元オリコン編集長☆イノマーの『叫訓』

第3回 10年続けたら見えたモノ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

広告収入がなければ雑誌は成り立たない

取材といっても,雑誌にはいろいろとある。インタビュー取材もあれば,レポートであったりと,とにかく,それはもうさまざまだ。

今回は音楽系の取材について話をしたいと思う。アーティスト(いつから,こんな呼び方をするようになったんだろう?)が新作をリリースする際のインタビュー取材。その流れを簡単に説明すると……。

まずはレコード会社のプロモーターが編集部にやって来る。ぜひともページをお願いします,と。雑誌に広告をうちます(出す)ので,なんて話もある。

雑誌の広告なんて何百万円から何千万円の話である。予算があるレコード会社はお金を積んで表紙をください,なんてことも言ってきたりする。

営業は大喜び。でも,編集は複雑。だって,取材したくないアーティスト(やっぱり慣れないな,この呼び方)のページを作らないといけないんだもの。

ま,その辺のさじ加減は大人の仕事である。会社の利益というものを編集部も考えないといけない。社会人としては当然。好き好き大好きだけでは通用しない。でも,編集の人間はどちらかというと,自分の感性で仕事をしたがるものだ。

そして,営業はお金。ページのクオリティなんてどうでもいい。とにかく銭,銭,銭。ぶっちゃけ,そんなもんです。

オイラはお金の話が本当に苦手だった。過去形じゃなく,今もそうなんだけど,大人の話ができない。弱ったもんだ。

数字が苦手。

だから,編集長時代のオイラはそういったことの大半は副編集長に任せていた。クライアントの接待,印刷所とのやりとり……。

だって,できないことはできないんだもの。ごめんなさい。開き直っちゃいけない。でも,できないんだよなあ。むー⁠ーーん。

嘘も方便

編集長を務めていると,事務所やレコード会社から接待されることも多い。オイラはこれが嫌で逃げてばかりいた。

会社があったのは六本木。もう,街に出ればキャバクラだらけ。まずはお寿司かなんかをごちそうになり,その後はキャバクラへと連れていかれることも多々。

うらやましい話じゃないかと思うかもしれないが,とんでもない! 週刊誌を作っていると,ぶっちゃけ,そんな時間はない。

もちろん,そういうことも編集長の仕事といえば仕事なのだろうけど,オイラは極力避け続けた。

キャバクラ嬢と話すことなどない。そもそも,オイラは人と話をするのが苦手なのだ。もう,ある意味,拷問ね。みうらじゅん氏はキャバクラを修行の場だと言っていたが,まさにその通りだと思う。

しかし,女のコに気を使って高いお金を払うってすごいシステムだよなあ。

キャバクラで朝方まで飲んで,その後,編集部に戻り仕事。飲んでいたって締切のことが気になって酒の味がしなかった。

で,これはまずいと思い,オイラはある日から別人格を作ることにした。⁠お酒が飲めない人間⁠になった。⁠いやあ,お酒は体質的に飲めないんですよ」と。黒い交際を絶つために(笑)⁠

いわゆる下戸っていうやつね。これが見事に成功。半年もすれば夜は仕事に集中することができた。

でも……その反動でオイラの昼食はガラリと変わった。昼から高級料亭で石焼の霜降り牛肉である。もちろん,接待。

「次のアルバムのタイミングで表紙をください」⁠見開きでページをください」⁠そんな類の話をしながら,食べたくもない高級肉を食べた。バブルだったんだなあ。

塩で食べるお肉。

母ちゃんの作ってくれた三枚肉のしょうが焼きが恋しかったもの。あの安い感じが。

のり弁当を食べていた人間がいきなりそんな待遇を受けても困惑するだけだ。何より胃が悲鳴をあげた。基本,オイラは魚派で肉はあまり好きじゃない。…って,何で肉の話をしてるんだ?

そうだ,だから,インタビューにもいろいろあって,編集部と営業部との戦いであるということを言いたかったんだ。

事務所やレコード会社とのつきあいで,どうしてもやらなくちゃいけないパターンがある,と。政治ってやつね。

CD発売前後は「金太郎飴」みたいな雑誌だらけに

で,雑誌の掲載日が決まると,それに合わせて取材日を決める。無事に取材が終わればあとは原稿を印刷所に。

インタビューをライターさんにお願いすれば,自分の負担はかなり少なくはなる。

でも,オリコン時代,オイラは基本的にライターさんを使わなかった。すべてのインタビュー&編集を自分で行った。

なぜか? その理由は逆に面倒だったから。ライターさんに発注するため,電話をかけて段取りをつけるという行為が面倒だった。

だったら自分でやればいい。

音楽系のインタビューであれば,音資料や紙資料を郵送しなくてはいけない。まずそこが面倒だ。レコード会社に資料をもらい,それからライターさんにそれを郵送する。あ~~~,めんどい。

インターネットが普及している今ではどうなのかわからないが,10年前はそんな感じだった。ウィキペディアなんてなかったからね。ライターさんに取材対象の説明が必要。

もちろん,ライターさんにもスケジュールというものがある。それを調整するのも編集の仕事。

そして,何より数人の尊敬する人をのぞいて,音楽ライターと名乗っている人間の原稿がどうにも好きになれなかった。

金太郎飴。判を押したような内容。読んでいてもまったくおもしろくない。

  • [バンド結成のキッカケ]
  • [作品のコンセプト]
  • [レコーディング中の制作秘話]
  • [最近のメンバー内でのブーム]
  • [休日の過ごし方]
  • [読者に向けてのコメント]

うんざり。

作品リリースのタイミングになれば,同じアーティストの同じようなインタビュー記事が書店やコンビニに溢れることになる。

み~んな一緒。でも,レコード会社のプロモーターはそれで何の問題もない。ページを取れたことが大事なのだから。

それがすべてなのだ。

著者プロフィール

イノマー

昭和41年東京生まれ。駒澤大学卒業後,(株)オリコンに入社。10年間勤務し編集長2回,副編集長を3回務める。退職後,フリーの編集・ライターとなる。同時にバンド活動もスタート。メジャーデビューも経験し,現在はインディーズでの活動へ。過去に10枚のアルバムと2枚のシングルをリリースしている。

http://www.onamashi.com/

Twitter:@inomar_onamashi

コメント

コメントの記入