第3のスマートフォンの追撃やいかに―HTC Trophyレビュ―

第1回 Windows Phone 7 とは何か?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2010年10月に,米Microsoftが2010年のホリデーシーズンに向けて,Windows Phone 7を発表しました。

発表された端末は9機種。Dellから1機種,HTCから5機種,LGから2機種,サムソンから1機種となっています。Androidケータイが発表されたときは,これほどの数は揃わなかったので,Microsoftの力「恐るべし」と考えるべきかもしれません。端末は,北中米,欧州,アジア太平洋の携帯電話事業者から発売されると発表されました。日本が含まれるアジア太平洋地域では,シンガポール,オーストラリアの事業者で,日本ではお預けとなっています。

Windows Phone 7とは?

端末のレビューに入る前に,Windows Phone 7の自体,余り馴染みがないので,ご紹介をします。

Windows Phone 7は,これまでWindows Mobileの名前でリリースされていたモバイルOSの新バージョンです。名前の頭には,Windowsが付きますが,その後をMobileからPhoneに変更して,まったく新しいスマートフォン向けOSとして提案されたものです。

まったく新しい提案と言うだけあり,ユーザインターフェースは,よりコンシューマを意識したデザインになり,Metroと呼ばれる雑誌のようなユーザインターフェースが全面的に採用されています。また,Facebook,Twitterなどソーシャルサービス,IMなどをシームレスに統合した「ハブ」機能を全面に打ち出しており,スタート画面で状況をリアルタイムに把握したり,撮った写真をすぐにSNSにアップロードすることなどが簡単に行えるようになっています。他にも,携帯音楽プレーヤーであるZune向けのzune marketplaceサービスやゲームコンソールXbox 360のオンラインゲームサービスXbox Liveも統合されており,これまでとはまったく違った考えて開発されています。

ただ,残念なことに,Windows Mobileとは互換性がなく,それ用に開発されたアプリは,Windows Phone 7で動作しません。Microsoftは,これまで下位互換を保ってバージョンアップして来ましたが,Windows Phone 7では,革新を得る為に下位互換を捨てる英断が行われました。この英断が受け入れられるかは,市場の反応待ちになりますが,筆者は非常に潔い決断をしたと感じており,この判断には良い印象を持っています。

ホーム画面からカレンダーアプリを起動する様子。凝ったアニメーションに注目

Windows Phone 7とは何か?

Windows Phone 7とは何か?先行するiPhoneやAndroidケータイとなにが違うのか?と疑問を持つ方もいるはずです。

三者ともに,ハードは似た構成要素で,本体の大半を占める静電式のタッチパネルとハードボタンを複数個搭載しています。Androidケータイは,ワンセグやおサイフなど日本固有の事情に対応していますが,それを除けば大きく変わりありません。アプリも出来ることは似ており,ソーシャルサービスへの対応やIM,Webブラウザなど,選択肢の多い・少ないはあれど一通り揃っています。

では,どこが違うかと言えば,ユーザに提供する「楽しい」⁠面白い」⁠心地良い」などの価値がそれぞれで異なると言うワケです。例えば,iPhoneを操作していると「心地良い」と感じる方も多いはずです。旧来のWindows Mobileでは,こうした数値で表しづらい価値を軽視してきた側面があり,ユーザは新しい魅力を身に付けたライバルへ移行してしまい,じり貧の状態まで追い込まれていました。

こうした状態を打開すべく,ユーザインターフェースを刷新し,これまで弱かった部分に真正面から取り組んだ成果がWindows Phone7とワケです。

ホーム画面にアプリを配置している様子。ユーザの操作に対して,逐次リアクションを返している

HTC Trophyは,どんな端末?

前置きが長くなりましたが,筆者が入手したのは,HTC製のTrophyと機種です。

HTCが発売しているWindows Phone 7搭載機は,HD7, Mozart, Trophy, Surround, 7 Proと複数存在しますが,Trophyは普及モデルの位置づけです。

普及モデルとは言っても,HTC Trophyは,3.8インチ480×800(WVGA)のタッチスクリーン,1GHz CPU,8GBストレージ,576MB RAM,720p HDビデオが撮影可能な5メガ,オートフォーカス,フラッシュ付きカメラ,Wi-Fi,Bluetooh,Gセンサ,デジタルコンパス,光センサ,3.5 mmステレオオーディオジャックと目を見張るスペックとなっています。

iPhone 4との大きさ比較。見た感じは,ほとんど変わらない

iPhone 4との大きさ比較。見た感じは,ほとんど変わらない

iPhone 4の厚み比較。HTC Trophyの厚みがある

iPhone 4の厚み比較。HTC Trophyの厚みがある

HTC Trophy本体の厚みは11.96mmです。iPhone 4が9.3mmなので,HTC Trophyの方が厚みがありますが,本体四辺の前後共に角が丸められているので,手に持った感じは数値以上に薄く感じ,持ちやすくなっています。本体の幅は61.5mmです。先で比較したiPhone 4が58.6mmなので,こちらも大きいのですが,同じように角が丸いので,持ちづらいと言うことはありません。本体の裏面は,ラバーコーティングがされており,手に持った感じはしっとりしています。

ラバーコーティングされた裏面。誇らしげに「Windows Phone」のロゴが配置されているが,コーティングの耐久性が気になる

ラバーコーティングされた裏面。誇らしげに「Windows Phone」のロゴが配置されているが,コーティングの耐久性が気になる

本体前面の下には,軽くタッチするとバイブレーションが「ブルッ」と震える演出がある3つの静電式ボタンがあります。

静電式のボタン。バックライトが搭載されている

静電式のボタン。バックライトが搭載されている

ボタンは,左から戻る,スタート,検索となっています。戻るボタンは,Androidケータイのそれと同じで,押すと前の画面に戻ります。スタートは,Windowsのようなスタートメニューが表示されるのではなくスタート画面が表示されます。最後の検索は,場面ごとの検索が行えます。例えば,マーケットプレイスで検索ボタンを押すと,マーケットプレイス内の検索,スタート画面だと,bingでネットの検索という感じです。

次回は,詳しく掘り下げます

今回は,Windows Phone 7に関する話がほとんどで,ハードウェアに深く迫ることができませんでしたが,次回は詳しく掘り下げます。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入