モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

第22回 お金の音がチャリ~ンと鳴る絵

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

こんにちは。グラフィックファシリテーターのやまざきゆにこです。

[お財布を持ち出してくる人の絵]が描けたら,イケる!?

先日,「100万人のキャンドルナイト」のよびかけ人代表で有名なマエキタミヤコさんの講演を絵にしていたら,至るところに人がお財布を持ち出してお金を払おうとする絵が描けました。

講演『サステナの挑戦』での二枚。サステナとは,マエキタさんが代表を勤める社会問題をテーマにしたクリエイティブエージェンシー

講演『サステナの挑戦』での二枚。サステナとは,マエキタさんが代表を勤める社会問題をテーマにしたクリエイティブエージェンシー

この人がお財布を持ち出してお金を払おうとする絵]。じつは商品開発や新規事業の検討会議などで描いている時にも,"たまに"紙面に現れてくる絵なんです。いつも描けるわけではありません。その商品のターゲット像やマーケットの可能性をいくら説明されても,[お財布を持ち出す人の絵]まで描けることは,そう多くありません。

でも,例えばその新商品のコンセプトへ込めた思いや事業アイデアを思いついた背景を聞いているうちにお財布からお金を出す人の絵が描けてくるときがあるんです。そのときの私は「この商品はイケる」「ありそうでなかった」「みんな実は欲しかったものだ」「まだ未開拓のマーケット!」と,なんだか無性にワクワクしてきます。そして思わず「あ!今,お金がチャリ~ンと落ちた音が聞こえた!」と言ってしまう絵です。

このときも,マエキタミヤコさんの,環境NGOのための広告メディアクリエイティブを手掛ける彼女が仕事へ込める思いや背景を聞いていたら,たくさんの人が「それ,いいね」「いいね,いいね」とニコニコしながら集まってくる絵が描けました。

絵の左上(点線で囲った絵)「100万人のキャンドルナイト」をよびかけたときの話。そのコンセプトに魅かれたたくさんの人たちが「いいね」「おもしろそう」「わたしも,わたしも!」と電気を消してろうそくを手にして集まる絵が自然と描けました。紙面では限りがありますが,この人の後ろにもたくさんの人がぞろぞろと集まってきているイメージです。友人や知人に「ねえねえ,キャンドルナイトって知ってる?」とクチコミする人まで描けました。こうした様子は,講演の中で具体的に語られていたわけではありません。ただ,話を聞いているうちに私の中で広がっていったイメージを描いてみました。

絵の左下は,彼女が手掛けたエコライフスタイル誌『エココロ』の話です。創刊の背景を聞いているうちに,その本を手に取る人の興味や関心の度合い,「一冊買ってみよう」とお財布を手にしている人が思い浮かんできて,そのまま絵にしてみました。これも講演の中で,お金を払って本を買ってくれる人の話がされていたわけではありません。でも,その本を書店で見つけたときに人はどんな気持ち,どんな言葉で手にするのかなと想像していたら, [その本が欲しくてお財布を取り出す人]が自然と描けてしまったという感じです。

[お財布を持ち出してくる人の絵]まで描けたら,スゴイ!?

今や私にとっては,この人がお財布を持ち出してお金を払おうとする絵は1つのバロメーターになっています。絵の中から,お金がチャリ~ンと落ちた音が聞こえたら「このコンセプトは絶対イケる!」「当たる!」「みんな待ち望んでる!」「このアイデアは絶対実現してほしい!」。

画像

具体的には,お金がチャリーンと落ちるまで,3段階の絵を描いています。

  • ① まず最初に必ず「それ,いいねー!」と "ぐぐっと"身を乗り出して指を差して言ってくる人の絵が描けます。"ぐぐっと"身を乗り出すのがポイントです。それぐらい強い引きがあるもの。逆に,棒立ちで遠くから眺めている人が多いと,その商品やコンセプトはちょっと引きが弱い。
  • ② そんな「いいねー!」と言った人の背後から,さらに後ろからも,人が「なになに?」「面白そう!」「いいね,それ!」「使ってみたい!」と口々に言って集まってくる人たちの絵が描けます。
  • ③ そして,そんな人たちの絵を描いているうちに「ぜひ欲しい」「ぜひ体験したい」と[財布を取り出してでもそれが欲しい人]がどんどん描き足せてくると,もうこれは「イケる!」と思えてくるんです。

集まる人の数がたくさん描ければ描けそうなほど,そして財布を持ちだす絵まで描けると,その商品やサービスはかなり「いいセン行ってる!」と私には思えてくるわけです。

だれも集まってこない。"絵が広がらない"のは,なぜ?

しかしその逆に,「この商品は消費者に支持される」といくら説明されても,[財布を取り出してでもそれが欲しい人]の絵が描けないのが,絵筆のこわいところです。

「すごく人気がある商品です」と説明されても一向に筆が進まない。「いいね,いいね」という声が想像できないのです。結果,その商品に人が集まってこないので,その商品の周りは余白が多く,とても寂しそうに紙面にポツンと佇んでいたりします。

"絵が広がらない"

絵が広がらない

そこで議論の当事者である人たちに質問をします。「具体的にどんな人がそれを手にしたらいいねー!と飛びつきますか?」「そのサービスを受けたらどんな気持ちですか?」と,いろいろ聞きながら,具体的に"絵を広げる"ヒントをもらいます。

しかし,この"絵が広がらない"で筆が困るとき,同時に,改めて確信することがあります。それは,白い紙に絵を描くということは〈未来に向かって描いている〉ということに他ならないんだな,ということです。

将来性のある商品や事業は"絵が広がる"んです。紙面の向こうからたくさんの人が「それいいね」「いいね」と集まってくる。その商品のコンセプトや事業方針の延長線上には,〈みんなが喜ぶ未来〉が見えるんです。"絵が広がらない"ときの視点はどこか短期的で,どっちに進んでいいのか迷っているような感じです。だから人もついてこない。

画像

著者プロフィール

やまざきゆにこ

様々な議論の現場で,グラフィックファシリテーション(=グラフィックレコード+グラフィックフィードバック+グラフィックダイアログ)を実施する。300人超のシンポジウムから,企業も国籍も違う参加者の集まる研究会,組織を横断したプロジェクト,経営者・リーダークラスのビジョン研修,組織研修,顧客との協働プロジェクトなど多岐に渡る。企業・組織の事業判断・意思決定,プロジェクトや個人の意識・行動変革の一助になればと"絵筆を持って"活動中。

グラフィックファシリテーター(graphicfacilitator)は,やまざきゆにこの商標登録です。

グラフィックファシリテーション.jp:http://www.graphic-facilitation.jp/

バックナンバー

モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

バックナンバー一覧

コメント

  • 明日がみえるか?

    今回の話はとても面白かった。
    納得感のあるテーマですね。
    新サービスにたずさわっている私にとってはとても他人事ではなく、身につまされましたけれど。
    目の前の現実だけをみた議論と、将来に目を向けた議論の違いというくだりは全くそのとおりですね。
    しかし、みんなが納得し共感してくれる『明日』がどっちなのか、その答えを探して今日も迷走続ける私であります。

    Commented : #1  くろめがね (2009/06/13, 14:09)

コメントの記入