草花の知恵

第13回 「カラスウリの神通力」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

野の草花には,身近な動物にちなんだ名前が多い。当然であって,どちらも暮らしの友であり,すぐわきにいる。動物は目につきやすいので,先に名づけられた。動く物体の動物とちがって,植物は一つところに根を下ろし,ウロついたりしない。鳴き声を立てるともない。この控え目な生き物は,多くの場合,当の動物よりも先からいたのに,名なしのまま見すごされてきた。

わが子のときもそうだが,名づけるのはむずかしい。すでにあるものを組み合わせたり,少し変えたりして間に合わせる。一郎などと数字を入れると,あとは二郎,三郎,四郎と数をたしていくだけでいい。

草花も同じこと。ちょっとした特徴をとらえて,おなじみの動物になぞらえる。そのせいで犬や牛や狐がアタマにつくのが,どっさりある。犬だと,イヌエンドウ,イヌガラシ,イヌクサ,イヌタデ,イヌホウズキ……。イヌノキンタマ,イヌフグリなどと,微妙な部分にちなんで名づけられたものもある。抗議しようにも,草花は口をきくことができない。

大犬の陰嚢(オオイヌノフグリ)
画:外山康雄

大犬の陰嚢(オオイヌノフグリ) 画:外山康雄

ウシエンドウ,ウシノシタ,ウシノビル,ウシハコベ。「ウシクワズ」は,単に牛が食べないという点だけで命名された。人間の場合の一郎と同じように,手抜きの最たるケースである。

 狐にちなんだものは,キツネバナ,キツネノエリマキ,キツネノマクラほか,随分とある。現在とちがって,狐がまわりに沢山いたせいにちがいない。

カラスイチゴ,カラスノエンドウ,カラスウリなど,烏を名のるのも数多くある。人間社会から狐はおおかた姿を消したが,烏は健在だ。いまも,うるさいほど飛びかっている。それだけ生きのびる知恵と適応力をそなえているからだ。

カラスウリは実が熟して赤くなり,そののち黒味をおびてくるので,カラスの濡れ羽色との連想から名がついたのだろうが,生きのびる知恵と適応力の点でもカラスと似ている。大都会の猫の額ほどの庭でも,いつのまにかつるをのばして,陽当たりのいいところに巻きひげでからみついている。省エネと効率の天才というものだ。

烏瓜の実(カラスウリ) 画:外山康雄

烏瓜の実(カラスウリ) 画:外山康雄

たしかにそこにいて,葉をひろげ,花をつけているのだが,ほとんど気づかれない。白い花びらは夜に開いて,朝にしぼむ。夜遊び好きの仲間だが,夜に元気づく人間は「夜の花」がおめあてであって,庭の花などに用はない。

夜の蛾を呼びよせるためなのか,懐中電燈で照らすと,白い花びらの先っぽが細く裂けて,糸のようにのびている。レースのようでもあって,さながら女性の下着である。昼間ながめると,クルクル巻いたゼンマイ状をしていて,なんてこともない。この点でも,どこかしら「夜の花」の特性と通じるものがあるような気がする。

一般には「カラスウリ」と卑俗な名前だが,別名の一つを「たまずさ(玉章)」という。手紙をあらわす雅語であって,もしかすると気持ちを伝える手紙の代わりに,カラスウリの実がやりとりされたことがあったのかもしれない。

実を割ると黒いタネが出てくる。これが大黒様を思わせるというので,縁起物に使われていた。財布に入れておくと,お金がふえるというのだ。

それは大人たちの欲深い想像であって,私たちは子供のころ,カラスウリの汁を足に塗ると,走るのが速くなると信じていた。だから運動会が近づくと,学校の行き帰りに庭先や藪かげなどを注意して見てまわった。赤い実を見つけると,宝物のように大切にしていた。晴れの日のためにとっておいて,毎日撫でさすっていたので,磨いた玉のようにつやつやした赤味をおびていた。

いよいよ運動会の当日,駆けっこの出番の前に汁を出して,脚だけでなく手や首元にも塗りつけた。ヒンヤリとして涼しく,気のせいか全身が軽くなったような気がした。たぶん,サロメチールに似た成分を含有しているのではなかろうか。カラスウリのつるがのびたのを目にすると,神通力を念じて,息せき切って走っていた幼いころを思い出す。

著者プロフィール

池内紀(いけうちおさむ)

1940年兵庫県姫路市生まれ。ドイツ文学者。エッセイスト。

主な著書に『ひとり旅は楽し』(中央公論新社)『ぼくのドイツ文学講義』(岩波書店)『町角ものがたり』(白水社)など。『カフカ小説全集(全6巻)』(白水社)など翻訳書も多数。新刊は『森の紳士録』(岩波新書)。


外山康雄(とやまやすお)

1940年東京深川生まれ。新潟県浦佐で育つ。2002年南魚沼郡塩沢町に古民家を再生したギャラリー「野の花館」開設。

画集に『折々の花たち 1~4』(恒文社)『野の花の水彩画』『私の好きな野の花』『野の花 山の花』(日貿出版社)など。

外山康雄の野の花館:

URLhttp://www.toyama-yasuo.jp/

コメント

コメントの記入