i586-P1.txzsip-4.15.3-i586-P1.txz
lcms2-2.3-i586-P1.txzlcms2-2.5-i586-P2.txz
libical-0.48-i586-P1.txzlibical-1.0-i586-P2.txz
taglib-1.8-i586-P1.txztaglib-1.9.1-i586-P1.txz
upower-0.9.18-i586-P1.txzupower-0.9.23-i586-P2.txz
libarchive-3.0.4-i586-P1.txzlibarchive-3.1.2-i586-P2.txz
libmng-1.0.10-i586-P2.txzlibmng-2.0.2-i586-P2.txz
(not exists)celt-0.5.1.3-i586-P2.txz
(not exists)mercurial-2.7-i586-P1.txz
(not exists)yajl-2.0.1-i586-P2.txz
(not exists)docbook2X-0.8.8-i586-P1.txz
(not exists)perl_XML_NamespaceSupport-1.11-i586-P1.txz
(not exists)perl_XML_SAX_Base-1.08-i586-P1.txz
(not exists)perl_XML_SAX-0.99-i586-P2.txz
(not exists)docutils-0.11-i586-P1.txz
(not exists)ipaddr_py-2.1.10-i586-P2.txz
(not exists)pyparsing-2.0.1-i586-P2.txz
(not exists)urlgrabber-3.9.1-i586-P2.txz
(not exists)graphviz-2.34.0-i586-P3.txz
(not exists)youtube_dl-2013.10.23.2-i586-P1.txz
(not exists)Python3-3.3.2-i586-P3.txz
(not exists)dmidecode-2.12-i586-P1.txz
(not exists)usbredir-0.6-i586-P1.txz
(not exists)vte3-0.34.7-i586-P3.txz
icu-49.1.2-i586-P1.txzicu-49.1.2-i586-P2.txz
gtk_vnc-0.5.2-i586-P1.txzgtk_vnc-0.5.2-i586-P5.txz
remctl-3.2-i586-P1.txzremctl-3.2-i586-P2.txz
zope.interface-3.7.0-i586-P1.txzzope.interface-3.7.0-i586-P2.txz
udisks2-1.98.0-i586-P1.txzudisks2-1.98.0-i586-P2.txz

このカテゴリは以前から整理が不十分で,関連性の低いパッケージの仮置き場的になっているのが気になっていました。今回の更新でもあれこれパッケージが追加され,混乱の度が増しているようなので,そろそろ本格的な整理が必要そうです。

06_xfce

このカテゴリに収めているXfceデスクトップ環境は,広く利用されているものの開発ペースはのんびりしており,現在でも2012年4月に公開されたXfce-4.10が公式の最新バージョンです。今回の更新でもソフトウェアのバージョンアップはなく,ライブラリ等の更新を反映した再構築のみでした。

表6 Plamo-5.1→5.2で更新されたパッケージ一覧(06_xfce)

Plamo-5.1Plamo-5.2
orage-4.8.3-i586-P1.txzorage-4.8.3-i586-P3.txz
thunar_volman-0.8.0-i586-P1.txzthunar_volman-0.8.0-i586-P5.txz

KDEのように数ヵ月ごとにバージョンアップされるのも大変ですが,Xfceのように長く公式リリースが無いのもどうなっているのか心配になります。Googleで調べてみると,開発版であるXfce-4.11というバージョンはリリースされているようなので,手が空いたら調べてみることにしましょう。

07_kde

KDEデスクトップ環境は4.9.5から4.11.3にバージョンアップしたので,パッケージ類は全面的に更新しています。大量になるのでリストは省略しますが,ソフトウェアのバージョンアップが103,追加が75でした。

KDE-4.11では,KDE-4.9のころにあったkdegamesやkdetoysといった大きな括りが廃されて,それぞれに含まれていたソフトウェアが独立に扱われるようになったため,追加パッケージが急増したようです。

08_tex

このカテゴリで更新したパッケージはありませんでした。もっとも,ここに収録しているptexlive-2010は既に開発が終了しているので,今後はtexlive等の現状を確認しながら,このカテゴリをどうするか考えることになりそうです。

09_kernel

カーネルのバージョンを上げたので,カーネルのソースコードのバージョンも上っています。

表7 Plamo-5.1→5.2で更新されたパッケージ一覧(09_kernel)

Plamo-5.1Plamo-5.2
kernelsrc-3.9.3_plamoSMP-noarch-P1.txz kernelsrc-3.12.5_plamoSMP-noarch-P1.txz

ついでにパッケージのサイズを見てみると,3.9.3の73MBに対し3.12.5では78MBになっていました。サイズの点からもlinuxカーネルの着実な成長は見てとれそうです。

10_lof

LibreOfficeのバージョンを4.0.2から4.1.3に更新したため,このカテゴリも全パッケージを更新しています。内訳は,ソフトウェアのバージョンアップが60,追加が2という結果で,LibreOfficeもKDE同様,ソフトウェアの切り分け方を多少変更しているようです。

11_mate

Mateデスクトップ環境はPlamo-5.2で新規に追加したので,このカテゴリでは24のパッケージが追加となりました。


以上,32ビット版を元にざっとカテゴリごとにパッケージの更新状況を眺めてみました。Plamo-5.2での更新は,メンテナンス・リリースが前提だったため,各ソフトウェアの最新バージョンを追いかけるよりも,過去との互換性を重視したバージョンを選んでいます。そのため,ここで紹介したバージョンが各ソフトウェアの開発状況をそのまま反映しているわけではありません。しかしながら,ネットワークやセキュリティ関連のソフトウェアはバージョンアップの頻度が高く,開発系のツールがそれに続き,基本ツールの類いは「枯れた」状況になっていることは,今回の結果からも見てとれると思います。

Plamo Linuxの次のバージョンは,GCCやglibcを含めて最新バージョンを追求した「6.0」にしたいなぁ…… と考えてはいるものの,どの程度まで基盤部分に手を入れるかは現在も思案中というところです。

著者プロフィール

こじまみつひろ

Plamo Linuxとりまとめ役。もともとは人類学的にハッカー文化を研究しようとしていたものの,いつの間にかミイラ取りがミイラになってOSSの世界にどっぷりと漬かってしまいました。最近は田舎に隠棲して半農半自営な生活をしながらソフトウェアと戯れています。

URLhttp://www.linet.gr.jp/~kojima/Plamo/index.html