草花の知恵

第3回 「ホタルブクロの繁栄」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

わが庭では着々とホタルブクロが勢力を拡大している。はじめは南東の角で,ほんの二,三株だった。翌年には対角にひろがりはじめ,やがて太い一本の筋になった。夏ごとに幅を増していく。いまや東の塀沿いを占めているドクダミ集団を脅かす勢いである。

見たところは可憐な植物なのだ。薄紅色で袋状をした花をつける。中にホタルを入れて遊んだとのことで「ホタルブクロ」の名がついたとか。たしかに提灯に似ていて,明かりをともしたくなるものだ。

花のはじめは白っぽい。やがて淡い紅をつけ,先端が少し反り返る。虫を招き入れる合図のようだ。

ホタルブクロが着々と勢力をのばすのは,二つの繁殖システムをもっているからだ。一つは種子による。いま一つは根をのばし,栄養をためこんで仲間を増やす。

根のほうは地中のことで見えないが,種子繁殖は虫が媒介をするので,日ごとに経過が見てとれる。庭に面した部屋の壁に双眼鏡をつるしていて,繁栄の秘訣をながめている。

虫は大型のマルハナバチか,全身が黒っぽいトラマルハナバチ。花のほうは,つぼみ,雄性期,雌性期と変化する。いちばんふくらむのは雄性期のときで,なるほど,マルハナバチには入りやすい。吸蜜のためにもぐりこむ。お尻をのぞかせていたのが,つぎにはすっぽりと隠れる。背中で雄しべをこするぐあいになり,花粉を身につける。

雌性期の花は先っぽの反り返りが大きく,いかにも進入を求めている。イキな黒装束のトラマルハナバチが訪れると,重みでゆらりと揺れたりして,「してやったり」といった風情である。雄性期より花弁がこころもちしまっていて,そのぶん這いこむときに雌しべに触れる。

蛍袋(ホタルブクロ) 画:外山康雄

蛍袋(ホタルブクロ) 画:外山康雄

種ができるのは,七月の終わりから八月にかけてのころ。花がしぼみ,カサカサになる。あでやかな提灯のころの面影はどこにもない。老いさらばえ,白っぽい繊維のもつれのようだ。

この変身ぶりに勢力拡大の秘訣があるようだ。種子はごく小さい。繊維のアミの穴から風のぐあいで四方にまき散らされる。それも一度にではなく,アミのひろがりによって,何度にも分けて散布するしくみ。たしかにそのほうが,確実に子孫をのこせるにちがいない。

わが庭でまず対角にのびたのは,それが風の通り道であるからだろう。芽を出し,根を下ろせば,しめたものだ。こんどは左右に根をのばす。ドクダミの大集団には,当初は敬意を表して近づかなかったが,いつのまにやら,けっこう食いこんでいる。境界に近い辺りでは,たがいに根をからませ合って,熾烈な争いをしているのではなかろうか。

媒介役のマルハナバチだが,わが家の玄関わきの車庫の奥に巣をつくっている。車庫ではあれ車はなく,本を詰めた段ボールが積み上げてある。そんな奥に巣をつくり,しきりに出入りしている。

庭へ行くには,玄関をまわって塀沿いに向かわなくてはならない。マッチ箱のような家ではあるが,それなりに手まひまがかかる。庭の隅には使わなくなって久しい犬小屋がある。巣をつくるのに打ってつけで,職住接近の点でも便利だと思うのだが,なぜかぐるりと廻った表の側の隅を選んだ。たぶんハチには,そうするだけの理由があるのだろう。

早朝に次々と飛び立っていく。どこやら出勤のサラリーマンと似ている。九時近くに,すっとんでいくのがいる。寝坊したサラリーマンが,ネクタイをしめながら大あわてに飛び出していくぐあいで,ついほほえみたくなる。トラマルハナバチが多いようだ。トラマルの兄貴は夜遊びが好きで,それで寝すごすのではなかろうか。

著者プロフィール

池内紀(いけうちおさむ)

1940年兵庫県姫路市生まれ。ドイツ文学者。エッセイスト。

主な著書に『ひとり旅は楽し』(中央公論新社)『ぼくのドイツ文学講義』(岩波書店)『町角ものがたり』(白水社)など。『カフカ小説全集(全6巻)』(白水社)など翻訳書も多数。新刊は『森の紳士録』(岩波新書)。


外山康雄(とやまやすお)

1940年東京深川生まれ。新潟県浦佐で育つ。2002年南魚沼郡塩沢町に古民家を再生したギャラリー「野の花館」開設。

画集に『折々の花たち 1~4』(恒文社)『野の花の水彩画』『私の好きな野の花』『野の花 山の花』(日貿出版社)など。

外山康雄の野の花館:

URLhttp://www.toyama-yasuo.jp/

コメント

コメントの記入