IT Cutting Edge ─世界を変えるテクノロジの最前線

第11回 日本のSI業界にもディスラプションの予感!? cloudpack×インフォテリアのデータビジネスが意味するもの

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

1月23日,AWSクラウドのインテグレータとして世界でもトップクラスの実力と実績を誇るcloudpack(運営:アイレット)と,企業データ連携製品で国内シェアトップの「ASTERIA」シリーズを擁するインフォテリアが,新しいかたちのパートナーシップを発表しました。AWSが提供するデータウェアハウジング(DWH)のマネージドサービス「Amazon Redshift」をベースに,ASTERIAの新ラインナップである「ASTERIA WARP Core」を組み合わせた「データ分析基盤構築サービス」を,cloudpackが月額23万円からサブスクリプション形式で提供するというものです。今回は,一見よくあるIT業界のいち提携が,国内のSIビジネスにもたらすかもしれないインパクトについて考えてみたいと思います。

今回発表されたデータ分析基盤構築サービスの概要。ASTERIA WARP Core上で連携したデータをRedshiftに渡し,分析後,Tableauなどで分析するインフラをcloudpackが構築/運用するサブスクリプションサービス

今回発表されたデータ分析基盤構築サービスの概要。ASTERIA WARP Core上で連携したデータをRedshiftに渡し,分析後,Tableauなどで分析するインフラをcloudpackが構築/運用するサブスクリプションサービス

クラウドを舞台にしたそれぞれの強み

前述したように,cloudpackが1月23日から提供を開始した「データ分析構築サービス」は,国内の中堅/中小企業をメインターゲットに据えた,Redshiftベースのサブスクリプションサービスです。単純にRedshiftを利用する場合と何が異なるのか,それはユーザ企業の社内に蓄積されたあらゆるデータ ―POS,ERP,Webログ,その他の「なんとも表現しようがない"行儀の悪い"データ」⁠cloudpack 執行役員 エバンジェリスト 後藤和貴氏)まで含めたすべてのデータを,Amazon EC2上に実装されたデータ連携ツール「ASTERIA WARP Core」上で連携し,データをCSVやJSON形式に変換してからRedshiftに渡すというプロセスを取っている点です。

Redshiftで分析後はTableauなどの外部BIツール,もしくはAWSのマネージドBIサービスである「Amazon QuickSight」を使って分析結果を可視化できます。つまりデータの統合/連携から分析,可視化に至るまでのサイクルをすべてクラウド上で完結させることが可能になるのです。cloudpackはこのサービスのインフラ構築/運用をユーザ企業に提供します(場合によっては初期インテグレーションの必要あり)⁠

サービスのシステム構成。顧客のデータはEC2上のWARP Coreに集約され,インポートやバックアップ用にS3ストレージに格納,分析用のデータがRedshiftに送られる。バックアップやスケールアウトなどインフラ周りのメンテやRedshiftの運用はもちろんcloudpackが行う

サービスのシステム構成。顧客のデータはEC2上のWARP Coreに集約され,インポートやバックアップ用にS3ストレージに格納,分析用のデータがRedshiftに送られる。バックアップやスケールアウトなどインフラ周りのメンテやRedshiftの運用はもちろんcloudpackが行う

インフォテリアのASTERIAシリーズは「社内に存在する各種システムやデータ,さらにはクラウド上に存在するデータを"ノンプログラミング"で連携するツール。異なるコンピュータ間のデータをつなぎ,やりとりを円滑にする"通訳"のような存在」⁠インフォテリア ASTERIA事業本部長 熊谷晋氏)として,2002年の販売開始以来,業種業界を問わず高い評価を受けており,⁠TOPIXに名前を連ねる企業の半分以上はASTERIAを導入している」⁠熊谷氏)と言われています。あらゆる機能を見た目にもわかりやすいアイコンとして表現し,そのアイコンを並べてデータ連携を定義することでフローサービスを構築できるため,IT部門のユーザだけでなく,プログラミングの知識をもたない業務ユーザでも使いこなすことができる点が,ASTERIAシリーズの最大の特徴とされています。

アイコンをつないでいくだけでフローを構築できるデータ連携ツールとしてIT担当者だけでなく業務ユーザからの人気も高い

アイコンをつないでいくだけでフローを構築できるデータ連携ツールとしてIT担当者だけでなく業務ユーザからの人気も高い

しかし,ASTERIAシリーズは基本的に年商数百億円以上の企業を対象にしており,標準機能を備えた「ASTERIA WARP Standard Edition」でも480万円からという価格設定のため,中小企業などでは導入が難しいという側面がありました。とくにパブリッククラウドの導入が中小企業でも一般的になりつつある現在,クラウドでの利用も可能で,より広いユーザ層に訴求できる価格帯のサービスは確実に求められるようになります。そうしたニーズから2016年10月にリリースされたのが,月額3万円から利用可能な,データ連携の基本機能(コア)だけに絞った「ASTERIA WARP Core」です。大企業向けのパッケージ製品のイメージが強かったASTERIAシリーズですが,ASTERIA WARP Coreに限って言えば

  • 機能追加もセキュリティ対応もオンラインアップデートで
  • テンプレートを利用し,ウィザードに従って選ぶだけで業務の自動化を実現
  • 60以上の追加アダプタでスケーラビリティを担保
  • 月額3万円から利用できるので部門経費での決済も可能

といった特徴を備えており,まさにクラウドファーストな時代に則したデータ連携ツールだといえます。

本サービスはすでにユースケースとして,あるショッピングモールでの来店者導線分析に使われており,⁠1ヵ月で33.8万台のスマートフォンから3500万件のログデータを取得,データサイズを10GBから2GBに圧縮し分析」⁠後藤氏)したのち,いくつかの分析データが上がっています。

インフォテリアがAWSやCisco,Tableauとともに展開しているプロジェクトの一例。大規模ショッピングモールのユーザデータをクラウド上で連携し,Amazon RDS for MySQLで分析する

インフォテリアがAWSやCisco,Tableauとともに展開しているプロジェクトの一例。大規模ショッピングモールのユーザデータをクラウド上で連携し,Amazon RDS for MySQLで分析する

著者プロフィール

五味明子(ごみあきこ)

IT系の出版社で編集者としてキャリアを積んだ後,2011年からフリーランスライターに。フィールドワークはオープンソースやクラウドコンピューティング,データアナリティクスなどエンタープライズITが中心。海外カンファレンス取材多め。Twitter(@g3akk)やFacebookで日々IT情報を発信中。

北海道札幌市出身/東京都立大学経済学部卒。

バックナンバー

IT Cutting Edge ─世界を変えるテクノロジの最前線

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入