モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

第14回 「議論を上手に整理したい」と思っている人へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

グラフィックファシリテーターのやまざきゆにこです。さて,前回に引続き,「どうやって議論を整理しているんですか?」という質問に答えます。

グラフィックファシリテーション(※以下「GF」)では,最初からきちんと〈整理する〉つもりで描いていません。議論をまずは,ただ,ただ〈拾う〉のみ。しかし,「GFで"構造化"はできないのか」「GFで議論はまとめられないのか」というと,全くそういうことはありません。「出来上がったグラフィックを後から見直すと,ある関係性が見えてきたり,新たな分類ができたりと,必ず何かが〈整理〉されているんです。

今回はそんな「GF」が教えてくれる〈整理〉の仕方から,日々の議論の進め方に使える思考のヒントを探ってみます。

"時間差"で整理されてくるものがある

Q1:頭の中を整理するときにグラフィックで構造化することで理解が深まる。
チャートもその一つですし,ビジネスの世界では有効な手段。
ゆにさんの「GF」では,どうやって議論を整理しているんですか?

A1-1:しばらくすると,グラフィックが,時に全く違う視点で
〈整理してくれる〉から,面白い!

GFは,絵にする記録作業(下記①)の珍しさに目がいきがちですが,じつはGFの底力は,絵になったものから見えてくること(下記②③)を読み解いて,次のアクションにつなげられるところなんです。

当日の『グラフィックファシリテーション』は以下の流れで進みます。

私はまずは,ひたすら黙って部屋の後ろで壁に向かって筆を動かしています(上記①)。そして1~2時間して議論が小休止するようなタイミングで,「なぜこんな絵を描いたのか」といった説明をその場でみなさんにフィードバックします(上記②)。時間にしては5分程度の簡単なものですが,そのとき必ず特徴ある絵や色を見つけることができるんです。

先日のグラフィックでは,〈水色の雲で囲んだ絵(下記左の絵)〉と〈緑色の地面の絵(下記右の絵)〉があちらこちらに現れているのに気づきました(下記以外にも複数出現)。

画像 画像

それらをよくよく見てみると,次の2つに分けられていることがわかりました。

  • 左の絵:〈水色の雲で囲んだ絵〉=ネット上のサービス利用シーン
  • 右の絵:〈緑色の地面の絵〉=実社会での携帯利用シーン

絵をタタキ台にして,こうした発見や気付きをフィードバックしながら,皆さんとこれまでの議論を振り返り,対話を深めていきます(上記③)

A1-2:「GF」では,
〈整理する〉は"後から"ついてくる

当初から〈整理する〉つもりで描いていれば,きれいに紙の上方に〈ネット上〉の利用シーンを描き,下方に〈実社会〉での利用シーンと,分けて描けるのでしょうが,実際その会議では「今期の課題/来期の施策」という議題で進行していました。サービス利用シーン〈ネット〉と〈実社会〉に分けて議論されてはいませんでした。そのときの私も,描いている時点では,「外を歩いている絵になったから→緑色に塗ってみた」だけ,「ネット上のサービスを楽しんでいる様子は→さっき(外の絵)とは違う色(水色)で囲んでみた」だけです。

最初は出来上がった絵を振り返っても,それぞれ何のつながりもない絵がバラバラと描かれているだけに見えます。特に参加者が自由に発言する場ではたいていそういう絵に仕上がります。

でも,そんな絵こそ改めてじっくり見直すと,例えば今回のように〈水色〉や〈緑色〉の絵が「それぞれ仲間同士の絵だった」ということが見つかります。すると,ものすごく〈発散〉しているだけのように見えていた議論が,一気に〈収束〉していく,といったことが起こるんです。

GFの"議論を絵にする"という手法には,議論の中で聞こえてくる微妙な違和感,空気感が絵そのものや色,大きさ,形に現われるという特徴があります。そしてそれが意外に議論を〈整理する〉上で,大事な要素になっています(※絵を描かなくても感情を拾う方法は主に第13回で紹介)。

著者プロフィール

やまざきゆにこ

様々な議論の現場で,グラフィックファシリテーション(=グラフィックレコード+グラフィックフィードバック+グラフィックダイアログ)を実施する。300人超のシンポジウムから,企業も国籍も違う参加者の集まる研究会,組織を横断したプロジェクト,経営者・リーダークラスのビジョン研修,組織研修,顧客との協働プロジェクトなど多岐に渡る。企業・組織の事業判断・意思決定,プロジェクトや個人の意識・行動変革の一助になればと"絵筆を持って"活動中。

グラフィックファシリテーター(graphicfacilitator)は,やまざきゆにこの商標登録です。

グラフィックファシリテーション.jp:http://www.graphic-facilitation.jp/

バックナンバー

モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

バックナンバー一覧

コメント

  • 議論の結論

    会議や議論の場では、どうしても話をまとめたい、議論を整理したい、結論をはっきりさせたい、という思いがでてきますね。

    でも、あんまり簡単に結論を出すことよりも、皆の意見や本音を十分に引き出すことも大事なことだと私もそう思います。

    たとえ本筋に関係ない発言であっても、大多数の出席者には関心のない発言であっても、その発言者にはその時、そのことがいいたいことであるならば、そのための時間を割くべきだと考えますね。

    それぞれの意見を充分に引き出してからでないと、「共感」には至らないのではないかと思います。

    議論には発散と収束のフェーズが両方必要ではないかと思いますが、実際にはなかなか難しくてうまくいきません。「共感」によって、目的意識をそろえることがはじめの一歩なのかもしれません。

    「無理やりフレームに当てはめる気持ちの悪さ」って、よくわかるなぁ。

    Commented : #1  くろめがね (2008/08/30, 19:37)

コメントの記入