決済会議

第34回 ビットコイン

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

こんにちは,スマレジの山本です。

Mt.Gox のニュースなどで一気に認知が高まったように思えるビットコイン。ぼくはその実態があまりよくわからない感じだったのですが,とある機会に テックビューロ株式会社 という会社に出会い,いろいろと教えてもらったのでご紹介します。

ビットコインって何?

ビットコインってなんなの?おいしいの? という人はとても多いと思います。

話が長くなるのでいろいろ端折ってしまえば,「電子マネータイプの新しい通貨」です。

「100円玉」「1,000円札」のような貨幣や紙幣はありませんから,電子マネーみたいなものです。単位は「ビットコイン(BTC)」や「モナーコイン(MONA)」などがあり,日本円で買うことも,日本円に換金することもできます。

使い方の面から見ると電子マネーっぽいですが,仕組み的に見ると貴重なものが採掘されるという意味で「金(ゴールド)」の電子版っぽいです。

きちんと知りたい方は,こちらのページがとても参考になりますのでリンクを張っておきます。

テックビューロ社のサービス

さてビットコインという通貨があるということだけを説明しましたが,どこで入手でき,どこで使えるのか?という疑問が湧きます。世界中のいろんなところで入手でき,消費できるのですが,テックビューロ社という会社が運営するサービスでも利用できます。

①売買

たとえばテックビューロ社が運営するZaif簡単売買 というサービスでは,日本円でビットコインを買えます。また,保有するビットコインを日本円で売ることもできます。

②取引所

ビットコインと日本円の間にはお互いの相対的な価値を決める為替があります。FX取引のように,常に変動する為替をもとに売り買いすることもできます。

③ATM

日本円などの貨幣通貨のようにATMでビットコインを預金(=日本円でビットコインを買う)したり引き出し(=ビットコインを日本円で売る)たりすることができます。

④決済

当然ながら,ネットショップやリアル店舗でモノやサービスの対価として支払いに使用できます。たとえばテックビューロ社が運営する Zaif Payment というサービスをお店が導入すれば,お店は日本円で受け取ることができます。

ビットコインが使えるお店

ビットコインが使えるお店は まだまだそんなに多くありません。しかし確実に(なんだったら爆発的に)ビットコイン保有者も使えるお店が増えています。とくに旅行者が海外で使うパターンがとても増えているように思います。

裏を返せば,訪日外国人旅行者が増える今の日本で,ビットコインが使えるお店を増やすことは良いことのように思えますね。

それでは次回は実際にビットコインを保有し,使用したことがある人にインタビューしたいと思います。では。

著者プロフィール

山本博士(やまもとひろし)

PLUGRAM,Inc. 代表取締役

大阪府岸和田市出身。もとはJava&Adobe Flashプログラマ,いまはiPad,iPhoneを用いたクラウド型POSレジ「スマレジ」などの運営を行っている。

http://www.plugram.co.jp/

コメント

コメントの記入