GTDでお仕事カイゼン!

第9回 誰でも始められるGTD+R(4) アイテムの工夫

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

今回は,GTD+Rのアイテムを工夫した実践的な使い方についてご紹介したいと思います。アイデアの多くは,実際にGTD+Rを実践されている方からの情報を頂きました。皆さん,ありがとうございます。

偽ロディアを使う

ロディア No.11は定価が1冊189円なので,1枚1タスクとして利用すると「もったいない」と思われる方も多いようです。このように大人使いができない方の中には,ロディアの偽者?を使っている人もいるそうです。

サイズはどちらもA7サイズ

サイズはどちらもA7サイズ

この偽ロディアは,100円ショップで販売されている商品なのですが,見た目がロディアとソックリに作られています。そして,A7サイズの5mm方眼でミシン目もちゃんとついています。(筆者は,ダイソーで入手しました)

紙質や方眼の色が若干異なる(左),MADE IN FRANCEとMADE IN JAPAN(右)

紙質や方眼の色が若干異なる MADE IN FRANCEとMADE IN JAPAN

最近の100円ショップは,なんでも揃うのでスゴイですね。

偽ロディアについては,手帳2.0さんのサイトで紹介されていました。

筆者が,偽ロディアを使ってみた感想ですが,やはり紙質が少し劣っているのと,切れ味が良くないと感じました。しかし,GTD+Rのタスクシートとして使い始めるには問題ないと思います。もちろん筆者は,本物のロディアをオススメします。

スワンタッチを使う

ロディアにタスクを書き出す場合,1枚毎切り取っていると非効率です。ある程度,書き溜めてから切り取るようにしたいですよね。

そこで利用したいのが,「スワンタッチ」※1という便利な"しおり"です。

画像

スワンタッチは,本のしおりとして「どこまで読んだかな?」の目印を付けておく時に使います。これをロディアで使うと「どこまで書いたかな?」の目印になります。

使い方は,ロディアの背表紙の部分にスワンタッチを挟んで固定します。

画像

そして,スワンタッチのクチバシ部分をロディアの先頭ページに引っ掛けます。

画像

書いたメモをめくると自動的にくちばしが次のページで引っ掛かります。

画像

これで,スワンタッチのクチバシ部分を目印にして素早くメモするページを開くことができます。

※1)
スワンタッチは,タカハシ金型サービスが製造/販売されている商品です。3枚組550円(税込・送料込)で販売されています。東急ハンズなどでも1枚157円(税込)で販売されています。

著者プロフィール

太田憲治(おおたけんじ)

クリエイトシステム代表。SEとして数多くのシステム開発を経験する。アジャイル開発の素晴しさに魅了され,開発現場の大切さや人と人とが作り上げているシステム開発の楽しさを学ぶ。現在は,システム作りよりも「工夫作り」をモットーに独立して,新しいことにチャレンジする毎日を送っている。筆者のLifehacks系サイトeXtreme Gadget(エクストリームガジェット)では,GTDとRHODIAを組み合わせた新しい仕事術「GTD+R」を紹介している。

URLhttp://gadget.cre8system.jp/

コメント

コメントの記入