使いやすさを追求した最新の「HTC Sense」に迫る

第4回 HTC Sense独自の使いやすく美しいカスタマイズ機能

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

HTCならではの使いやすさとカスタマイズ性

HTC製のAndroidスマートフォン「HTC J ISW13HT」(以下,HTC J)の連載4回目となる今回は,使い手の仕様に変幻自在にカスタマイズができる「Personalization」について説明します。HTC Jは最新の「HTC Sense 4.0」を搭載しており,ホーム画面のカスタマイズ,テーマ,ウィジェットなどパーソナルなカスタマイズや操作感が体験できます。

HTC JはプラットフォームにAndroid 4.0を採用していますが,独自のHTC Senseによるホーム画面はAndroid 2.xに似たデザインとなっています。テーマや壁紙の設定は,⁠設定」から「個人設定」と進み,その個人設定内に「シーン」⁠スキン」⁠壁紙」⁠ロック画面」⁠ロック画面のショートカット」⁠ホーム画面」の各種設定を行うことができます。パーソナルな操作設定やカスタマイズができる機能ということで「個人設定」から設定を行うという認識で覚えておくとよいでしょう。

楽しい!と思わせてくれるHTC Jのカスタマイズ機能

楽しい!と思わせてくれるHTC Jのカスタマイズ機能

個人設定の画面で各種設定や変更を行う

個人設定の画面で各種設定や変更を行う

利用シーンに合わせたカスタマイズを一発設定

個人設定内の各種設定をそれぞれ見ていくことにしましょう。まずは「シーン」から。シーン設定では,あらかじめ用意された「au」⁠HTC」⁠ソーシャル」⁠ビジネス」⁠オフタイム」⁠トラベル」6つの利用シーンから,ユーザーの用途に最も適したもを選択することで,スキン,壁紙,ロック画面,ウィジェットを一発設定できる機能となっています。

たとえば,デフォルトで設定されている「au」では,auのサービスに関連したアプリのショートカットや「au Wi-Fi」のウィジェット,基本操作として利用するであろうウィジェットなどが配置されています。

シーンを「ビジネス」に変更すると,白を基調にした見やすくて落ち着いた壁紙を背景に,カレンダーや連絡先のウィジェットに加え,日本標準時とHTC Jの現在が表示される「トラベル時計」のウィジェットなどが配置されたホーム画面となります。

シーン設定で6種類のシーンから選択

シーン設定で6種類のシーンから選択

auのホーム画面

auのホーム画面

ビジネスのホーム画面

ビジネスのホーム画面

HTC Jを手にしたばかりで,ショートカットの配置やウィジェットの配置など操作に慣れていない場合でも,シーン設定で自分の使い方に合ったホーム画面に即座に変更できる便利な機能です。

コメント

コメントの記入