決済会議

第12回 Payment Meister(ペイメント・マイスター)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

2014年もよろしくお願いします

こんにちは,スマレジの山本です。

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。

さて今回は,フライトシステムコンサルティング社の決済サービス「Payment Meister(ペイメント・マイスター)⁠をご紹介。

ペイメント・マイスターは,iPhone/iPad と専用の端末を組み合わせて決済するサービスです。いったいどのようなサービスなのでしょうか。

選べる決済端末

ペイメント・マイスターは,3つの端末から選択できます。

①iPhoneに装着するタイプ

iPhoneに装着するタイプは,⁠marketplace(マーケットプレイス)⁠という専用のケースを使用して決済します。決済処理は「ペイメント・マイスター」というiOSアプリを利用iPhone4 /4s対応)⁠

iPhoneに装着するタイプ

iPhoneに装着するタイプ

②レシートプリンタ一体型タイプ

レシートプリンタ一体型タイプの場合,BLUEBAMBOO社「P-25iM」というレシートプリンタを使って決済します。

レシートプリンタ一体型タイプ

レシートプリンタ一体型タイプ

③マルチ決済端末

Bluetoothによるマルチ決済端末タイプは,フライト社が開発した「Incredist(インクレディスト)⁠という端末を使って決済します。

マルチ決済端末

マルチ決済端末

②,③ともに①と同様,決済処理は「ペイメント・マイスター」というiOSアプリを使います。

マルチ決済のIncredist

とくにスゴいのは,3つめのマルチ決済端末タイプ「Incredist」です。

この端末が1台あれば,普通の磁気カードだけでなく,暗証番号つきのICカード処理もできます。また,クレジットカードだけでなく,電子マネーや銀聯カードの処理,およびバーコードの読取も可能です。

マルチ決済端末はさまざまな決済処理が行える

マルチ決済端末はさまざまな決済処理が行える

ペイメント・マイスターアプリは,スマレジとも連動していて,レジとカード決済端末の,いわゆる ⁠2度打ち」が不要な使い方もできます。

では,気になる詳細を説明します。

Q:価格は?

 フライトシステム社との契約

Incredist(マルチ決済端末)+ペイメント・マイスター(決済アプリ)1セット10万円前後(税抜き)
決済アプリ・ペイメントマイスター20,000円(税抜き)/年(1台)

※参考価格

 クレジットカード会社との契約

全モデル共通クレジットカードの加盟店契約が別途必要です

基本的には,初期費用・月額費用・処理料(トランザクション料)⁠カード決済手数料が別途かかります。条件は非公開なため,直接お問い合わせください。

Q:契約はどうやってするの?

まずはフライト社に問い合わせます。その後,三菱UFJニコス社とクレジットカード決済の申込みを行い,フライトシステム社と「ペイメント・マイスター」の申込みを済ませます。また,JCB/アメックス/ダイナースの契約が必要なら,JCB社にも別途申込みが必要です。

申込みの手順

  1. フライト社に「ペイメント・マイスター」の申し込み
  2. 三菱UFJニコス社にクレジットカード加盟店の申込み(要審査)
  3. JCB/アメックス/ダイナース の契約が必要な場合は,JCB社にクレジットカード加盟店の申込み(要審査)

マルチ決済端末は便利!

導入の手間とコストはかかりますが,1台でいろんな決済が完結するはとてもスマートです。フライト社によると,今後「nanaco」や交通系の電子マネーなどの決済も順次可能になっていくとのことなので,ペイメント・マイスター1台あれば,クレジットカード,銀聯,電子マネーなどの処理ができてしまいますね。

いろんな決済手段にスマートに対応したいショップの方はぜひご検討ください。

ではまた。

著者プロフィール

山本博士(やまもとひろし)

PLUGRAM,Inc. 代表取締役

大阪府岸和田市出身。もとはJava&Adobe Flashプログラマ,いまはiPad,iPhoneを用いたクラウド型POSレジ「スマレジ」などの運営を行っている。

http://www.plugram.co.jp/

コメント

コメントの記入