モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

第15回 "絵に描いた餅"で終わらせないで~っ!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

こんにちは。グラフィックファシリテーターのやまざきゆにこです。今回はグラフィックダイアログ〈対話〉の効果について書いてみます。

グラフィックダイアログ〈対話〉の効果

「グラフィックファシリテーション(※以下「GF」)」を体験された方の感想を聞いていると,たいていは絵を見て「文字より記憶に残る!」「この絵はずっと覚えている!」と言ってくれます。「自分の意見が絵になってうれしい」とおっしゃる方もいます。

しかし,私は「そこで満足しないでくださいね」と常々言っています。確かにその人たちのために描いた絵ですから,オーダーメイドの絵を受け取ったうれしさを感じてもらえたら,描いた私もうれしいです。でも,その中からさらに「これは自分にとって大事な絵だ!」というものを見つけて持ち帰る人とそうでない人の差は,その絵を使って参加者同士で〈対話〉を深めたかどうかで大きく違ってくることがわかってきました。

たとえば,次のような影響を受けることがあるそうです。

  • 判断に迷ったときに立ち返る絵になる。
  • 意思決定するときに目指す方向に掲げる絵になる。

このほかにも,大きな決断をするときにみんなの意志を1つにできる絵の力の大きさを感じている人もいれば,日々の自身のちょっとした発言や行動,判断,意思決定のときに思い出せる絵になっている人,または 答えの出ない"問い"を投げかけてくるような絵が日々の思考や行動をじわじわと変えていると実感している人もいます。

いずれにしても,そんな底力のある絵を持ち帰れるかどうか。それは〈対話〉次第。といっても,〈対話〉とは大それた議論を交わすイメージではありません。1分でも2分でも3分でも,絵を見て感じた人が何かを語り,だれかがそれを聞いているだけで違ってくるんです。次のようなやりとりも〈対話〉の1つ。実際描いた絵を使ってご紹介します。

描いた議論を"絵空事で終わらせない"大事な時間 =〈対話〉

次の絵は,ある会社の部門の研修で描いた二枚の絵です。左がその部門の〈現状〉を,右は今後こうなりたいとみなさんが語り合っていた内容を絵にした〈未来〉です(※それぞれ絵の一部を切り出した状態です)。

画像 画像

もう少し詳しく説明すると,その部門は,新しく出来た組織で事業領域も新しい。試行錯誤をしながら独自の活動を自由に広げているイメージから,〈現状〉の左の絵では,学校の裏山で楽しく部活動をしている絵を描きました。左下の「学校」が会社全体または母体事業のイメージ。その学校裏にある「部室」(絵:右下の四角い箱)で,裏門から自由に抜け出し,裏の畑や野山でいろいろなことをとにかく楽しそうに試している様子がその部門のイメージです。畑を耕して新たなビジネスという種をいくつも蒔いて育てています。

一方,右の〈未来〉の絵は「もっと面白い仕事をしたい」「いい仕事をしたい」「既成の枠にとらわれず」「どんな課題にも応えたい」など,なんとなくフリースタイルなイメージから,空を飛ぶ気球の絵を描いたのですが…

ここで私の筆がウンウンと悩み始めました。どうしても,この右の絵と左の絵がつながらないんです。「裏山を駆けていた彼らが,どうして突然気球に乗って空を飛んでいるんだろう?」。〈現在〉の裏山と〈未来〉の空中の絵がつながらない。グラフィックフィードバックのタイミングでそのままをお伝えしました。「なんだかうまく絵がつながらないんです」と。

その後,みんなで絵を見ながら感じたままに話をします。グラフィックダイアログ〈対話〉の時間です。全部で5枚の絵が並んでいて,どの絵について話をしてもいいのです。しかしこのときは,しばらく皆さんも立って絵を見つめたまま「ウ~ン」と考え込んでしまい沈黙が続きました。そしてしばらくして,一人の方がおっしゃったんです。

「きっとこの〈現在〉と〈未来〉の絵の間に,もう2枚ぐらい紙が必要だ」と。

答えはすぐに出ない,もどかしい時間 =〈対話〉

「そうだね」「そうかもしれないね」「実現性のある〈未来〉でなければいけないね」。そこで一気に全体がぐっと1つになった感じを受けたのを今でも覚えています。これから〈未来〉を語りあうタイミングでしたが,議論の流れがもう一度〈現状〉把握へとしっかり戻っていきました。絵空事を語るのではなく,地に足のついた議論に戻っていった感覚です。

絵を見て感じたままに話をする〈対話〉は,楽しい時間ばかりとは言い切れません。このように,みんなが考え込んでしまい沈黙が続いたりする苦しい時間になることもあります。でも,3分でも5分でもいいんです。一度席を立って,みんなでグラフィックに向かって,そして再び席に戻ると,メンバーの気持ちがさっきよりも1つになっています。絵を持ち帰った次の日でも,「あのときの絵」を土台に話をできます。絵に向きあって〈対話〉に時間を割いた分だけ,合意がつくりやすくなっています

こうした言葉を参加者同士が交わさずに,「わ~,すごーい!」と絵になったことだけに感心して帰ってしまっては本当にもったいないんです。〈対話〉の時間を持たずに帰った絵と,〈対話〉の時間を持って帰った絵とでは,その後,その人たちに起こる変化はまったく違うんです。「同じ絵を見ている」それだけでも十分価値はありますが,さらにもう一歩,そこに〈対話〉したことで,ぐっとその先への議論が具体的に進み,深くなって,ますます「自分たちの絵」になっていくんです。

著者プロフィール

やまざきゆにこ

様々な議論の現場で,グラフィックファシリテーション(=グラフィックレコード+グラフィックフィードバック+グラフィックダイアログ)を実施する。300人超のシンポジウムから,企業も国籍も違う参加者の集まる研究会,組織を横断したプロジェクト,経営者・リーダークラスのビジョン研修,組織研修,顧客との協働プロジェクトなど多岐に渡る。企業・組織の事業判断・意思決定,プロジェクトや個人の意識・行動変革の一助になればと"絵筆を持って"活動中。

グラフィックファシリテーター(graphicfacilitator)は,やまざきゆにこの商標登録です。

グラフィックファシリテーション.jp:http://www.graphic-facilitation.jp/

バックナンバー

モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

バックナンバー一覧

コメント

  • 議論を振り返る

    この連載の初めの方で、グラフィックファシリテーションとは議論の中の発言を拾っていくことなんだ、という説明があったと思います。その拾うという作業は、ゆにさんが行っている行為です。そこにはフィルターがかかっている。何が大事で何がそうでないか、選択がかかっている。ボイスレコーダーとは違う。議論をビデオカメラで記録することとも違う。

    マーケティングに関するゆにさんの経験と問題意識。それがフィルタリングになっているのでしょう。それがイラストレーターとグラフィックファシリテーターとの違いでもあり、ゆにさんと他のグラフィックファシリテーターとの違いでもあるのだと思います。(他のファシリテーターっているのかどうかも知りませんが)。

    個人のスキルへの依存度が高い仕事のように思います。ファシリテーターというのはそういうものかもしれません。コンサルティングも同様ですね。

    方法論として一般化することが難しい職人芸なのかもしれませんね。徒弟制度にして弟子とりますか?(笑)

    今回、絵をもとに話し合うダイアローグの重要性について書かれていますが、ホント、議論手もんはかみ合わないもんだというのが私の実感です。同じ言語で話し合っているとは思えない位、それぞれが違うことを同じ言葉で語り合っていることが多い。

    きっと抽象論で語り合っていることが多すぎるのだろうと思っていますが。

    同じ言葉を使っていても、そこに含まれる情報量が圧倒的に違ってたりする。簡単に「ニーズ」といっても、それについてどこまで深く日頃から考えているかによって、その言葉の裏にある意味の大きさが全然違ってたりするんだと思います。

    顧客視点とかいっても、その言葉に含まれる意味はひとりひとり違う。言うのは簡単だけど。簡単に言うなよ!みたいな。

    議論を振り返ってもう一度認識合わせをすることが大事だ、ということには同感ですが。

    個人的体験としては「できてねぇなぁ~」って感じなんですよね。(すみません。愚痴入っちゃいました(笑))

    Commented : #1  くろめがね (2008/10/26, 22:22)

コメントの記入