元オリコン編集長☆イノマーの『叫訓』

第4回 誰も教えてくれない履歴書の真実?!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

面接突破!裏講座

一体,今までオイラは何人の面接をしてきたんだろう?

役職柄,面接官をすることも多かった。正直,こんなオイラに面接をされるのは可哀相だなあ,と心から思った。

「今更ですが,申し訳なかったです」

でも,不思議な気分だった。5~6年前に面接を受ける側だったオイラが逆の立場になって,人の人生を決めるなんて。

その重大性に気づいたのはオリコンを辞めてからずいぶん経ってから。つきあっていた彼女が真剣に就職活動をしている際に思った。

面接の数日前からシュミレーションをしている彼女の姿を見て深く落ち込んだ。オイラ,徹夜明けで頭がボ~~ッとなっている状態で歯もみがかずに面接官をやっていた。

「2度目ですが,申し訳なかったです」

ということで,オイラなりの面接を上手く乗り切るコツ,まずは履歴書の書き方から話をしたい。参考になるかどうかは?(疑問)ですが。

今はどうかわからないけれど,オリコンは欠員が出ると社員募集をかけるというシステムだった。もちろん,新しい事業をスタートさせるときには人員を募集する。

就職情報雑誌などを使って募集をかけると1,000通近い数の履歴書が送られてくる。特に編集部は人気だった。

最初は人事部の人間が履歴書に目を通し1,000を100くらいにする。それオイラが目を通して30人くらいを選んだ(偉そうだなあ……)⁠

何を基準に選んでいたんだろう? 今となっては覚えていないが,正直,なんとなくだったような気がする。でも,少なくとも学歴とか,経験で選んでいたわけではないことだけは確かだ。

好感度アップな履歴書の書き方

履歴書の書き方も人それぞれ。びっちりと書いてくる人もいれば,すかすかの人もいた。結論から言えば,どちらもNGである。

申し訳ないが,びっちりと書かれても読む気がしない。すかすかだと,本気で働きたいのか疑ってしまう。何事も⁠ほどほど⁠というのが大切だということだ。

びっちり系人間は履歴書だけでなく,熱い思いを別紙にて書いてくる。良いことだ。悪いことじゃない。その思いは伝わる。でも……。

これは逆効果。まず読まない。いや,担当者によってはちゃんと読む人もいるかもしれないが,基本は読まれないと考えたほうがいい。それどころか,うざいと思われる可能性もある。面倒臭いな,と。

いやはや,ひどい話だ。一生懸命,書いた自己アピール文を読まないなんて。でも,そういう面接担当が多いのも確か。

ちと話が逸れるが,これは,アーティスト資料にも言えること。CDをリリースする際にレコード会社は必ず紙資料というものを作る。まあ,プロフィール的なものだ。

それが10枚もあったら,まー,99パーセント読まれないだろう。そんなもんは1枚でいい。1枚で完結するものだ。

ぎっしりとワープロで書かれた10枚にも及ぶ紙資料よりも,アーティストが下手くそな直筆で「新しいCDがようやく出ます。死ぬ気で作りました。マジでよろしく頼みます。生活がかかってるんで」なんていうほうが効力はでかい。

いや,これホント。

企画書だって難しい言葉を羅列したものよりも手書きで書いたほうがわかりやすい。そう,わかりやすいというのがイチバン!

ぶっちゃけ,音楽業界で働く人間なんて怠け者のバカちんがほとんどなのだ。

狂った世界で生きている人間たち。まともな脳ミソで立ち向かっても意味はない。

いや,マブで業界の人間なんてマトモじゃない。ノリで仕事をする人ばかり。でも,そのノリというのが難しい。

つかんでしまえばラクだけれども,それを理解するまでにはある程度の時間がかかる。オイラは業界のノリが苦手で,最後まで上手く乗ることができなかった。

だから,会社を辞めたのかもしれない。

著者プロフィール

イノマー

昭和41年東京生まれ。駒澤大学卒業後,(株)オリコンに入社。10年間勤務し編集長2回,副編集長を3回務める。退職後,フリーの編集・ライターとなる。同時にバンド活動もスタート。メジャーデビューも経験し,現在はインディーズでの活動へ。過去に10枚のアルバムと2枚のシングルをリリースしている。

http://www.onamashi.com/

Twitter:@inomar_onamashi

コメント

コメントの記入