IT勉強会を開催するボクらの理由

第10回 マニアックにもソフトにも! 「ぼくのかんがえた未来の家」が現実化する~おうちハック発表会

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

R2-D2に初音ミク……ユニークなハッキング事例が続出

キーノートスピーチに続いて,下記7本のライトニングトークが行われました。

塚谷浩司「hue目覚まし」

塚谷さんが開発したのは,iOSデバイスからWebAPIを介して灯りをコントロールできる照明システム「hue」を活用した目覚まし装置です。目覚ましのアラームが鳴ると同時に,離れた部屋にあるhueが発光します。アラームを止めるには,実際に布団を出てhueの色を確認し,スマートフォンで選択する必要があります。今後は「カーテンが自動的に開く」⁠家族を巻き添えにせずに起きる」などの改良を加えて行きたいと話しました。

家族を起こさずに自分だけ目覚められるようにしたいという塚谷さん

画像

画像

湯村翼「シリコンキーボードを使って寝返りセンサーつくった」

湯村さんは市販のシリコン製PCキーボードを入力デバイスに活用し,睡眠中の寝返りログがとれるセンサーの開発事例について紹介しました。シリコン製キーボードを枕の上に敷き,タオルを敷いて睡眠します。頭の動きで自動的にキーボードが入力されるので,これをJavaScriptで取得し,グラフに描画する仕組みです。PCとの接続は有線で行われていますが,今後はBLE対応で無線接続にして,スマホアプリに進化させたいといいます。

シリコンキーボードを店頭で探すのが意外に難しかったとのことだ

画像

画像

きゅーこん「赤外線学習リモコンR2-D2~アプリや音声コマンドでホームオートメーション」

スターウォーズファンの⁠きゅーこん⁠さんは,R2-D2型・汎用音声入力赤外線リモコンを開発しました。無線でインターネットに接続されており,ボイスだけでなく,Androidアプリでも制御できます。これにより戸外でのエアコン操作や,発話による録画番組のCMスキップなどが可能になりました。制御システムにはRaspberry Piが使用され,センサーには無指向性マイクや,USBで接続する赤外線リモコンアダプタ「irMagician」が使用されています。ボイス認識には大語彙連続音声認識エンジン「Julius」を活用しました。

今後は「R2-D2の頭部回転やライトの点滅にも挑戦したい」とのこと

画像

画像

画像

簗瀬洋平「実家サポートエンジニアとして生きない」

ハードディスクレコーダーで番組が録画できないが,調べてみるとハードディスクの空き容量不足だった……。こうした実家からの呼び出しに疲れたという簗瀬さんは,製品やサービスの組み合わせで遠隔操作する方法を紹介しました。鍵は2台のnasne+PS Vita TV+Torne for Vita TVと言う構成に,スマホやPC上で番組予約などができる「Gガイド.テレビ王国CHAN-TORU」の組み合わせ。これでネットを介しての録画状況の確認や番組整理を行っているそうです。

市販品とソフトウェアの組み合わせで遠隔サポート体制を確立

画像

画像

画像

徳久文彬「おうちハックチャレンジ」

徳久さんはゲーム画面の画像解析を行い,照明やエアコンなどのスイッチを自動調整するソリューションを紹介しました。ゲーム内で建物の炎上シーンなどが表示されると,画面の色を解析して自動的にエアコンの設定温度が上がり,室内が暑くなる……と言った仕組みです。他にスイッチの紐を引っ張って,エアコンと照明を同時に操作するシステムや,ユーザが定期的に行う行動習慣を記録し,行動予定が決められるアプリ「LeadLife」と,バックエンドを担当する「Portgate」の紹介も行いました。

家電のハックのみならず,スマホアプリで日常もハック

画像

画像

画像

ミクミンP「超低消費電力無線センサでミクさんと生活してみた」

ニコニコ動画の有名人で,ニコニコ技術部でも活躍中のミクミンPさんは,超低消費電力無線センサーの「TWE-Lite DIP」「歌うキーボード ポケット・ミク」を組み合わせ,初音ミクと仮想生活を体験できるソリューションを紹介しました。風呂センサーやドア開閉センサーを自作して室内に配置し,状況をミクさんが声で知らせてくれる仕組みです。ミクミンPさんは毎月少しずつセンサーを追加していき,家中の状況をセンシングして,ミクさんとの暮らしを深めたいと話しました。

ニコニコ技術部のエースも発表会に参加

画像

画像

画像

大和田茂「Kadecotとか」

最後に大和田さんは,自身が旗振り役をつとめるソニーCSL製ホームサーバアプリ「Kadecot」の最新状況を報告しました。家電やセンサーにWebAPIを提供するもので,OSSのフリーソフトウェアで配布され,Android端末で操作できます。液晶テレビのブラビアや,ガスで発電するECHONET Lite製品をはじめ,さまざまな対応製品が発売されており,自分でプラグインを書けば新プロトコルにも対応させられるとのこと。さまざまなOSSが公開されており,ぜひチェックして欲しいと話されました。

さまざまな家電に対応している「Kadecot」

画像

画像

画像

著者プロフィール

小野憲史(おのけんじ)

特定非営利活動法人国際ゲーム開発者協会日本(NPO法人IGDA日本)代表。ゲームジャーナリスト。3匹の猫の世話をしながら,奥さんの弁当を作って仕事に送り出す日々。

メール:ono@igda.jp
Facebook:https://www.facebook.com/kenji.ono1

コメント

コメントの記入