IT Cutting Edge ─世界を変えるテクノロジの最前線

第1回 不治の病から慢性疾患へ ─"1グラム2ペタバイト"のデータが変えるガン治療の未来

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

本連載では,年の半分近くを海外出張で過ごす筆者が,現地で取材したイベントやインタビューをもとに,日本ではあまり紹介される機会の少ない,最先端(Cutting Edge)なIT関連の話題を取り上げていく予定です。不定期更新ですが,お時間あればお付き合いいただけると幸いです。

第1回は,6月18~19日に米サンフランシスコで行われたクラウド関連のイベント「GigaOM Structure」に登場したIlluminaのプレジデント,フランシス・デソーザ(Francis deSouza)氏のセッションから,医療の世界を大きく変えようとしているゲノム解析データ技術の現状について触れてみたいと思います。

フランシス・デソーザ氏

フランシス・デソーザ氏

ゲノム解析でガンが治る!?

デソーザ氏がプレジデントを務めるIlluminaは,米サンディエゴに本社を置く,最先端の遺伝子解析技術を武器とするバイオサイエンス企業です。1998年に数名のバイオ科学者たちによって設立された同社は,現在,従業員3000名を超えるグローバルカンパニーに成長し,2013年度の年間収益は14億ドルを超えました。日本にも支社があります。

Illuminaがビジネスを順調に伸ばしてきた背景には,同社が提供する最先端のDNA/RNAシーケンサーやアセイ(分析試料)⁠ゲノム解析サービスなどに対する世界的な強いニーズがあります。もともと米国では,クリントン政権時代からバイオテクノロジーを国家的事業として推進してきた経緯もあるのですが,それに加え,最近ではゲノムデータを解析することで個別化医療を進めようとする動きが世界中で活発化しており,Illuminaのようなすぐれたゲノム解析技術をもつ企業への注目度も相対的に高まっているのです。

染色体(Chromosome)はヒストンと呼ばれるタンパク質のまわりにDNAが巻き付いて構成されている。DNAは4つの塩基(ACGT)が二重螺旋構造で結合しており,DNAの一部に遺伝子がデータとして書き込まれる。ひとつの細胞に含まれるDNAの長さは約2m,うち遺伝子が書き込まれている部分は5%ほどといわれている

染色体(Chromosome)はヒストンと呼ばれるタンパク質のまわりにDNAが巻き付いて構成されている。DNAは4つの塩基(ACGT)が二重螺旋構造で結合しており,DNAの一部に遺伝子がデータとして書き込まれる。ひとつの細胞に含まれるDNAの長さは約2m,うち遺伝子が書き込まれている部分は5%ほどといわれている

デソーザ氏はセッションの冒頭,ゲノム解析が治療に大きく貢献した象徴的な例として,ワシントン大学の著名なゲノム研究者であるルーカス・ワートマン(Lukas Wartman)博士が,自身が罹患した急性リンパ性白血病をゲノム解析によって短期間で完治させた話題に触れています。

ワートマン博士は昨年はじめ,急性リンパ性白血病を宣言されましたが,有効な治療法がないとされるなか,同じ大学の友人たちの協力を得て,腫瘍のガン細胞と健康な細胞の両方の遺伝子を全解析することに取り組みました。両方のゲノムデータを解析し比較することで,どの遺伝子が悪玉であるかを突き止め,有効な治療法を探ることにしたのです。大学にあるほぼすべてのシーケンサーとスパコンをフル稼働して解析した結果,ガン細胞の増殖を促すタンパク質を大量に生成する,一見健康に見える遺伝子を発見し,このタンパク質の生成を抑えるにはファイザー製薬の作った腎臓ガンの治療薬が有効とわかると,ワートマン博士はその薬の服用を開始,徐々に回復に向かい,数ヵ月後にはほぼ完治するまでに至りました。

デソーザ氏は「もちろんこれは非常にラッキーな例に過ぎないし,誰にでも応用できる話ではない。だが,ガンが発生場所の臓器からその名前を付けられ(胃ガン,肝臓ガン,腎臓ガンなど)⁠分類されるやり方はもう古くなってきている」と指摘,ゲノム解析が旧来の治療に取って代わる日は遠くないとしています。

このほかにもゲノム解析はすでに多くの分野で新しい実績を挙げつつあります。デソーザ氏は例として,胎児の遺伝子疾患を出生前に診断する検査では,羊水穿刺(子宮に長い針を刺して羊水を吸引する方法)ではなく,母体の血液をゲノム解析する方法が主流になりつつあることや,事件事故のあらゆる解析(フォレンジック)の現場でゲノム解析が一般化しつつあることを挙げています。⁠あと2,3年もするとポータブルシーケンサー(簡単に持ち運びできる遺伝子解析シーケンサー)が一般的になり,事故現場ですぐにゲノム解析を行うことも可能になる」⁠デソーザ氏)そうです。犯罪捜査ドラマの捜査シーンや鑑定シーンも大きく変わるかもしれませんね。

著者プロフィール

五味明子(ごみあきこ)

IT系の出版社で編集者としてキャリアを積んだ後,2011年からフリーランスライターに。フィールドワークはオープンソースやクラウドコンピューティング,データアナリティクスなどエンタープライズITが中心。海外カンファレンス取材多め。Twitter(@g3akk)やFacebookで日々IT情報を発信中。

北海道札幌市出身/東京都立大学経済学部卒。

バックナンバー

IT Cutting Edge ─世界を変えるテクノロジの最前線

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入