モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

第36回 よく描く絵 「マイク」が描けたら「マスク」が取れた!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

こんにちは。グラフィックファシリテーターのやまざきゆにこです。

前回,目には見えない「バッテン」マスクがよく描けるという話を紹介しました。おしゃべりな人に「喋っちゃダメ!」という気持ちをこめてつけた「バッテン」⁠絵:左)と,⁠もう何も言わないゾ」と自分で自分の口を閉じた「バッテン」⁠絵:右)という2つのタイプを紹介しました。

画像 画像

どちらのタイプにも共通するのは,⁠いい表情が描けない」ということです。どちらの絵を見ても,マスクをして「黙っている」という絵は,その人本来の活き活きとした姿とは言い難い。まして組織やチームがこんなマスク姿の人たちばかりでは,活気もパワーも感じられない。

力をあわせて何かを成し遂げるには「このマスクが外れたらいいのに」⁠そう思ってその先の絵巻物を見ていると,意外にもすぐに「いい表情」が描けていました。すっかりマスクを脱いで,楽しそうに会話している人たちの絵がありました。マスクとセットでよく描かれている絵。それが今回ご紹介する「マイク」の絵です。

話を聴かせてー! インタビュー「マイク」

次の絵は,⁠マイク」を持ってその相手に身を乗り出しているヒトの絵です。本当によく描く絵です。⁠あなたのことをもっと知りたい!」⁠教えて!」⁠聴かせて!」と身を乗り出してマイクをその相手に向けています。その相手は,お互いが初対面の人もいれば,よく知る会社の仲間や上司,部下,家族や恋人など,いろんな人が当てはまります。

画像

なぜこのような絵が描けたかというと,⁠バッテン」マスクをしたじぶんたちの姿を絵巻物の中で見つけた人たちの会話からです。

「隣りの席の人が,どんな趣味を持っているか知らない」
⁠家族構成とか聞いたこともない」
⁠朝,挨拶もしないで席に座る」
⁠メンバーが何を考えているか,聞いたことがない」
⁠飲みに行っても上司の考えまで深く聞いたことはない」etc.

毎日すぐ近くに座っている仲間のことを「知らない」⁠聴いたことがない」という声が,驚くほどいろんな職場や会議から聴こえてきます。そして,そんな「気付き」にみなさん自身が触れたとき,⁠知りたい」⁠聴いてみたい」という気持ちになって,絵巻物にはこんな「マイク」を持って身を乗り出すヒトの絵として描けてきました。

「マイク」を向けられたら,「うれしい!」

しかも「マイク」が描けたとき,その絵には必ずと言っていいほど,⁠マイク」を向けた側も・向けられた側も,頬が高揚しているような,そんな活き活きとした表情が描けるのです。そして気がつけば「マイク」が登場する絵の中には,さっきまでのマスク姿の人は一人も見当たりません。

「マイク」が描かれている絵の中には,次のような絵もありました。⁠インタビューシート」が左上の女の子に「マイク」を向けている絵です。

画像

これを描いたときは,実際に参加者がペアになって,あらかじめ主催者が用意した「インタビューシート」に沿って,一人がもう一人に質問をしていました。

質問の内容は,その日の会議の議題とはまったく無関係でした。⁠学生時代のニックネームは?」⁠あなたを動物に例えるとしたら?」⁠ 思いもしない質問をされて,考え込んでしまったり,黙り込んでしまうヒトも見受けられました。でもそれは真剣に考えている証拠。耳をそばだてて聴いていると「あら? 難しい顔をしているように見えるけど,じつはとっても楽しそう」という感じなのです。

意外な質問ほど,予想外な回答をさせて場を盛り上げています。インタビューする側は,相手の意外な一面を知って楽しそう。インタビューされた側も,意外なじぶんに気付いてうれしそう。

「どうせ言っても無駄だ」と思って「もう何も言わないゾ」と口を閉じていたヒトも,⁠マイク」を向けられたら,自然とマスクを取ってしまうようです。聴いてもらえるという前提が,安心感となって,心を開くのかもしれません。

とにかく参加者のみなさんが質問しあう様子を絵に描いていると,活き活きとした表情ばかりが描けてきます。

著者プロフィール

やまざきゆにこ

様々な議論の現場で,グラフィックファシリテーション(=グラフィックレコード+グラフィックフィードバック+グラフィックダイアログ)を実施する。300人超のシンポジウムから,企業も国籍も違う参加者の集まる研究会,組織を横断したプロジェクト,経営者・リーダークラスのビジョン研修,組織研修,顧客との協働プロジェクトなど多岐に渡る。企業・組織の事業判断・意思決定,プロジェクトや個人の意識・行動変革の一助になればと"絵筆を持って"活動中。

グラフィックファシリテーター(graphicfacilitator)は,やまざきゆにこの商標登録です。

グラフィックファシリテーション.jp:http://www.graphic-facilitation.jp/

バックナンバー

モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入