元オリコン編集長☆イノマーの『叫訓』

第62回「お悩み駆け込み寺(2)」――僕は昔から独りでいることに苦痛を感じません……

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

みんな悩んで大きくなった

久しぶりの読者さまのお悩み。たまには,叫訓も違ったテイストでお届けしないとね。

ま,どんな人間にも悩みの1つや2つあるもんだ。オイラにもある。ま,今年48歳にもなる男が悩んでる場合じゃないんだけど。

オイラの場合は悩みというか不安だ。老後とかね。ここまで好き勝手生きてきちゃったんだからしょうがないけど。自業自得。

10代,20代の頃は,まさか,こんなダメな大人(?)になるとは思ってもみなかった。人生やり直せるなら……いや,また同じ過ちを繰り返すんだろうな。

つーか,あのときああしておけばなんて思わないこともない。タイムマシーンがあれば,⁠そっちじゃないよ,逆だって」って,昔のオイラに教えてあげられるかも,と。

でも,そんなことはしないか。確かに30代の頃には人生の転機,分岐点みたいな瞬間を感じたことはある。実際,自分の人生は大きく変わった。それが40代後半になって,じわじわとボディブローのように効いてきた。

離婚,退職,事務所立ち上げ&倒産……。

自分の取った選択が正しかったのかどうか。でも,後悔はしていない。右を選んで失敗したのかもしれない。でも,それはそれで良かったと思うようにしている。左を選んでいたら大失敗していたかもしれない。

悩みは特技ともいえる自分の傾向

さて,今回のお悩み相談はこの方。

  • 名前:もぐら
  • 年齢:30歳
  • 職業:会社員
  • 性別:男性

で,いただいたメールに目を通したのだが,悩みというか,これは人の傾向。どう答えていいか,オイラが悩んでしまった(笑)⁠

<お悩み>

「僕は昔から独りでいることに苦痛を感じません。孤独で寂しくなったことは少なく,むしろ独りで旅行したり買い物やライブフェスに行ったりして,リフレッシュすることが大好きです。」

う~~~ん,大好きだったらそれはそれで何の問題もないのでは? いや,そんなことを言っちゃいけない。せっかく悩みを告白してくれたのだから。

でも,これってマブで悩みではなく特技だよなあ。うらやましい。オイラはまわりに誰かいないと寂しくて仕方ない。

18歳くらいのときはよく「人間なんてひとりで生まれ,ひとりで死んでいくんだ」なんてカッコつけて言っていたような気がするが,本気でそんなことを思っていたわけではない。

大好きだったバンドのギタリストが言ってたからだ。受け売り。若かったなあ。

そもそも,人間はひとりで生まれたわけじゃない。ま,孤独死は恐いけど。できることなら,家族に見守られて死にたいもんだ。

コミュニケーション・ブレイクダウン

<お悩み>

「学生時代は友達がいないとダサいと思って,少し無理してコミュニケーションを取っていたんですが,社会人になってから,仕事以外はまったく人とコミュニケーションを取らなくなりました。」

ま,会社に勤めて仕事先の人とコミュニケーションが取れてるのならいいんじゃないでしょうか? まともなほうです。

オイラのまわりには会社勤めもせず,部屋にひきこもり,パソコンでGoogleマップのストリートビューばかりを見て,1日中,発泡酒を飲み続けているという40代がいます。もちろん,DT(異性との経験0)⁠

外出するのはコンビニに行くときくらい。でも,彼は何の疑問も持っていません。いや,ここまでくると,これまた才能。

働かず,誰とも会話をしない生活……一体,どんな夢を見ながら寝ているんでしょう。もちろん,親が金持ちということが大きいのは確か。ま,人生いろいろッス。

ちなみに,もぐらさんには彼女がいるのでしょうか? いや,愚問ですね。申し訳ないです。人とのコミュニケーションが好きではないのなら難しい話だ。

オイラのそばには10代から50代までのDTがいっぱい。みんな,理由はそれぞれ。いや,ぶっちゃけ理由なんてないんだけどね。

運命みたいなもんだ。受け入れるしかない。オイラも23歳までそうだった。だから,ひとりで四畳半のアパートで悶々としていた。

でも,23歳の冬に生まれて初めて彼女ができて大きく変わった。女のコの理不尽な要求に応えているうちに,24時間というのは自分のためだけにあるのではないと気づいた。

そして,自分の世界だけが世界ではないことを学んだ。それが異性と付き合う,ということだ。彼女と一緒にいることによって人とのコミュニケーション術が身に付く。

でも,DTからしたら彼女ってどうやって作るの? ってな話だろう。オイラもそうだった。こればっかりはコンビニのレジのように,順番を待っていれば自分の番が回ってくるというもんじゃない。

では,どうすれば? う~~ん。

“独り”“ひとり”は違う!

<お悩み>

「30歳になった現在(もうすぐ31)⁠人としてこりゃマズいのではと思いつつ,自然体の自分でいたいとも思っています。こんな僕,どう思いますか?」

ずばり,フーゾクに行くことをお勧めする。

オイラの職場の20代DTはお金が入るとフーゾクにばかり行っている。明るく前向きで人当たりもいい。仕事もできる。

もぐらさんにいきなり彼女を作れ! というのはハードルが高いかもしれない。なので,まずはフーゾクという日本が世界に誇るエンターテインメントからスタートするべきだ。

フーゾクにもいろいろある。ソフトなものからハードなものまで。まずはキャバクラあたりからどうでしょうか?

みうらじゅんさんは⁠キャバクラは修行の場⁠と言っていました。確かにそのとおり。高い金を払って,女のコのオチのない話を聞かなくちゃいけない。

でも,それに耐えてこそ人生は開く。もぐらさんはコミュニケーション不足でトーク力も落ちてるはず。駅前の『話し方セミナー』に入会したと思えば納得が行くはず。

いや,これ,真面目な話。オイラ,真剣に答えています。コミュニケーション力は生命力。たとえば,天災が起きたときにコミュニケーションを取るのが苦手だ,なんて言ってたらどうなっちゃいます?

もぐらさんの言う⁠自然体⁠というのがどういうものなのかわかりませんが,ひとりで生きていくのなら強くならないといけない。そう,ウディ―・ガスリーのように。

大恐慌の30年代にギターを抱えてひとり,砂嵐の中,放浪の旅をしたフォーク・シンガー。

彼は独りを望んだわけではない。14歳で家族が離散となりひとりとなった。その体験から作った歌はボブ・ディラン,他多くのミュージシャンに大きな影響を与え,⁠フォークソングの父⁠と呼ばれた。

ということで今回の叫訓は↓

叫訓62
独りに甘えてはいけない
本当のひとりになる強さを持つべし

追伸:もぐらさんに彼女がいたらごめんなさい……。

≪募集≫『叫訓・お悩み駆け込み寺』

イノマーにあなたの悩みを相談してみませんか? 下記メールアドレスまでお名前(仮名可)⁠年齢・職業・性別と⁠お悩み⁠をお送りください。なお,掲載の有無に関してこちらからの連絡はありません。ご了承ください。

onaniemachine@yahoo.co.jp

著者プロフィール

イノマー

昭和41年東京生まれ。駒澤大学卒業後,(株)オリコンに入社。10年間勤務し編集長2回,副編集長を3回務める。退職後,フリーの編集・ライターとなる。同時にバンド活動もスタート。メジャーデビューも経験し,現在はインディーズでの活動へ。過去に10枚のアルバムと2枚のシングルをリリースしている。

http://www.onamashi.com/

Twitter:@inomar_onamashi

コメント

コメントの記入