IT勉強会を開催するボクらの理由

第10回 マニアックにもソフトにも! 「ぼくのかんがえた未来の家」が現実化する~おうちハック発表会

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

「おうちハック発表会」

さまざまなセンサーやデバイスがインターネットに接続され,相互に連携を取って豊かな生活を実現する……いわゆる「モノのインターネット化」⁠IoT:Internet of Things)が静かな盛り上がりを見せています。なかでも注目を集めているのが「スマートハウス」⁠アップルがiOS8に盛り込んだ新機能「HomeKit」はその最右翼で,将来的には洗濯機や冷蔵庫など,あらゆる家電製品をiOS端末と接続する計画が進められています。

一方,こうした国際的な規格作りや環境整備とはまったく無縁なところで,自分だけのガジェットを開発したり,⁠スマートハウス」作りを推進するホビーストも急増中。電子工作好きな女子高生が主人公の漫画『ハルロック』などは,そうしたムーブメントの象徴でしょう。8月31日に秋葉原で開催された「おうちハック発表会」は,そうした人々を一堂に結びつけて可視化させる,ユニークな取り組みとなりました。

さまざまな「おうちハック」事例が集まった,ユニークな発表会となった

さまざまな「おうちハック」事例が集まった,ユニークな発表会となった

本イベントを主催したのは,スマートハウスに関する研究プロジェクト「Kadecot」を開発しているソニーCSLです。母体となったのは同プロジェクトを進める大和田茂さんが管理するFacebookのグループページ「スマートハウス・ハッカーズ」。大和田さんがイベントの企画を呼びかけたことが契機になりました。これにデジタル地球儀「PersonalCosmos」事業を進めるベンチャー企業で,PhysVisのCEOを務める湯村翼さんが手を挙げたことで構想が具体化。企画にも湯村さんが全面的に協力しています。

主催者のソニーCSL大和田茂さん(上)と,PhysVisの湯村翼さん(中)⁠イベントは「秋葉原Garage」⁠下)で行われた

画像

画像

画像

当日は産業技術総合研究所の研究員で,⁠おうちハッカー」としても活動中の加藤淳さんがキーノートスピーチをつとめました。また湯村さん,大和田さんをはじめ7名のスピーカーがライントニングトークを行い,自作のガジェットやサービスなどのハック事例を紹介しました。会場となった秋葉原Garageには,30人弱の参加者が集合。イベントの模様はニコニコ生放送でも配信され,186名が視聴しました。

研究業務と絡めてさまざまな「おうちハッキング」を展開

「人とコンピュータの関係改善」について研究中の加藤さん。これまで大学や研究所などで,ソースコードに写真や動画を組み込める,まったく新しいアプローチの統合開発環境「Picode」⁠VisionSketch」などを発表してきました。

もっとも加藤さんの研究は業務時間だけに留まりません。これらを活用して,私生活でもさまざまな「おうちハック」が進行中です。キーノートスピーチでは「もっとおうちハックできるおうち開発環境に向けて-おうちハック事例集-」と題して,さまざまな開発事例が紹介されました。

キーボーとスピーチをつとめた産業技術総合研究所の加藤淳さん

画像

キーボーとスピーチをつとめた産業技術総合研究所の加藤淳さん

はじめに紹介されたのが,Mac miniとパソコン用学習リモコンの「BUFFALO Remote Station」を組み合わせて,スマートフォンで寝室の電気を消すソリューションです。⁠寝室の入り口にしか電気のスイッチがない不便さを解消したかった」⁠加藤さん)⁠プログラム制作には前述の「VisionSketch」が活用されています。

この組み合わせは後日,お掃除ロボットのルンバの操作にも応用されました。ルンバがエラーメッセージを送信すると,スマートフォンに状態が通知される仕組みです。ルンバとの通信に用いられたのが,Bluetoothでルンバを操作できる接続ユニットの「RooTooth」です。しかし使用中に断線してしまい,現在はお蔵入りになっています。

増え続けるリモコンの山をスマートフォンとアプリの活用で回避

増え続けるリモコンの山をスマートフォンとアプリの活用で回避

画像

ジェスチャーによってエアコンなどの操作ができるソリューションも紹介されました。センサーにはKinectが使用され,プログラム開発には「Picode」が活躍しました。もっとも,PCが常時起動している必要があるため,次第に使用されなくなったと言います。

最後に紹介されたのが,家庭栽培記録用のソリューションです。スマホゲームを入り口に,本物のナメコ栽培に興味を覚えた加藤さん。しかし世話を忘れがちで,うまく育てられませんでした。そこで栽培状態を常に監視できる仕組みを考案したのです。

実用性という点では家族の理解も重要なポイントとのことだ

画像

画像

画像

使用機材は小型マイコンのArduinoとWebカメラ。両者をイーサネットシールドで接続し,定期的に写真で撮影して,Web上で監視できるようにしました。ナメコの大きさを画像処理で計測することで,食べ頃を通知する機能も追加。こちらは現在も稼働中で,現在は小型コンピュータのRaspberry Piで制御する改良版を制作中です。

こうした豊富な実体験から加藤さんは「実用的でないと,結局邪魔になる」⁠常時起動していないと使われなくなる」⁠手元の任意の端末から操作できないと不便」⁠富豪Webサーバ一台+小物集の構成がよさげ」と教訓をまとめました。

著者プロフィール

小野憲史(おのけんじ)

特定非営利活動法人国際ゲーム開発者協会日本(NPO法人IGDA日本)代表。ゲームジャーナリスト。3匹の猫の世話をしながら,奥さんの弁当を作って仕事に送り出す日々。

メール:ono@igda.jp
Facebook:https://www.facebook.com/kenji.ono1

コメント

コメントの記入