決済会議

第29回 NFCやQRコードで商品説明!なサービス

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

こんにちは,スマレジの山本です。

先日スマレジ導入店である,大阪なんばのDIY FACTORY OSAKAさんへ取材に伺った際,おもしろいサービスを導入されていたので紹介したいと思います。

大阪なんばのDIY FACTORY OSAKAさんのサービス

大阪なんばのDIY FACTORY OSAKAさんのサービス

商品の横に NFCタグとQRコードがセットになったカードが置かれていました。

NFCやQRコードをスマホで読み取ることで,ネットショップの商品購入ページや,商品説明ページ,YouTube動画などにアクセスできるようになっています。

YouTubeのマークがついている場合は,その商品の動画を見ることができます

YouTubeのマークがついている場合は,その商品の動画を見ることができます

工作キットなら,作り方のページへアクセス!

工作キットなら,作り方のページへアクセス!

大型商品や重い商品で持ち帰るのが大変な場合,ネットショップに誘導され,そのまま購入することができるようになっています。

商品ごとにQRコードを用意すればそのまま決済に進めます

商品ごとにQRコードを用意すればそのまま決済に進めます

さて,ここまでならば,今までにもありました。で,このサービスが面白いなと思ったのは,その仕組みです。

このサービスは,⁠スマートプレート」と言って,株式会社アクアビットスパイラルズという会社が運営しているそうです。

スマートプレート
http://spirals.co.jp/smartplate/ja/

端末や読み込むカードではなく,サーバ側でURLの管理が行えるスマートプレート

端末や読み込むカードではなく,サーバ側でURLの管理が行えるスマートプレート

一般的にNFCを利用してアクセスする場合,紹介したいWebページのURLをQRコード化したり,NFCにURLを直接書き込むのですが,スマートプレートの場合は,一旦スマートプレートのWebページに遷移させ,そこに設定したURLにリダイレクトという仕組みになっています。つまり,NFCやQRコードはそのままで,どのページに飛ばしたいかを,あとから自由に設定できるんですね。

あぁ,ステキ!

専用のアプリも用意されていて,⁠このQRコードは,このURLに」という設定がすごく簡単に行えるようになっています。

商品ごとにQRコード・URLを設定できるSmartPlate

商品ごとにQRコード・URLを設定できるSmartPlate

商品のアップデートなどでURLの変更する場合,とても簡単にできますね。

現在βテスト中だそうです。気になった方は問い合わせしてみてはいかがでしょうか!

著者プロフィール

山本博士(やまもとひろし)

PLUGRAM,Inc. 代表取締役

大阪府岸和田市出身。もとはJava&Adobe Flashプログラマ,いまはiPad,iPhoneを用いたクラウド型POSレジ「スマレジ」などの運営を行っている。

http://www.plugram.co.jp/

コメント

コメントの記入