モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

第30回 よく描く絵 オフィスに「タコ」!?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

こんにちは,グラフィックファシリテーターのやまざきゆにこです。

前回,前々回に引き続き,今回も「あれ? 前にも同じものを描いたぞ」という覚えのある絵をご紹介します。それは会社や組織の枠を超えて,もしかしたら社会全体に蔓延しているかもしれないと感じている絵です。

「タコ」の絵をよく描くという話

本当によく描く「タコ」の絵。実際の議論から聴こえてきたのは「組織がタコツボ化している」という発言です。それを聞いて,とっさに描いたのが「タコ」の絵でした。

ただ,正直に言うと「組織がタコツボ化している」という発言を聞いて,⁠タコツボ」が描けなくて…,そこでとっさに描いたのが「タコ」の絵でした。

それまで白い紙にわたしが描いていたのは,パソコンに向かって社員のみなさんが黙って仕事をする職場風景。その絵を描いている最中に聴こえてきた「タコツボ」という言葉にふと私の筆は止まりました。⁠オフィスにタコツボって…絵にすると…どんな壺?」

みなさんなら「組織がタコツボ化している」と聴いたら,どんな絵を想像しますか? 聞き慣れている言葉も,絵筆を持つと全く違うものに聴こえてきます。絵に描くとしたら…どんな壺に入りこんでいる状態?

「タコツボ」と聞いてそのときわたしの頭に思い浮かんだのは,ただそのまま,海の中に漁師が仕掛ける蛸壺。しかし,そんな蛸壺のように,素焼きの陶器のように硬くて安全な壁で囲まれた空間が,オフィスには思い当たらない。たばこ部屋でもなく,給湯室でもなく,トイレでもなく,見晴らしのいいオフィスで,蛸が逃げ込みたくなる場所が,最初はうまく描けなかったのです。

そこで苦し紛れにとっさに描いたのが「タコ」でした。上の絵のほかに,とりあえずパソコンに向かうビジネスマンの肩越しに「タコ」⁠頭の上に「タコ」⁠そしてその「タコ」たちはビジネスマンの目をふさぎ,耳をふさぎ,口をふさいでいる絵も描きました。⁠見ざる,聞かざる,言わざる」ビジネスマンをつくりあげていく「タコ」たち。まさに 前々回でご紹介した「不感症ロボット」が一人,二人とできあがっていきました。

外から見ると,タコの周りに「防御壁」

「組織がタコツボ化している」という発言はいろんな職場でよく聴きます。そのときこんな発言もあわせてよく聴きます。

  • 「職場全体に活気がない」
  • 「隣の人がどんな仕事をしているかわからない」
  • 「忙しそうだから声がかけにくい」
  • 「どうしてそんなに忙しそうなのかわからない」
  • 「何で困っているのかわかならい」
  • 「話しかけないでオーラ満載…」

これらの発言から,パソコンに向かうビジネスマンの周りを,⁠防御壁」⁠シールド」⁠バリア」のようなものが覆っている絵が描けました。

実際その防御壁(シールド,バリア)は目には見えていませんが,外から見ている人たちはどこかそれを感じ取っている。ちょっと声をかけても,手を伸ばしても,何か跳ね返されてしまう壁を感じて,気軽に肩すら叩けません。どんどん近寄り難くなって遠くから見守っている様子です。

防御壁(シールド,バリア)が描けた絵を見て,こんな組織の状態を「タコツボ」化していると言っているのかなあと思っているうちに,こんな発言も聴こえてきました。

  • 「メールでどんどん仕事の指示が振ってくる」⁠
  • 「いろんな部署から,いろんな書類の提出依頼がくる」⁠
  • 「社内会議に提出する数字や書類の準備にものすごく時間が取られる」⁠
  • 「ちょっと外出しているとCCメールも含めて大量の未読メールが…」⁠
  • 「目の前の仕事をこなすので精一杯」⁠
  • 「仕事ができるヒトほど,仕事が集まっている」⁠

そんな議論を聞いているうちに,パソコンに向かうビジネスマンの周囲に,⁠書類の山」が積み上がっていく絵が描けてきました。社内向けの資料作成やメールで依頼のあった案件など,日々処理しなければならない業務を1つ1つ「書類」にして積み上げてみました。

著者プロフィール

やまざきゆにこ

様々な議論の現場で,グラフィックファシリテーション(=グラフィックレコード+グラフィックフィードバック+グラフィックダイアログ)を実施する。300人超のシンポジウムから,企業も国籍も違う参加者の集まる研究会,組織を横断したプロジェクト,経営者・リーダークラスのビジョン研修,組織研修,顧客との協働プロジェクトなど多岐に渡る。企業・組織の事業判断・意思決定,プロジェクトや個人の意識・行動変革の一助になればと"絵筆を持って"活動中。

グラフィックファシリテーター(graphicfacilitator)は,やまざきゆにこの商標登録です。

グラフィックファシリテーション.jp:http://www.graphic-facilitation.jp/

バックナンバー

モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

バックナンバー一覧

コメント

  • 共有か

    確かにタコ壷ってあると思います。
    書類の山というのもよくわかる。

    余裕がなくなってるっていうのもきっと現実なのだと思われ。

    大きなスクリーンで仕事を共有するというアイデアになにか共感しました。物理的にみえるようにする。強制的に。それは効果ありそう。

    Commented : #1  くろめがね (2010/04/22, 00:54)

コメントの記入