モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

第6回 効果はいかほど? クライアント座談会

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

③ 自然とグラフィックを眺めてしまう “場のデザイン”も重要

こちらは2泊3日の研修でコーヒーやお菓子が置いてある休憩スペースにグラフィックを貼り出したときの様子。休憩時間に壁に貼ってあるグラフィックを眺めている参加者たちに生まれた「主体的な」「生成的な」シーンを描きました。

こちらは2泊3日の研修でコーヒーやお菓子が置いてある休憩スペースにグラフィックを貼り出したときの様子。休憩時間に壁に貼ってあるグラフィックを眺めている参加者たちに生まれた「主体的な」⁠生成的な」シーンを描きました。

④ 「オレの頭の中をグラフィックにしてくれ~っ!」

「じぶんの頭の中にあるイメージを絵にしてほしい!」というリーダーならではの心の叫びを描きとめておきました。 「特に抽象度の高い話や未来のことなど不確実なテーマについて議論しているときに絵は有効」という話もありました。

「じぶんの頭の中にあるイメージを絵にしてほしい!」というリーダーならではの心の叫びを描きとめておきました。 ⁠特に抽象度の高い話や未来のことなど不確実なテーマについて議論しているときに絵は有効」という話もありました。

⑤ コミュニケーションにおけるグラフィックのポジションと は

「面と向かったコミュニケーションよりも,間に何かワンクッション置くほうが議論しやすいんだよね」という話から「グラフィックは理に叶っている」とのこと。議論に混ぜてもらった“グラフィックくん”を描いてみたら,仲間に入れてもらえたうれしさから,遠くにいた人たちにまで勝手に呼びかけ「あなたもこちらへどうぞどうぞ」と誘っている絵をつい描いてしまいまいした。

「面と向かったコミュニケーションよりも,間に何かワンクッション置くほうが議論しやすいんだよね」という話から「グラフィックは理に叶っている」とのこと。議論に混ぜてもらった⁠グラフィックくん⁠を描いてみたら,仲間に入れてもらえたうれしさから,遠くにいた人たちにまで勝手に呼びかけ「あなたもこちらへどうぞどうぞ」と誘っている絵をつい描いてしまいまいした。

著者プロフィール

やまざきゆにこ

様々な議論の現場で,グラフィックファシリテーション(=グラフィックレコード+グラフィックフィードバック+グラフィックダイアログ)を実施する。300人超のシンポジウムから,企業も国籍も違う参加者の集まる研究会,組織を横断したプロジェクト,経営者・リーダークラスのビジョン研修,組織研修,顧客との協働プロジェクトなど多岐に渡る。企業・組織の事業判断・意思決定,プロジェクトや個人の意識・行動変革の一助になればと"絵筆を持って"活動中。

グラフィックファシリテーター(graphicfacilitator)は,やまざきゆにこの商標登録です。

グラフィックファシリテーション.jp:http://www.graphic-facilitation.jp/

バックナンバー

モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

バックナンバー一覧