元オリコン編集長☆イノマーの『叫訓』

第17回 記憶に残し,記憶に残れ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

手帳の強い味方は付箋!

最近,年齢のせいかモノ忘れが激しい。すくっと立ち上がり,2~3歩で自分が何をしようとしていたのかが思い出せない。

あれれ? 弱っちゃったな,どうも。一応,冷蔵庫なんかを開けてみるものの,違うなと。う~~ん。

トイレに行き,便座に座って考える。一体,何をしようとしていたんだっけか?と。そして,部屋へと戻り煙草を吸いながら思い出す。

あ,そっか。

で,また数秒で忘れる。こんなことの繰り返し。なので,最近は思いついたことは必ずメモすることにしている。今日やらなくてはいけないこと,明日やらなくてはいけないこと。

もちろん,手帳にも記入する。いちばん便利なのは付箋だ。ちと太めな付箋を手帳なりメモ帳なりにバシバシ貼りつける。

付箋に一言メモ。まず,書くというのが脳ミソにインプットされるのだろう。これは,かなり効果的だ。

おかげでオイラの手帳は付箋だらけ。でも,終わった仕事や用事に関しては捨てていけばいいので,時間が経てばスッキリとはしてくる。取り忘れなければの話だが……。

新聞記者の取材にビックリ!

そう,オイラは学生時代から書いて覚えるということを習慣としてきた。漢字や英単語は1本のボールペンインクがなくなるまで書き続けた。

なので,これは昔からの癖みたいなものである。というか,書かないと落ち着かない。

でも,最近はmtg(ミーティングのことね)で紙もペンも持たず,パソコン1台を持ってきてパチパチやりながらする人って多いッスよね? つーか,ほとんどがそうなんじゃないかしらん。

あれ,オイラにはムリだ。でも,現代のmtgにはあれがベストなんだろうなあ……。時代は変わる。そして,オイラは変わらない。変われない。

話はちと逸れるが,その昔,新聞記者さんに何度か取材を受けたことがあるが,彼らはテレコとか録音機器を使わないのね。

メモ帳とペンで話を進めていく。オイラなんかテレコとMDとICレコーダーの3台を使ってたもの。

気になって記者さんに聞いてみた。⁠録音とかしないんですか?」

「はい,新聞記者は基本,聞き書きです」

要はテープ起こしをする時間を短縮するというか,そんな時間が無いのであろう。インタビュー取材の形式もQ&Aじゃないことのほうが多いもんね。

いわゆるコメント挿入パターン。取材相手の発言を「あいうえおかきくけこ」と原稿の中に入れていく形。

ま,確かにそのほうが作業的には数倍速い。ライブ感はないけれど,情報的には何の問題も無い。新聞社独特のやり方だ。

ま,今でもそうなのかはわからないけど。

記憶力の低下はビジネス・チャンスを逃すことにもなる……

で,今回の叫訓テーマは⁠記憶力⁠について。これは仕事の上で非常に重要なことである。記憶力が鈍ってくると困ったことになることがと~~~っても多い。

たとえば電話がかかってくる。携帯電話に登録しておけば問題ないが,たまにそうではない人から電話が入ることも。会社の電話にかかってきたりなんかすると,これは致命的である。

「あ~,もしもし,ご無沙汰してまー⁠ーす!」

「あっ,どうもどうも」とオイラ。

それからノビノビTALKは数分,続く。で,久しぶりに会いましょう,飲みましょうなんていう話に。で,電話を切った後に思う。オイラは誰と話をしていたのだろうか?と。

先方はやたらとフレンドリーだった。きっと,昔一緒に仕事をした人なのだろう。でも,それがどんな仕事だったのかサッパリ思い出せない。でも,会う約束はしてしまった。

話の途中で「すいません,どなたでしたっけ?」とはどうしても言えない。

オイラは下北沢に住んでいるのだが,街を歩いているとポンポン肩を叩かれ,⁠お久しぶりですね~~,元気でした?」なんてことも多々ある。

心の中では誰だこいつは?と思う。でも,言えない&聞けない。それで5分くらい地獄のような立ち話。

なるべく,相手の名前を口に出さないようなトークを心掛ける。でも,向こうはオイラの名前を連呼している。

こ,これはまずい……。脇の下から嫌な汗が滝のように流れているのがわかる。どうにか切り抜け,⁠それじゃあ,また!」

ふう。

改めて名刺交換をするものの思い出せない。いやあ,これは本当に良くない。何より,これでは仕事が増え,広がるはずがない。

名前を呼ぶ,呼ばれるということ

相手の名前を呼ぶ,会話の中に入れるというのはとても大切なこと。自分の名前を口にされることで,相手は気分が良くなる。

と,同時に責任感というのも生まれてくる。あ,この人は今,自分に話をしてくれているのだ。ちゃんとしなくては,と。

テレビの情報番組を観ていて,その辺,すごいな~と思うのが『情報ライブ ミヤネ屋』の宮根さん。

彼はコメンテーターに話をふるときに必ず,⁠ということなんですけど○○さん,これ,どう思います?」⁠⁠○○さん,この話なんですけどね……」と最高のタイミングでコメンテータの名前を入れ込んでくる。

当たり前の話かもしれないけど,あの名前の差し込み方は天才的だ。

明石屋さんまさんもそうか。とにかく,会話の中に相手の名前を何発入れるか。これ,マジで大事なこと。しかもスマートに。

そう考えるとプロ野球の監督なんて大変だよなあ。1軍,2軍も含めて全員の顔と名前を覚えなきゃいけないんだもん。

オイラがオリコンに入って,社長に顔と名前を覚えてもらうまではそれなりに時間がかかった。エレベーターの中で初めて名前を呼ばれたときは本当に嬉しかった。

仕事,頑張ろう!と思った。

人間なんてそんなもんだ。単純な生き物である。でも,そんな単純なことで円滑に仕事は進む。

うん,これはまかり間違いない。

大企業の中,社長に名前を覚えてもらうのは難しい。社長だって心の中では「この社員は誰だ?」と実は冷や汗かいてるもんだ。

つーことで今回の叫訓↓

叫訓17
記憶力高めて相手の名前を覚えるべし!
そして,相手に名前を覚えられる人間になる

著者プロフィール

イノマー

昭和41年東京生まれ。駒澤大学卒業後,(株)オリコンに入社。10年間勤務し編集長2回,副編集長を3回務める。退職後,フリーの編集・ライターとなる。同時にバンド活動もスタート。メジャーデビューも経験し,現在はインディーズでの活動へ。過去に10枚のアルバムと2枚のシングルをリリースしている。

http://www.onamashi.com/

Twitter:@inomar_onamashi

コメント

コメントの記入