草花の知恵

第9回 「千両と万両」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

数ある花のなかでも,とびきり豪華な名をもっている。冬のイロどりとして,しばしばコンビでいわれるが,千両はセンリョウ科,万両はモクセイ科,親戚筋のご両人といったところだ。

景気のいい名前を受けたのは,華やかな実のせいだろう。常緑種なので,冬でも緑を失わないところにもって,まっ赤な実をつける。千両は葉のシンにかたまったかたち,万両は小さな房となって垂れるかたち。

どちらも小つぶで,ふだんだとめだたないが,ものみな霜枯れの冬場には,赤い点々が無数の瞳のように見える。ものさびしげな庭にチビっこが集まって,つぶらな瞳でこちらを一心に見つめているようで,つい芝居の要領で「千両!」「万両!」などと声をかけたくなる。

千両(センリョウ) 画:外山康雄

千両(センリョウ) 画:外山康雄

「仙蓼」といった字があてられるのは,中国から入ってきたのではあるまいか。インドやマレーシアや台湾でも見かけるが,姿がややちがう。もともと暖かいところの植物であって,わが国では関東以西,それも太平洋側に多いようだ。東北や北海道ではお目にかからない。

原産地より寒いところで適応するため,少しずつ進化をとげたのだろう。葉はやや厚みをもち,ツバキのような光沢がある。革のようになめらかなので,それだけ寒冷に堪えやすい。波状の小さなギザギザをそなえている。

高さはせいぜい大人の胸ぐらい。木陰などに生えると五十センチばかり。群生状に葉をつけ,夏に黄色っぽい小花をつける。花自体はごく地味で,ほとんど目にとまらない。晩秋になって,がぜん存在を示しはじめる。小さな実が色づき,華麗なブローチのように変わるからだ。人間でいうと,若いころはその他大勢だったが,定年ちかくなって,にわかにのしてきたといったタイプである。人間の場合,その手のタイプはアクが強かったり,策謀好きだったりもするものだが,植物にはまるで縁のないこと。空気が凍りついたような朝など,千両・万両の赤い実が,せい一杯のいのちのありかを教えてくれる。

万両(マンリョウ) 画:外山康雄

万両(マンリョウ) 画:外山康雄

私の育った関西では,庭の隅などでよく見かけた。その名前から,縁起物としても好まれたのではあるまいか。シャレた家では,枝先をチョイと切って一輪差しにした。お花の世界では「いささかくつろげて,ゆるゆるとたつる」の要領で扱うそうだが,そんなにモッタイぶらなくても,一輪あるだけで,部屋を一点に集約したような力がある。千両には赤い実のほかに黄色の実もあった。お花の本でたしかめたところ,黄熟のものを「黄実千両(きみのせんりょう)」といって珍重するらしい。

子供のころのことで,珍重などせず,実をむしりとって仲間とぶつけ合ったりした。いま思えば,千両,万両を投げっこしていたわけで,なんとも豪勢な遊びだった。

千両はよくあるが,万両はあまり見かけないような気がする。「千両に勝る」ということで万両と名づけられたのだろうが,たしかに縁起物にせよ,万両だと欲張っているように思われかねない。赤くなる万両のほか,黄色や白い実をつけるのもあって,それぞれ黄実(きのみ)万両,白実(しろのみ)万両というそうだ。玄関の生け花に,万両と福寿草があしらってあると,少々ムシがよすぎる気がしないでもない。

あるとき愛知県の豊橋へ取材に行くことになり,車中で地図をながめていて,「千両」という地名を見つけた。ただしセンリョウではなく「チギリ」と訓む。近くに男川(おとがわ)が流れていて,山の名が炮烙(ほうろく)山。

ついでに近辺を見ていくと,蘭があった。これで「アララギ」と訓む。保久と書いて「ホッキュウ」,大柳は「オウガイ」。「御内蔵連」などもある。「ミウケソウレ」というらしいが,人間の命名術には,千両の花もたまげるのではなかろうか。

著者プロフィール

池内紀(いけうちおさむ)

1940年兵庫県姫路市生まれ。ドイツ文学者。エッセイスト。

主な著書に『ひとり旅は楽し』(中央公論新社)『ぼくのドイツ文学講義』(岩波書店)『町角ものがたり』(白水社)など。『カフカ小説全集(全6巻)』(白水社)など翻訳書も多数。新刊は『森の紳士録』(岩波新書)。


外山康雄(とやまやすお)

1940年東京深川生まれ。新潟県浦佐で育つ。2002年南魚沼郡塩沢町に古民家を再生したギャラリー「野の花館」開設。

画集に『折々の花たち 1~4』(恒文社)『野の花の水彩画』『私の好きな野の花』『野の花 山の花』(日貿出版社)など。

外山康雄の野の花館:

URLhttp://www.toyama-yasuo.jp/

コメント

  • 千両&万両

    人生で美しかった瞬間:
    震災あとの神戸で安藤先生の寺を1人旅で拝見させていただいたこと。
    ドイツ大使館で、きれいなドイツ語と庭園を・・
    ハンス大使と歩いたこと。
    法政大学できれいなドイツ語の詩のコラボレーションで、
    またドイツ語に出会ったこと。
    自然観察活動の1級をいただいて、108本のブルーベリーを
    醍醐寺世界遺産のときに自然保護に活動していただいた方、
    福祉への貢献を長年していただいている方へプレゼントさせていただけたこと。
    このWEBをみたら、私の庭を描いていたこと。
    東京都環境局、緑環境課で学んだ自然のインタープリターってこういうことでいいんじゃないかって自負しました。

    Commented : #1  油谷草花 (2011/11/28, 07:44)

コメントの記入