Agile2013の歩き方

第1回 発表参加もアジャイルで申請 ─Agile2013への道

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

Agile Conferenceは,2002年から毎年アメリカで開催されている世界最大規模のアジャイルイベントです(2008年のみカナダ,トロントで開催)⁠世界中のアジャイル実践者が集まり,自分の経験と実践上のノウハウを気軽な雰囲気の中で話し合います。マイク・コーンやリンダ・ライジングなどのようなアジャイル界隈の著名人のセッションに参加することもでき,食事やセッション外の時間に直接会って交流することができます。カンファレンスで学んだ内容は,職場に持ち帰って翌日から実践できるようなものばかりです。

2012年に開催されたAgile2012には日本からも30人前後の方が参加され,その時の模様はManasLink ONLINEに掲載されています。

今年は8月5日(月)~9日(金)までの5日間,米テネシー州のナッシュビルで1,600人の参加者を集めて開催される予定です。

今回,私もこのAgile2013カンファレンスで発表することになりました。1108通あった発表申請の中から採用されたのです。今回はセッション提案が採用されるまでについて紹介します。

Agile Conferenceの概要

既存のソフトウェア開発に疑問を感じた17人が2001年2月11日から13日にユタ州で集まり,アジャイルマニフェストを纏めたのがAgile Conference開催のきっかけです。Agile Conferenceはその翌年から毎年開催されています。

当初は「AgileXXXX」というカンファレンス名はヨーロッパのまったくAgileとは別のイベントで使われていたため,⁠Agile Development Conference」という名称でした。しかし,2005年からはAgile2005という名前を使うことができるようになり,改名されました。また開催場所も最初はユタ州でしたが,2006年から他の都市でも開催されるようになりました。

Agile2013はカントリーミュージックで有名なナッシュビルで開催されます。会場は,ナッシュビル郊外にあるゲイロード・オープリーランド・リゾート・アンド・コンベンション・センターです。このホテルは2,881部屋あり,世界で27番目に部屋数が多いホテルです(ちなみに品川プリンスホテルは3,680部屋であり,世界で15番目です)⁠ホテル内に大きな庭園があり,週末になると遊びに来る人が多いそうです。

なぜAgile Conferenceに発表申請したのか?

Agile2013セッション提案に応募した理由は,1つはAgile2012に参加された人からいろいろと興味深いお話を聞いたことです。先にも挙げたManasLink ONLINEに掲載された写真や参加情報もとても楽しそうでしたし,そこからリンクされたページにも興味を引かれました。2013年には自分も参加したいと強く思うようになりました。

しかし,実際に参加するために調査を始めたら,すぐに問題に直面しました。日本から通常に参加するには表1のような費用がかかります。約50万円が安いか高いかというより,カンファレンスのためにこれだけの大金を用意するのは私には無理です。

そこで調べてみると,75分のセッションをもつとカンファレンスの参加費が免除され,4日間のホテル代と食事代も無料になることを発見しました。なお,セッションを2つ以上もつと,セッションごとに500ドルもいただけます。しかし,参加するのも初めてなので1つのセッション提案でも採用されるかわかりません。欲張って複数の提案を提出するよりも,まずは1つの提案に集中することにしました。それで採用されたら行く,不採用だったら2013年は諦めると決めました。

表1 Agile2013に参加するのにかかる費用(概算)

項目金額備考
参加費2,099USドルアライアンスメンバーになった場合
ホテル代約1,000USドル5日間の食事代を含む
航空券約16万円カンファレンス推奨の航空会社を使う場合は割引あり
雑費約3万円現地の交通費他
約50万円

応募したもう1つの理由は,グローバル化が進む中,日本からの発表がもっとあっても良いと思ったからです。欧米ではScrumやリーン開発がいわゆる「トヨタ方式」を由来としていることから,日本をアジャイルの国だと考えています。トヨタに限らずアジャイルは戦後の多くの日本企業で行われていた手法を元にしています。表2のように過去のAgile Conferenceでも日本からセッションをもつ人がおられました。が,最近では少なくなりました。

表2 Agile Conference日本からの発表

年度題名発表者(敬称略)
2004年XP "Anti-Practices" : anti-patterns for XP practice倉貫義人,平鍋健児
2008年Exploring user stories through mind mapping平鍋健児,懸田 剛
Tangible Bug Tracking using LEGO bricks懸田 剛
Learning Kaizen from Toyota (with MindMaps)平鍋健児
Agile Communities in Japan安井力,串田幸江
Practices of an Agile Team木下史彦
New Car Development in Toyota平鍋健児
2009年The Kanban Game安井力
2012年Estimate of the appropriate iteration length in agile development by conducting simulation(小論文)塩浜龍志,鷲崎弘宜,久保秋 真,坂本一憲,深澤良彰

トラック

セッション提案を申請する場合は,まず応募するテーマを決める必要があります。Agile Conferenceのテーマは大きく分けて人,プロセス,技術の3つに分類され,テーマ別に複数のトラックが用意されています。今年のカンファレンスでは合計200以上の発表/ワークショップが設けられます。

表3はAgile2013のトラック一覧です。Agile2013からDevOpsトラックが追加されて15トラックになりました。また,今回から応募するトラックを「未定」と設定することが可能になりました。Agile2012以前は応募者がトラックを選定する必要がありましたが,複数のトラックを跨ったり,新しい分野で当てはまるトラックがまだ存在しなかったりの場合もあり,1つのセッション提案は1つのトラックにしか申請ができないため,間違ったトラックに申請すると不採用になっていました。

応募者がトラックを「未定」に設定した場合は,レビューアが内容を見て最適なトラックに割り当てます。ただ実際に試してみたら,レビューアが内容を見て最適なトラックに割り当てるまでに何日もかかりました。その後に割り当てられたトラックのレビューアが内容を評価するので,実際に内容の評価がされるまでの日数が長くなり,内容のレビュー回数が少なくなります。やはり自分でトラックを決めて,早めに申請を行う方が有利です。もしレビューアからの指摘で間違ったトラックに申請したと感じた場合は,別のトラックに再申請することもできます。

表3 Agile2013のトラック

No.トラック内容
1Agile Boot Campアジャイルの初心者向け入門
2Coaching & Mentoringメンタリングとコーチング
3Collaboration Culture & Teams協力的な文化とチーム
4DevOps開発と運用の融合
5Development Practices & Craftsmanship開発者と管理者,開発プラクティスと技能
6Enterprise Agileエンタープライズ・アジャイル
7Experience Report経験レポート
8Leadershipリーダーシップ
9Learning学習
10Lightning Talksライトニングトーク
11Project, Program, and Portfolio Managementプロジェクト,プログラム,ポートフォリオ管理
12Research研究論文
13Testing & Quality Assuranceテストと品質保証
14User Experienceユーザエクスペリエンス
15Working with Customers顧客との対話

著名人も多い国際アジャイルカンファレンスで肩を並べて話すには私の知識がまだ足りないと思い,トラックを決めるのに迷いました。

トラックの説明を読んでいたら,経験レポート・トラック(Experience Reports)は自分が苦労して得た見織,実践的アドバイスを共有することを目的としていました。別のテーマと異なり発表の他に6~8ページの論文を書く必要があります。最も優秀な論文には賞が与えられ,選ばれた応募にはIEEE Softwareに論文の寄稿もされます。

また,経験レポート・トラックは論文を書くのと発表の準備を「シェパード」と言う助け人がガイドしてくれます。初めてセッション提案に応募する人も歓迎していると書かれていました。これを読んだ途端に,私も経験レポートで応募することに決めました。

後でわかったことなのですが,経験レポート・トラックの議長は責務駆動設計の考案者であるレベッカ・ワーフスブラックです。また,レビューアには世界で初めて実際にスクラム開発プロセスを利用したプロジェクトの論文を書かれたリンダ・ライジングやマネジメント分野の著作を数多く手がけているコンサルタントであるジョハンナ・ロスマンがいました。

著者プロフィール

小沢仁(おざわひとし)

株式会社オージス総研

米シカゴ育ち。シカゴ大学で物理を専攻。Oracle XDKを日本に紹介,Seasar英語ページを作成,ESB Muleコミッタとして同ソフトの日本ローカライズ/日本語サイト構築,WaveMakerの日本語ドキュメントを作成,Apache ManifoldCFコミッタ/日本語ページやMySQL対応を貢献。IEEE APSCC 2009などでSOAの研究発表も行っている。

Liferayに興味をもち,Liferay.comフォーラムでサポートしたりWikiページを作成している。Liferay6およびLiferfay IDEの日本語化や日本語資料も作成している。2012年にLiferay社からグローバルレベルでの「Liferay Community Contributor of the Year 2012」を受賞。

現在,米ナッシュビルで開催されるAgile2013カンファレンスでオフショア開発についての発表申請に時間を費やしている。

コメント

コメントの記入