Lifelog~毎日保存したログから見えてくる個性

第6回 ハードウェアの近未来

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

対Google!?

Lifelogを実践し,10TBくらいのデータを蓄積し,日々運用&活用することは,規模や野心やらを考えると,ある意味Googleのやっていることを個人でやっているのにとても似ています。なかにはそれを,「Googleと闘っている」と評する方もいらっしゃいます。札幌大学の三上勝生教授とかですね。ありがたいご評価です。

規模からいえばおこがましいし,念のためにいいますけど,Googleと敵対しているわけではありません。もちろん,筆者とて,Googleの一ユーザーではあるわけです。かれこれ10年くらいは使っているのではなかったかと。

Googleのブックマークファイル

Googleのブックマークファイル

Googleのブックマークファイルのタイムスタンプを確認したら,2000年5月31日作成とあるので,10年は経ってないけど8年くらいですね。できて10年の企業ですし。

知識すべてを検索可能に

Googleのミッション──「人類の知識すべてを検索可能にする」には,とても共感を覚えます。筆者の年代だと,紙とデジタルとの境界を生きてきた感じがあって,25歳くらいまでの資料の大半が紙であるというのは,内心忸怩(じくじ)たるものがあるわけです。

Google風にいうなら,自分の体験すべてを検索可能にしたいと思う日々です。

blog

それなら,"blogを書き,自分の体験をFlickrに載せていったらどうなのか?"と,とときどき聞かれることがあります。以下のような事情や理由から,筆者は現時点でWebを個人的な表現手段としてはほとんど使っていません。

  • ホームページは一時期ひんぱんに作っていたが,飽きた。
  • 掲示板はスパムが多くて保守のたいへんさに音を上げた。
  • htmlを書くのも飽きた。
  • Webのインターフェースは稚拙で使用に耐えない。blogはhtmlと比較すれば簡単だが,インタフェースの研究をしているとひどくもの足りなく感じる。道具にはこだわるタイプなのです。
  • 容量が桁違いに多く,回線,容量共にインターネットにアップできる規模でない。
  • 日記その他は,毎日平均すると4000文字くらい書いているが,個人的なことが多く,公開には不向き。『アンネの日記』風にいえば,ほんとうのことを包み隠さず打ち明けるのを日記と思っている節があります。脚色したり,オブラートにくるんだりして書くと,そちらが「ほんとう」になってしまうことを危惧します。

blogを書いている友人はとてもたくさんいるのですが,やっぱりみんな脚色していたり,話題として扱いやすいことだけをとりあげて書く傾向にあるようです。他人事で老婆心ながら,それでいいんだろうか,という気がします。

愚考するに,よいことも悪いことも,ひっくるめて人生なのだと思うし,その取り返しのつかない一回性を生きていくのが人生なのだろうと思うためです。

ほかにも理由はいろいろあり,blogのバランスは筆者にとっては悪い,と考えています。

全体験と人と共有できることのギャップ

全体験と人と共有できることのギャップ

書いたことが次第に人生を侵食するような恐怖感があります。

ひとに話せる人生

オブラートに包んだ人生,ひとに話せることだけの人生には,なんだか薄っぺらい感じがするのです。語らなかったこと,自分のなかに秘めたものは,秘すれば花。わざわざ表現しなくても自分のなかに「ある」というのかもしれませんし,それは自然に薄れていってもいいのかもしれませんけれど,筆者は自分の内部にあるものと対峙して,自分を見つめることのほうに関心があるのです。嗜好/指向/志向の違いですね。

表現できたものの集合であるインターネットを検索しても,それが人の似姿なのかというと,なんかちょっとずれている気がしてならないのです。違和感を感じています。だから,Googleで検索できることには限界がある,と思います。仮面舞踏会の仮面をはずせなくなってしまったような,踊り子が靴を脱げなくなってしまったような,そんな感じを抱いています。

自分だけの人生

対Googleの観点でいうと,この筆者の,個人のもっている情報に注目している姿勢じたいが,Googleのもつ社会性と根本的に対立的だといえるのでしょう。

筆者自身の検索履歴をみると,3カ月で行った340回の検索のうち,Googleを使用したのは60回(18%)で,あとはローカルのファイルを検索している,となっています。Googleの比重は低いです。18%はもちろん数値としては低くはないですけれど。

あるいはたとえば検索履歴をGoogleが独り占めにしている,ということじたいに,なんだか釈然としないものを感じたりもします。それをユーザーが使うことができたら,もっと有意義なことに使えるだろうと考えたりするためです。

著者プロフィール

美崎薫(みさきかおる)

夢想家,未来生活デザイナー,『記憶する住宅』プロデューサー,記憶アーティスト。住宅,書斎,机をはじめ,ハードウェア,ソフトウェアの開発をプロデュース。著書『デジタルカメラ2.0』(技術評論社)など多数。

コメント

  • Re:

    内田勉さん。コメントありがとうございます。
    Webの全閲覧ページのキャッシュ(に近いもの)も、じつは記録しています。そのうち詳しく紹介できるとよいなと思います。ひとつは、CapturePileというものなのですが、なかなか窓の杜で公開&紹介されないみたいなのが残念ですけど。

    Commented : #2  美崎薫 (2008/07/02, 11:39)

  • ようやく本題?

    こんにちは。

    6回目をまず読んで、そのあと1回目から順に読んできました。
    過去の分までさかのぼってスキャンされているとは、恐れ入ります。

    僕もパソ通時代は、全部のログを取っておいたりしたのですが、インターネットになってできなくなってしまいましたね。全閲覧ページのキャッシュとか残せるソフトがあれば良いのですが。
    Tumblrとかも良いですが。。。。

    まだまだ連載続けてくださいね。

    Commented : #1  内田勉 (2008/07/02, 00:22)

コメントの記入